CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

笹川陽平ブログ(日本財団会長)

«「靖国参拝のあり方」―黒服の集団参拝はヤクザに見える?― | Main | 5月7日(月)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「スウェーデン出張」 [2018年05月07日(Mon)]
「スウェーデン出張」


今日から、WMU(世界海事大学)があるスウェーデンのマルメに出張いたします。

日本財団が設立した海洋研究所開所式に出席。
基調講演を行います。

帰国は5月10日です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1355129

コメントする
コメント
ハンセン病施設について将来的に追悼の場所として残して頂きたいと強く願っております。自分は東北の松丘保養園でハンセン病のことを伝える為、入所者が作った景観を元に永くハンセン病のことを伝えることが残された人々の指命だと感じております。ただあと数年でハンセン病の歴史は多くの国民の記憶から消えつつある現状です。ドイツを踏まえても先進国というものは負の遺産を受け入れる懐がなくてはいけないと思うのです。どうぞ後数年で消えつつある灯火に火を灯していただければ、亡くなった1700名以上の方々の御霊も救われるのではないかと!かすかな希望です。
Posted by: 逢坂淳  at 2018年05月07日(Mon) 21:46