CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

笹川陽平ブログ(日本財団会長)

«【私の毎日】11月16日(金) | Main | 【私の毎日】11月19日(月)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その107―遅れてきた博士号― [2018年11月19日(Mon)]
「ちょっといい話」その107
―遅れてきた博士号―


ウガンダのマケレレ大学はアフリカを代表する名門校の一つで、ウガンダ独立時の大統領ミルトン・オボテ、タンザニアの初代大統領ジュリウス・ニエレレ、タンザニア第三代大統領ベンジャミン・ウィリアム・ムカパ、ケニアの大統領のムワイ・キバキも卒業生である。

この大学から没後23年、故・笹川良一に名誉法学博士の称号を贈りたいとの連絡が、この春届いた。没後の名誉博士号の授与とは、浅学非才の私には理解できず丁重にお断りしたのだが、8月に検討委員会で決定され、この度、立派な一式が届いた。

亡父に代わり、記念に写真撮影をした。没後23年間も忘れず、亡父の功績を称えてくれたのである。

DSC_0317.JPG
マケレレ大学博士号の衣装を纏い
父は何と言うでしょう?


1984年のエチオピアの飢餓に際し、「魚を与えるより魚の釣り方を教える必要がある」と、大学卒の農業の専門家育成に尽力し、今や、アフリカ22大学で6000人の卒業生が輩出されて各国で活躍している。

亡父の先見性に感謝を込めて授与されたものであろう。

※マケレレ大学からの功績文は、下記の通り記されていた。

 名誉法学博士 故・笹川良一 殿

 世界中の国々及び機関が評価する著名な平和を愛する指導者であり、寛大な博愛主義者であり、人類の発展、農業教育、ハンセン病、貧困と飢餓と闘う類まれな貢献を評価します。
 貴殿は、真に自己の哲学を具現化した方です。
 「世界は一家。人類はみな兄弟姉妹」

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
いつもご連絡をありがとうございます。故・笹川良一様への名誉博士号授与の記事を読みました。
おめでたいお話しゆえ,お祝い申し上げます。
財団法人日本科学協会の笹川科学研究助成金をいただいたのが,私の研究者としての始まりでした。1991年4月23日の授与式で故・笹川良一様に一度だけお会いでき,握手していただいたことを覚えております。一緒に写真を撮りたいと思っておりましたが,その余裕もありませんでした。おかげさまで何とか研究者の仲間入りをしてアラカンとなる齢まできました。ありがとうございました。そしておめでとうございます。
Posted by: 貝柄 徹  at 2018年11月19日(Mon) 10:01