CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「中国の小話」その193―私は愛国者だ!― | Main | 「日中医学交流会議2019東京」―挨 拶―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「中国の小話」その194―政府高官の高学歴― [2019年08月02日(Fri)]
「中国の小話」その194
―政府高官の高学歴―


日本は明治以来、政治家は博識で胆力のある方が多かった。しかし最近では、読者ご存知の通り、資質に問題のある方々でも当選し、大臣においては、当選回数が重要用件になる為、つまらぬ大臣も誕生する訳である。

中国でも当時の政治家の知的レベルは大変なものだった。
以下は1948年の民国政府高官たちの学歴です。

行政委員長(総理)  翁 文灝  ベルギール―ヴェン大学博士
外交部長       王 世傑   ロンドン大学博士、パリ大学博士
駐米大使       胡 適    コロンビア大学博士
教育部長       朱 家驊  ベルリン大学博士
司法部長        謝 冠生  パリ大学博士
司法部長(後任)  王 寵恵  イェール大学博士
交通部長       俞 大為  ハーバード大学博士
社会部長       谷 正綱  ベルリン大学博士
衛生部長       周 詒春  イェール大学博士
食糧部長       関 吉玉  ベルリン大学博士
考試(入試)院長  張 伯苓 シカゴ大学名誉博士
立法院長      孫 科   コロンビア大学修士
上海市長      呉 国驕@ プリンストン大学博士
最高法院院長    謝 嬴洲  パリ大学博士
中央銀行総裁     劉 攻芸  ロンドン経済学院博士

これが歴代中国政府高官の学歴の最高峰でした。
これを超えたものはありません。
あの頃は、博士になって初めて高官のポストを得ることが出来ましたが、今は高官になれば、博士学位がついてくる時代です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
笹川陽平様
先日は、元smap、新しい地図の稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾について声を上げて頂き、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。
正直言いますと、3人がスペシャルサポーターになる前は、ほとんどオリンピックを見ているような感じでしたが、3人がパラリンピックのスペシャルサポーターになったことで、オリンピック同様に応援し、見たくなりました。また、実際に3人が、パラリンピックのアスリートとのインスタグラムを載せたり、まだ、地上波ではないですが、Abematvに呼んだり、snsを使って一生懸命世間に知らせたり、応援してくれてます。だからファンも同じように応援します。やはり3人の貢献度は大きく、パラサポのイベントも今までない盛り上がりようです。これからも一緒に応援していきますので、宜しくお願い致します。
また、笹川様、3人を罵詈雑言、見るに耐えないコメントをしてる輩たちがいますが、3人のアンチで嫉妬、僻み、逆恨みから、笹川様、3人だけでなく、smap時代に楽曲を提供してくれた恩ある作曲家の方を始め、自分達の意に削ぐわない人達に対して異常なまで噛みつき、しつこく攻撃している厚顔無恥の者達なので無視して下さい。また、他の方のコメントにも書いてありましたが、マツコデラックスの暴言は、事実です。
国民のほとんどが、思っていたことを笹川様が、声を上げて下さったこと、再度、感謝いたします。
失礼かもしれませんが、この件があって、笹川様のブログを知り、毎日拝見させてもらっています。無知な自分ですが、勉強させていただいております。



Posted by: junko  at 2019年08月04日(Sun) 13:44

中国は1820年頃、世界のGDP約33%占めていたとのことですね。

1840年の阿片戦争でイギリスにやられて、さらに第二次阿片戦争ではイギリスだけでなくフランスまで加わり中国を侵略しました。

それまでの歴史で、ずっと中国は日本より上の存在でしたが日中の逆転のキッカケは上記2回の阿片戦争でしょうね。

ただ1950年の段階でもGDPは日本より中国のほうが上でした。
中国人から見ると、それなのに日本人は何百年も前から日本のほうが上だったかのように思い込んでるじゃないか、と不満があるでしょうね。

ただ結局、韓国もそうですが「反日教育」なんてことををやっているうちはどうしたところで日本の上には立てません。
Posted by: 愛  at 2019年08月02日(Fri) 20:11

本当に笑ってしまう話も多かったのですが、今回のは考えさせられる者でした。政府高官の高学歴、驚きました。当時は、政府高官がこんなに国際的だったのかと思うと、今の中国とは別の国だったような気がします。非常に勉強になりました。
Posted by: 江副隆秀  at 2019年08月02日(Fri) 08:30