CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«6月12日(月) | Main | 6月13日(火)・6月14日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「国際詐欺」 [2017年06月14日(Wed)]
「国際詐欺」


私のところに国際詐欺と思わせる手紙が届いたのは40年くらい前のことであった。ナイジェリアから届いた手紙の内容は、「海外へ亡命した人が、多額の秘密預金を引き出しせずに困っているのであなたの名前を貸して欲しい。礼金として預金額の10%を差し上げる。ついては、あなたの預金口座開設に1万ドルが必要だ」との事であった。

勿論無視したが、その後、友人、知人に同様の話を聞く機会があった。中には真実か否か確かめるために現地に出かけた剛の男もいたという。人間の欲望には限度がなく、時には理性を喪失する魔性すらある。

最近、四男の息子のところに似たようなメールが入ったという。
日本語訳は下記の通り。

******************

「こんにちは、笹川さん。

私はU.A.Eの銀行家であるSuvo Sarkarです。今私があなたに出会うのは神のお導きです。私は「笹川姓」を探していましたので、あなたの名をオンラインで見たときに、あなたに連絡すれば何かきっとお互いを助けることができるだろうと強く思いました。あなたの名字のおかげであなたが恩恵を受けられる非常に魅力的なお話をあなたにしたいと考えています。

日本国民であるピーター・ササカワ(Peter Sasakawa)氏は、2005年から私の銀行に108ヵ月間にわたって固定預金を持っていました。この預金契約の期限は2016年1月22日で、30,000,000米ドルものお金になります。ピーター・ササカワ氏は、2006年5月27日にインドネシアのジャワ島で発生した5,000人もの方が無くなった地震災害に巻き込まれ、出張でインドネシアに行っていた彼も死亡しました。当銀行経営者はまだ彼の死について知りません。私は彼が私の友人であり、私は彼の経理担当者であったので、私だけが知っている事実です。彼は結婚しておらず、子供もいませんでした。先週、銀行経営陣は、彼との口座契約を更新するために、今後の資金運用に関するプランを彼と協議する様、命令してきました。
銀行幹部が彼が死んでいて相続人がいないことを知った場合、この資金を個人的に使用する可能性があり、私は状況を解決する手段を探していたのです。私はそのようなことにしたくありません。そういうわけで私は幸運にもあなたの名字を見たときに、彼と同性であることに気づき、銀行幹部にピーター名義の口座をあなた名義の口座に移させ、あなたが相続人として協力してもらえないかと考えました。

リスクはありません。その取引は法律違反から守る正当な手続きの下で実行されます。銀行経営陣はすでに金持ちですので、私たちがその資金を受け取った方が良いです。私は貪欲な人間ではないので、資金を50/50%にて私とあなたで分担することを提案します。私への分担金は、私の夢であった自分の会社を立ち上げる助けになります。私にこれについてあなたの考えを知らせてください。そして、この情報を重要機密として扱ってください。あなたの早急なの返答を私の個人的なメールアドレスに下さい。

suvka39@gmail.com
よろしく
Suvo Sarkar

******************

調べてみると、
@ FaceBookプロフィール画像の経歴に「最高経営責任者」とあるが、エミレーツNBD銀行の最高経営責任者はシェイン・ネルソン氏である。
※確かにSuvo Sarkar氏も実在しているが、上級副社長という肩書。
A FaceBookプロフィール画像の銀行名「Emirates NBD」が「Emirate NBD」と誤表記されている。
B メールアドレスが銀行のアカウントではなくg-mailである。

世の中、そんなに虫の良い話はない。しかし、甘い話には裏があること、そして詐偽と分かりつつも、愚息の脳裏には早期退職、高級車購入、別荘・ゴルフ場入会と、一瞬の淡い夢が駆け巡ったのではないだろうか。

まさに真夏の世の夢ならぬ、真冬の世の夢であった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1259934

コメントする
コメント
私は後345000円ナイジェリアに送金すると、BIGマネーが振り込まれるところまで内容が進んでいますが、これを送金すると、SUVO Sarkar さんが日本にやってきて、ビックマネーを分ける直前まできています。この後のことヤ、参考になることがあれば、教えてください。
Posted by: 偽名使いたい  at 2017年07月11日(Tue) 15:09

いつもためになるお話ありがとうございます!いやはや、私にも同様の書き込みが何度もきました。
それとは別に私の事業に投資をしたいと、サウジアラビアのSavola groupの責任者Abdullah Mohamed Noor Rehaimiから、連絡があり、契約書まで送ってきた。
結果は嘘であったが、私も痛い目にあいました。酷い話があるものですね。
Posted by: 甲斐 三樹彦  at 2017年06月16日(Fri) 12:11

はじめてインターネットを使える環境になった30年ほど前同じような手紙を何通も受け取りました。一部は警察に届けました。
その後もあの手この手で詐欺は攻めてきていますが、私のほうも慣れたせいか、びくびくはしなくなりましたが、困った世の中になったものではありますね。文明の進化をまことに台なしにしてしまう所業です、毎日毎日詐欺の話を刷り込まれていると、これは悪影響が出ると思います。
Posted by: junko meiki  at 2017年06月14日(Wed) 12:10

英語ではScaming と言いアフリカ、カリビアン地域を含め大きな問題です。
Posted by:  at 2017年06月14日(Wed) 10:55