CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«4月26日(水)・4月27日(木) | Main | 4月28日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「中国人に知ってほしい日本」―日本の100冊を中国で出版― [2017年04月28日(Fri)]
「中国人に知ってほしい日本」
―日本の100冊を中国で出版―


中国では、日中国交回復45周年の今年も、教育現場は勿論、映画、テレビをはじめ、あらゆる機会を利用して反日広報宣伝を続けている。しかし、観光ブームで来日中国人の印象は極めて良好で、中国で得た日本の印象と来日後の好印象との落差に戸惑いすら感じる中国人は多く、90%以上の人が再来日を希望するとの調査結果もある。

私は常に地政学的に離れ難い中国との関係において、反日でも大いに結構。しかし、日本の現状を正しく理解する知日派になってほしいとの願いから過去30年以上にわたり2,300人の中国人医師の養成、有名10大学への奨学金制度、中国の大学64校へ360万冊を超える日本図書の寄贈、1万人近くの来日プログラム等々を実施してきた。

安倍総理は、日本の海外へ情報発信強化を主張されているが、言は良し、実際のところは中国・韓国に比べ、比較にもならず、誠に御粗末な限りである。

そこで私は、民の立場から国連公用語(英語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語)による多言語ウェブサイト「ニッポンドットコム」を立ち上げた。又、現代日本を知る100冊の英文図書を選考して世界各地の大学、研究所約800ヶ所に寄贈した。

この度、笹川平和財団・日中友好基金事業室では、専門家による現代日本に関する図書100冊を選び、既に2009年から2015年までに約1億6,000万円を投じ90冊を翻訳、出版した。今年中には目標の100冊が出版される予定で、主要100大学には無料で寄贈している。

これには
・社会科学文献出版社
・世界知識出版社
・三聨書店
・新星出版社
・北京大学出版社
・上海交通大学出版社
の絶大な協力を得て、版権交渉、翻訳、出版に至った。

参考までに日本側の知らせたい書籍、中国側の知りたい書籍を両国の専門家に選んで頂いた。ブログ読者に異論があることは承知であるが、まずは「隗より始めよ」で、知日派を一人でも増やすために100冊以降も続けて出版して参ります。

1.png
2.png
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1259874

コメントする
コメント
日本の平和主義を誰よりも積極的に発信しておられる笹川会長には、心より敬意を表しています一人です。
日本は戦後、世界で起こったどの戦争に対しても蚊帳の外に出ていました。しかし、国連が21世紀に目指していたはずの世界共栄圏というグローバリズムへの道は、残念ながら現在先行き不透明になりつつあります。今こそ日本の出番です。世界唯一の被爆国として、また現在は世界に誇る平和国家として、これからは遠慮することなく、世界平和に貢献していかなければならない時代に入ったと言えます。
私は微力ですが、昨年4/21、賛同者と共にミャンマー旧泰緬鉄道の終着駅タンビュザヤに新しく開館した博物館で、平和の願いを込めて、世界平和の塔を除幕し、今年はその始発駅側になるタイ・カンチャナブリのJEATH WAR MUSEUMで11/29にもう一つの世界平和の塔の除幕式を挙行します。
日本人が古来から温めている『和の心』で、戦後ゆがめられてきた歴史観を払拭していく、ほんの小さな一助にでもなればと願って活動しています。                   置田和永
Posted by: 置田 和永  at 2017年04月28日(Fri) 10:30