CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】8月20日(火) | Main | 【私の毎日】8月21日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「最近の葬儀事情」―先祖崇拝はどこへやら― [2019年08月21日(Wed)]
「最近の葬儀事情」
―先祖崇拝はどこへやら―


高齢化の影響でどこの火葬場も満杯。場合によっては2日から1週間待たされる事も珍しくないらしい。

東京での葬儀も変わってきた。密葬や家族葬が増え、少し立場のある方は後日、偲ぶ会を催す方法も増えてきた。

核家族化の今日では、直葬といって通夜や葬儀もなく、火葬場だけで済ますケースも増えているらしい。最近聞いた話によると、葬儀屋さんに貸し倒れが発生し、債権回収不能のケースがあったらしい。直葬で火葬中の40〜50分の待機中に5〜6人の参加者全員が行方を暗ましたという。坊主丸儲けは過去の話で、葬儀屋も坊主も丸損したわけで、無縁仏誕生である。納骨についても、散骨(特に海)が増え、樹木葬といって散骨した上に木を植えるものもある。

戦後、人々は地方から大都市に流れ、故郷へ帰るのは盆と正月だけという方々も増えた。三世代、四世代になると故郷喪失で、多少ご先祖様が気になる人は「ふる里納税」で墓の清掃を依頼するケースもある。いずれ三回忌、七回忌、十三回忌はなくなり、墓地は無縁仏が増加し、お寺さんも経営困難な時代になるのだろうか。

ところで、日本の神社は8万8千ともいわれているが、神主不在の神社も多く、一人で10〜20の神社を守っている神主も珍しくなく、外国人女性神主もいるそうである。神々の国・日本の神様も、目を丸くしてさぞ困っておられることであろう。

直葬や家族葬の場合は、通販で対応できる棺桶がある。最低価格の棺桶は1万8700円で、折りたたみ式(ワンタッチで釘の必要なし。簡単に組み立てられる)とあるので、落語の演題ではないが、買い入れて蓋を閉めてもらい、どんな感じなのか予行演習をしてみたいものである。最高級品は檜(ひのき)で総彫刻。価格は3,164,400円とあった。どうせ焼かれて灰になるのにもったいないと思うのだが、家族の見栄で購入する方がいるのかもしれない。

更に通販でお坊さんの手配もできる。火葬場での読経のみで、戒名なしの場合4万5000円、戒名の授与代は最低2万円とあった。
シェアハウス、シェアカーの時代。葬儀も通販時代の到来になるのだろうか。ご先祖の墓無し、故郷無し、40代〜50代の嫁無し、引き篭りの増加、孤独死。

あぁ!!日本は何処に行くのだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
結局、商売ですね。
葬儀社は大病院に営業をかけて「遺族にウチを紹介して下さい」とその病院の事務長やベテラン看護師にお願いする。

また葬儀社はお茶屋や酒屋等とも連携。
また当日、規模によってタクシー何台という貸し切りも行います。
この貸し切りはタクシー会社にとって利益が大きいですが、数あるタクシー会社から自社を選んでもらう「努力」が必要です。
上記、お茶、酒等の業者も同じですが。

それに対して「お任せすれば割高でも全部手配してくれて助かる」と思う人もいますが、「そもそも通夜、葬儀なんか必要ない」と思う人も増加している感じでしょうね。

ただ高齢化については、逆に国民の平均年齢が若い国は貧しい国か中東の原油国などであり、その他の懸念についても私は日本の先々について何ら心配していませんね。
Posted by: 愛  at 2019年08月21日(Wed) 18:44

笹川 陽平様

いつも拝見しております
話題が多岐に亘っていますので、返信が極たまにしかできず
申し訳ございません
かなり前の話ですが、柳田國男関係の講演会後
「遠野物語」関係の講演をしたにもかかわらず
「先祖の話」の本がたくさん売れたという話を聞きました
葬式と盆のみですが、時々は思い出しているのでしょう
「生者は死者に囚われず」との言葉もありますし
難しい習慣と慣習の狭間に時代が歩みを止めているのでしょうか
Posted by: 礼三郎  at 2019年08月21日(Wed) 12:06