CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「中国の小話」その195―どの国の酒がいいか?― | Main | 【私の毎日】8月20日(火)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「中国の小話」その196―盗難バイクを取り戻す方法― [2019年08月19日(Mon)]
「中国の小話」その196
―盗難バイクを取り戻す方法―


ある女性の電気バイクが盗難にあいました。

すぐ警察に通報しましたが、警察は見つかる可能性が薄いと、冷淡な対応でした。

女性は、「荷物入れに汚職を通報する資料が入っているんです。万が一情報が洩れて公表されたらどうしょう」と、機転を利かしました。

すると、半日も経たないうちにバイクが戻ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
数年前ロシアで行われた博覧会にプーチン大統領が訪れ、日本企業のバイクを見ると「私はオタクのバイクを持ってますよ」と得意気に。

しかし大統領の資産報告書にそのバイクは記されていない、と反プーチンメディアが報道。
プーチンは「護衛隊が所有しており、私も乗ることがあるという意味だ」と。

不思議なのは、ロシア大統領がバイク1台まで報告書に資産扱いで示す必要があるのか、またそれを指摘するメディアが潰されるどころか、いや護衛隊がー、とマトモに言い訳しているプーチン。
不思議な「独裁者」ですね。

むしろ、これが中国ならその記事を書いた記者は拘束、社も潰されること確実ですね。
Posted by: 愛  at 2019年08月19日(Mon) 19:37

残暑お見舞い申し上げます
とても楽しみに拝読させていただきました。
今、友人たちと【海洋プラスティック】海のゴミを集めて
その繊維からTシャツを作る企画を推進応援しております
是非とも共鳴頂きたく思います

いつか お会いできる時が参りますように
Posted by: sasagawa naoko  at 2019年08月19日(Mon) 09:35