CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団会長 笹川陽平ブログ日本財団会長 笹川陽平ブログ笹川陽平プロフィール笹川陽平バイオグラフィー
日本財団会長 笹川陽平ブログ
日本財団会長 笹川陽平ブログ

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«イラクからの自衛隊撤退 | Main | 小野田自然塾»
東北地方太平洋沖地震応援基金
Google
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
牥慤 (07/10)
杢潯欠慮 (06/27)
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
橋本龍太郎さんの想い出 [2006年07月07日(Fri)]
橋本龍太郎さんの想い出」



日中佐官級交流で訪中した際の団長を務められた


中国からの帰国の途に訃報を知った。
淋しい晩年であった。年にニ、三度逢う程度の付き合いだったが、初対面からは30年程になる。

運輸大臣(現・国土交通大臣)退任後、竹下派七奉行の中で孤立し失意の時があった。
1986年夏、私の山荘でご夫妻を激励したことがあった。その折頂戴した「ポプリ」は、今年も山荘でほんのりと芳しい香りをただよわせている。

そのときたまたま居合わせた某新聞社の幹部に「将来必ず総理大臣になる人だからよろしく」と言葉を挟んだ。

温厚な紳士のその幹部は、後日、「笹川さん、あんな生意気な男が総理大臣になるわけがない」と大声で叱られた。

縁あって橋本さんは総理になられたが、在任中は一度もお会いすることはなかった。


中国要人からの贈り物を頂戴する。手前右は曹剛川国防部長


小泉さんに総裁選挙で敗れ失意の時、全日本剣道道場連盟の会長へと打診したところ快諾いただいた。

毎年7月、武道館で行われる全国大会での挨拶と、少年剣士の打ち込みを楽しみにしておられた。今年もその日を楽しみに、早めに日程を押さえておられたという。

少年剣士にとって、憧れの橋本会長の死はどんな思いだろうか。

私の勤める東京都モーターボート競走会には立派な剣道場があり、女性剣士の猛者と稽古に励むのも楽しみの一つにしておられた。

ある日、下町の鮨屋で女性剣士と懇親会をやるから出てこいとお呼びがかかった。逞しい女性剣士との寛いだ姿は、長年、私の知っている、いつも構えたような感じがする橋本さんではなく、実に楽しそうであった。

橋本さんにとって、剣道仲間こそが最も大切な信頼できる人達であったにちがいない。

理屈が多く、多少閉口することもあったが、演説や挨拶の後は「笹川さん、あれで良かったでしょうか?」と聞くのが常であった。そして、こう聞くときはご自身、ご機嫌の時でもあった。

私の国際活動に興味を持たれ、ミャンマー中国によく同行してくださった。照れ屋で気難しいところもあったが、よく勉強され、心優しい人であった。

心よりご冥福をお祈りする。 合掌。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント