CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団会長 笹川陽平ブログ日本財団会長 笹川陽平ブログ笹川陽平プロフィール笹川陽平バイオグラフィー
日本財団会長 笹川陽平ブログ
日本財団会長 笹川陽平ブログ

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«4月15日(日) | Main | 4月16日(月)»
東北地方太平洋沖地震応援基金
Google
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
個人情報保護法 [2012年04月16日(Mon)]
「個人情報保護法」


個人情報保護法が施行されてから個人の姓名や年齢、住所や電話番号などが入手困難になったにもかかわらず、逆にどこで知ったのか、自宅にかかってくる電話では家族の名前まで知っており、特に振り込め詐欺などの場合は顕著である。

物事は隠すから価値あるものになる場合が多い。小さなビキニ水着などはその典型であろう。かつて流行ったヌーディスト・ビーチなど、経験者に聞くと、何の刺激?もないそうで、やはり秘すれば花がいいようだ。

内館牧子さんのエッセイに、知人のマンションを訪問したがルーム番号を忘れてしまい管理人に尋ねたところ、「個人情報保護法で教えられません」とのブッキラ棒な返事。困った内館さん、「それではあなたが知人の部屋に連絡し、玄関に内館が待っていると伝えてほしい」との願いも「個人情報保護法で出来ません」との冷たい返事で怒りをあらわにされていた。

こと命にかかわる問題でもこの「個人情報保護法」は厄介である。

3月1日、日本障害者フォーラムと日本財団の共催で「東日本大震災における障害者支援活動の現状と復興への課題について」をテーマにした勉強会を参議院会館で行った。

4.jpg


障害者(知的障害者、身体障害者、盲人、ろう者)や介護を必要とする老人などへの支援活動について、行政は「個人情報保護法」を理由に名簿の提出を拒否するケースが多く、支援したくても居場所が分からず活動に大きな障害となったとの報告があった。またNPO諸団体のこれらの方々の自宅への訪問活動も困難を極めている。命にかかわる問題でもあり、臨機応変に対応してもらいたいものである。

かつて、私のブログを読んでほしいと思い、関係団体の職員にメールアドレスの提出を頼んだところ、「個人情報保護法」を理由に断わられたケースもあった。先方は私のことを、多分、知っているはずなのに、何故笹川がメールアドレスを知っていたのかが問題になる可能性があるとの理由であった。

同窓会名簿を作れないケースもあるらしい。

実に几帳面な民族である。メートル法の実施もそうであった。先進国では今でもヤード、ポンドが普通である。しかし、日本では尺貫法は完全になくなってしまった。筆者など古い人間なので、面積は平方メートルから坪を割り出さないとその広さが実感出来ないでいる。

しかし、それなら全ての法律に日本人は忠実かといえば、そうでもない。

終戦直後、関東地方の裁判官がヤミ米を食べるのは職業柄許されないと餓死した事件があった。イザヤ・ベンダサンこと山本七平氏が言うには「イスラエルなら法の番人として賞賛され、銅像が立ったであろう。しかし日本ではその裁判官に対し、そこまでやる必要があったのだろうかとか、中には変人ではとの話が出たそうである」と書いている。

日本には法外の法とか理外の理が存在する。数ある法律の中で、何故に「個人情報保護法」だけがこれほど国民に徹底したのだろうか。
是非読者に教えてもらいたいものである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/681203

コメントする
コメント
昨年、大震災で妹がマンションの階上宅の給水タンク漏水で大被害を受けました。本人はロサンジェルス在住で、何度連絡をとっても、個人情報保護を盾にとって、不動産業者、管理会社、親戚を通じての連絡をしても、いっさい連絡先を教えませんでした。妹は水浸しのじゅうたんを前に、泣くばかりでした。
勤務先(近隣から情報入手)の伊藤忠商事の人事部に連絡した所、10分でロスから返電がありました。なんて卑怯な男でしょう。そして、小利口な人間しか利用できない当法律は何のため?
Posted by: KAZU  at 2012年04月16日(Mon) 18:50

個人情報保護法は成熟した社会にあって、自縄自縛の悪法だと思います。加えて、日本人の、なんというか、自動車が全く走っていないところでも赤信号を渡らないような「スーパー遵法精神」、これは異常です。
法のために社会があるのではなく、法のために命があるのではないのです。
イザというときには超法規的なことを大いにやるべしです。そうでなくては、「勘定合っての銭足らず」のような減少があちらこちらで起こってしまいます。
Posted by: 吹浦 忠正  at 2012年04月16日(Mon) 10:34