CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«2月25日(土)・2月26日(日) | Main | 2月27日(月)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「日本財団 紺綬褒章の公益団体認定へ」 [2017年02月27日(Mon)]
「日本財団 紺綬褒章の公益団体認定へ」


日本財団は、内閣府賞勲局より2016年6月6日付で、日本の褒章制度の一つで公益のために私財を寄付し功績顕著なる方々へ授与される「紺綬褒章(こんじゅほうしょう)」の公益団体認定を受けました。

紺綬褒章は、認定された公益法人などに個人では500万円以上、団体、企業等は1000万円以上のご寄付をされた方々に天皇陛下より授与される栄典(えいてん)です。


IMG_7509.JPG
紺綬褒章伝達式
受賞者 大竹亮一氏(株式会社オータケ会長)

紺綬褒メダル.JPG
「褒章」

2.png
「褒状」


過去多くの方々からこれらの金額に該当するご寄付を頂きましたが、日本財団へのご寄付は2016年6月6日以降が対象となりますのでご理解下さい。

日本財団は、世のため人のためにと私財を託された寄付者のご意志を尊重し、間接経費には一銭も使用しないこと、当然のことではありますが、活動報告や会計報告を確実に行うことにより、日本に寄付の文化を醸成していきたいと考えております。

紺綬褒章が、社会に貢献したいという方々の励みとなり、「みんながみんなを支える社会」の実現を力強く後押しすることを期待しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1252179

コメントする
コメント
紺綬褒章の公益団体認定おめでとうございます。私が住んでいる英国では、小さい頃からの教育のせいでしょうから、募金を集めたり、募金を寄付することが極めて自然な日常の活動として行われています。例えば、私の趣味であるマラソンにしても、様々な公益のために走ると宣言して、単にレースに参加するだけではなく、周辺の多くの友人・知人から寄付を募り、マラソン完走の暁には、自分が宣言したチャリティ団体にそのお金を寄付して、走って健康増進に役立てるだけではなく、社会貢献をしたという充実感も同時に味わえることになります。日本にもこうした地道な寄付の文化が一日も早く根付くことを祈っていますが、その日が来るまでは、今回の公益団体認定により、日本財団の活動を理解し、支援してくださる団体・個人がさらに増えることを期待しています。
Posted by: 長谷部正道  at 2017年03月12日(Sun) 22:22