CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】7月30日(火) | Main | 「中国の小話」その194―政府高官の高学歴―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「中国の小話」その193―私は愛国者だ!― [2019年07月31日(Wed)]
「中国の小話」その193
―私は愛国者だ!―


米中関係が悪化するなか、中国国民の愛国心を昂揚させる小話である。

男は女とホテルで密会していました。

行為の前に、女性は親切にも男にバイアグラを出してくれました。
しかし商標を見たら、なんと! アメリカ製でした。

男は憤り、部屋をキャンセルし、ホテルを後にしました。

男は独り言のように「俺は女性大好き人間だが、その前に熱烈な愛国者だぞ!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
小話の続きー

男はホテルを出ると職場の男性部下を呼んで酒を飲み交わした。

男「まったくな。バイアグラが米国製、そのうえゴムが日本製だなんてことだったら女をぶん殴ったかもしれねえな」
部下「そうですね。でも先輩。その両方とも中国製なら納得できましたか?」
男「ああ納得できるね。ただその場合はここでお前と飲まずに、ホテルでその女と酒を飲んで帰るだけだ」
Posted by: 愛  at 2019年08月01日(Thu) 07:47