CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«「中国の小話」その120―朝鮮半島緊迫― | Main | 4月19日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ソーシャルイノベーター募集」―3年間で3億円支援― [2017年04月19日(Wed)]
「ソーシャルイノベーター募集」
―3年間で3億円支援―


ソーシャルイノベーターとは、新たな発想と明確なビジョンで、セクターを越えたチームを組成し、社会課題の解決に向けて失敗を恐れずに活動を推進していくことのできるリーダーのことです。

日本財団は、4月17日より募集を開始しております。

昨年は全国から225件の申請があり、10組をソーシャルイノベーターとして選出。その中から特に秀れた計画性のあった子どもの貧困問題対策や地方創生などの活動を行っている3組に各々一年間に1億円、3年間で計3億円の活動資金を提供しております。

選考方法は、申請者からまず10組を選び、1組あたり上限500万円の支援を行い、その資金を元に、更により具体的な計画書を提出してもらい、この10組の中から年末に予定されているソーシャルイノベーションアワード授賞式で最終決定の3組が選出されます。

今年は若干賞金額が変わり、最優秀賞は1組に1億円、3年間で3億円を提供しますが、優秀賞は2組を選出し、1年間に上限5000万円、3年間で最大1億5000万円と、変更になりました。

読者の皆さん、知人、友人の若者に積極的に応募されるようご伝声をお願いします。
志のある方々の積極的な応募を期待しております。

1.募集期間:2017年4月17日(月)〜5月19日(金)17:00まで
2.対象団体:財団法人、社団法人、特定非営利活動法人等の法人格を有する団体、各種組合等の業界団体、ボランティア団体等
3.対象事業:
  @日本に関する社会課題に挑戦するもの(既存の取組みに基づく事業でもよい)
  A実現したい社会像及び事業の社会的波及効果が明確に示されているもの
  B明確な出口(目標)が設定され、その実現の戦略とアプローチが掲示されているもの
  C活動を進めるために必要なマルチセクターのチームが組成され、各セクターの役割分担及び機能が明確なもの(チームの構成員は今後交渉予定の団体・個人を含んでもよい)
4.詳細:申請方法、公募スケジュール、提出書類等は日本財団公式サイト内の
日本財団ソーシャルイノベーター支援制度2017申請ガイド」をご参照下さい。


【はじめましての最新記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1264915

コメントする
コメント
笹川 陽平 様
はじめまして。
茨城県日立市の森と申します。
ネパールにいるMr. Prem Rai(47歳)とう小学校の校長が地震で崩壊した校舎を建て直すてめに10万ドル(1100万円)必要なので協力者を探しています。
Mr. Prem Raiは私に寄付を求めてきたので数万円の寄付をしましたが、私は数年前に預金の5000万円を詐欺に遭って失ってしまったので、それ以上のことはできません。
Mr. Prem Raiを助けてあげてください。
以下はMr. Prem Raiからのメッセージです。
ーーーーーーーーーーー
私たちのアマラワティモダンアカデミーは、ヒマラヤ山脈のふもとにある美しい山村にあるネパールの私立小学校です。
ここではおよそ100人の子供たちが学んでいます。
医師、パイロット、エンジニア、ビジネスマンなど、子供たちはたくさんの夢を抱え、毎日一生懸命勉強しています。
しかし2015年、大きな地震がネパールを襲いました。
マグネチュード7.8でした。
およそ9000人近い犠牲者が出ました。
そして震源地から遠く離れた私たちの学校も校舎が被災し、使えなくなってしまったのです。
あれから2年以上経つのですが、いまだに子供たちはトタン屋根の粗末な仮校舎で勉強をしています。
トタン屋根校舎の環境は最悪です。
真夏は38度にもなることがあり、冬は2度まで下がることがあります。
また、騒音も問題になっています。
そんな環境下で子供たちは勉強をしているのです。
新しい校舎を建て替えなければいけないのですが、丈夫な校舎を建てるにはおよそ10万ドル(1100万円)かかります。
しかし、私たち私立学校にはネパール政府から補助金はありません。
私たちの学校は、裕福な子供たちのための学校ではありません。
むしろ、貧しさのため教育の機会が与えられない子供たちのための建てた学校なんです。
私たちの生徒の家庭の月収は、だいたい50ドル(5500円)程度です。
多くは農業で生計を立てています。
そのため、私たちの学費はほかの私立学校のおよそ半分程度です。
けれども、私たちの教育は、ほかのネパールの私立学校にも絶対負けない高い水準の教育であると自負しております。
子供たちは、地震に怯えながらも粗末な小屋の下で、自分の夢と、ネパールの未来のために日々勉強しています。
私たちはいま、世界中の善意ある方にご支援をお願いしております。
ぜひ、ネパールの子供の未来を助けてあげてください。
皆様からの温かいご支援をお待ちしております。

小学校校長
Mr. Prem Rai
Amarawati Modern Academy
Changunarayan -9,
Tathali Bhaktapur,
977, (977 is postal code)、
Nepal.
Cellphone : +977 9841467015
Email : amarawati2053@gmail.com
Posted by: 森 誉延  at 2017年08月26日(Sat) 18:45