CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】3月28日(木) | Main | 【私の毎日】3月29日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「中国の小話」その182―プロの流儀― [2019年03月29日(Fri)]
「中国の小話」その182
―プロの流儀―


全国人民代表大会も終了した。李克強首相の演説も新鮮味がなく、米中貿易摩擦については抑制した表現に留まり、裏読みすれば、それだけ事態は深刻だということだろう。経済成長も6%台を表明しているが、これは希望的数字で、実態は更に低いものになるだろうというのが識者の一般的な見方である。

この大会で習近平主席は、表決を恒例の投票ではなく議案に反対の者は手を上げろと指示したそうだ。勿論、満場の中で反対の手を上げる勇者はゼロで、議案は全て満場一致で採択された。

私の知る限り、ケ小平時代以来、人民に対する発言、行動に対する監視はことの他厳しく、報道、知識人の言論空間もほとんどなく、中国経済の牽引者であった企業経営者への監視も厳しく、共産党からの大企業への書記の派遣もあり、経営者を畏縮させている現状では、経済成長の目標達成は更に困難になる。習近平主席も今年は中国にとって外憂・内患の一年になることを覚悟しているのではないだろうか。

素人の見解をくどくど披露して誠に恐縮でした。
本題は下記の小話です。

*************


写真に写っているのは、日本の国会議事堂に相当する中国の人民大会堂のウェトレスたちによる会場設営の場面。

真っ赤なチャイナドレスを身にまとった人民大会堂専属のウェトレス5名が一組となり、一番奥と手前の二人が一本の白い糸を真っ直ぐ引き、間の3名はその糸を基準に、代表たちが使う湯飲みを少しもずれることなく見栄えよく並べています。

湯飲みをきちんと並べる仕事に全身全霊を打ち込む風景は「何というプロフェショナルな仕事振りだろう」と感歎したいところですが、人民大会堂から流出されたこの写真には、下記のコメントがつけられてソーシャルメディアに流されていました。

人民大会堂写真.JPG

「我々は、いつもつまらないことにプロの精神を傾注している。それより、例えば食品衛生や環境保護などにもっとこの精神で臨むことができればいいのに・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
日頃は誠に時を得たたくさんのご指導にかんしゃして おります。
情報は限りなく地球上を飛び回り日本の国だけでも本当にこのような居間でよいのかと案じつつ活動を続けておりますが、隣の国を理解することはとても大切なことと思います。理解のありかとぉ考えるうえで、いつも本当によいまなびを頂いておリます。わたくしは日本の子どもたちがもっと安心して成長できるようにと願いささやかなちからでがんばっておりますが、どうしても黙っていていられない思いを抱えております。最近も虐待を疑われて子どもと引き離され面会も認められ巣に気が狂いそうになっているお母さんを応援していて知ったことですが、非違話した後の親の方のケアをするセクションがないということdした。これはいったいどうしたことなのでそう、虐待は親をケアしなくてはと私は思います。名木純子
Posted by: mei ki junko  at 2019年03月30日(Sat) 09:15

真に大事にされるべきは指導者ではなく、一般市民である。多くの市民が苦しんでいるときに指導者が特権的地位にあれば、その正当性に疑問が生じるだろう。支配者は常に心せねばならないことがある。それは何ゆえに支配する権限があるかだ。
Posted by: 岡田 一夫  at 2019年03月29日(Fri) 22:39