CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«3月13日(火) | Main | 被災地の瓦礫処理問題»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
再び問う 休眠口座問題 [2012年03月14日(Wed)]
「再び問う 休眠口座問題」


この問題を2月6日の産経新聞「正論」欄で論じたところ大反響となり、各種メディアで連日の報道となった。

銀行協会の会長は「少額とはいえ国民から預かった金で預金者の権利であり、何年経過しても要求があれば引出しに応じる」と至極当たり前の答弁の上、「少額預金の管理には膨大な経費がかかっている」と発言している。しかし、平成20、21、22年の3年間で、全金融機関の休眠口座より、何と、2,097億円が雑収入で経常されているのである。

更に、1億2千万人弱の人口に口座数は10億を超えており、過去には金融機関がこぞって口座獲得運動に走り、特に老人の顧客に頼み込んで余分な口座を1000円単位で作らせ、印鑑や仮名を銀行員が協力した例も多くある。

この結果が10億口座にもなったわけで、金融機関はこの責任の反省もなく、少額預金の口座管理に費用がかかるとは驚くべき無責任さである。

以下は国民の活発な議論のために真実を公開すべきと指摘した、2月29日付の産経新聞「正論」である。

読者の賛否のご意見を賜りたい。


【正論】日本財団会長・笹川陽平 
政府は休眠預金の実態公表せよ


2012年2月29日
産経新聞 東京朝刊


2月6日付本欄に掲載された拙稿「『休眠預金』を社会的に活用せよ」に大きな反響が寄せられ、政府の国家戦略会議も「成長ファイナンス推進会議」の初会合を開き休眠預金活用の検討に乗り出した。これに対し、銀行業界は「預金者の金を第三者が無断で使うことになりかねない」と反発し、国民の中にも、本人の同意なしに預金が使われるのではないか、と懸念する声があるようだ。

 しかし、制度が変わっても預金者の権利が守られるべきは言うまでもなく、求めがあれば払い戻しに応じる現在の仕組みは当然、維持される。問題は、その上で休眠預金をどう活用するかであり、広く国民の合意を形成するためにも、政府が過去分も含めた休眠預金の全容を早急に明らかにするよう強く求める。

 ≪預金者の権利保護は当然≫
 休眠預金の活用を模索する動きに、全国銀行協会など7団体は昨年5月、反対意見書を提出。永易(ながやす)克典・全国銀行協会会長も2月16日の記者会見で、「睡眠(休眠)預金であろうが、何だろうが、預金者のものなんですよ」と一連の動きを牽制(けんせい)した。預金が「預金者のもの」であるのは言うまでもない。となると、最終的に金融機関の収益となっている現状は整合性を欠くばかりか矛盾する。
 情報が少ないこともあり、拙稿掲載後、知人から「7、8年前、万一に備え新たに銀行口座を設けた。幸い、これまで手付かずで済んでいる。このまま10年過ぎると休眠口座になって預金を使えなくなるのだろうか」と質問された。もちろん、そんなことはない。現在も10年経てば銀行から連絡があり、放っておいても印鑑や通帳があれば何時でも払い戻しを受けられる。制度が変わっても預金者の権利は当然、保護される。

 問題は、住所移動や一時期までごく普通に認められていた仮名口座であるために連絡が取れず、そのまま残される預金を最終的にどう扱うかに絞られる。休眠口座は欧米各国でも、「Dormant Account(眠っている、活動休止中の口座)」と表現され、期間や形は違うが、一定期間出し入れがないと金融機関から切り離し、公的事業に活用する国もある。こうした動きが各国で広がってきた背景には、「金融機関の収益になるのはおかしい」とする世論の盛り上がりがある。

 ≪全容はベールに包まれたまま≫
 しかし、全容となると現在もベールに包まれたままだ。金融庁の内部資料などによると、主要銀行や地方銀行、信用金庫などで毎年、新たに発生する休眠預金は800〜900億円、うち4割近くが連絡を受けた本人の申し出により払い戻されているという。

 わが国の金融機関には全体で12億に上る口座がある。赤子を含めても1人当たり10口座、人口が日本の約半分6200万人の英国の10倍近い異常な数字だ。金融業界が一時期、「口座が増えれば預金が増える」と口座開設を積極的に勧誘した結果だが、業界から反省の言葉を聞くことは少ない。

 休眠口座も億単位に上り、関係者は、「税務当局の指導もあり、収益への繰り入れは10年よりもっと前からやっている」と説明する。それではこの間、どの程度の口座が休眠口座に移行し、収益処理された休眠預金が全体でいくらになるのか、国民が最も知りたいところだ。

 現在も175兆円の預金残高を抱える郵便貯金は、これとは別に民営化以前の定額貯金を郵便貯金・簡易生命保険管理機構、定額以外の通常の郵便貯金をゆうちょ銀行が管理し、定額貯金は10年間放置されると「睡眠」状態に移行、さらに10年間、払い戻しがないと預金者の権利は失効する。これに基づき、2010年度は234億円が管理機構の収入となった後、国に納付された。

 こうした実態を果たしてどれだけの国民が知っているだろうか。総額でいくらが国庫に入り、何に使われたのか、明らかにされる必要がある。加えて、来年は仮名口座の使用が禁止されてから10年に当たり、多くの仮名口座が「本人確認」をできないまま休眠口座に移行する可能性が大きい。

 ≪政府、業界、民間で知恵を≫
 公的に活用するには、休眠口座を一元的に管理する基金などの受け皿、さらに払い戻し請求に対応するための照会システムのような機能も必要になろう。膨大な休眠口座を前に、金融業界からは費用対効果を疑う声も出ている。

 しかし、休眠預金は表に出ているだけでも、郵便貯金関係を合わせ単年度で1000億、10年間で1兆円にも上る。政府、金融業界、民間が知恵を出し合い活用法を検討するにふさわしい国家的テーマであり、効率的な活用の受け皿ができれば、莫大(ばくだい)な口座管理コストも削減できる。

 永易会長は会見で、「政府が検討するのであれば、協力できることは当然協力するのが基本スタンス」と語った。国を挙げた協力こそ国民の理解につながり、わが国の金融、ひいては国民の政治に対する信頼を取り戻す好機となる。(ささかわ ようへい)

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
休眠口座に移行するまでの一連の流れや休眠預金の使途の全容が開示され、休眠預金の活用方法等について、さまざまな角度から活発に議論されることが望ましいと考えます。
早急に対応がなされ、有効活用されることを願います。
Posted by: 徳島県徳島市教育長 石井博  at 2012年03月30日(Fri) 11:47

いつもながら誠に的を得た提言であると思います。
笹川会長の問題提起以後、マスコミでも良く取り上げられましたが、伝え方によっては誤解をしている国民も多いかと思います。休眠口座の経緯、各国の状況など、笹川会長の示す多角的な情報を国民に提示し、真に有効な活用をしなければならないと考えます。
Posted by: 徳島県阿南市長 岩浅 嘉仁  at 2012年03月27日(Tue) 19:59

B&Gサミットでのご講演にありました、休眠口座の有効利用の必要性につきましては、私も賛同するひとりです。
昨日はインターネットで、今朝はテレビでと連日メディアで取り上げられており、注目度の高さがうかがえます。
是非とも、有効利用に向けた動きが加速することを期待しております。

静岡県松崎町長 齋藤文彦
Posted by:  at 2012年03月17日(Sat) 10:06

 笹川会長の述べられているとおり、まず預金者の権利の保護、休眠口座の実態を明らかにしていただきたいと思います。
 その上での休眠とされる預金については復興支援のために政府、銀行業界、民間で議論をしていただき、法案を作り休眠口座が有効に活用されることを願います。

高知県津野町長 池田 三男
Posted by: 高知県津野町長 池田 三男  at 2012年03月16日(Fri) 14:26

休眠預金や亀井預金口座の話を聞かせていただいました。公表、有効活用に向けて頑張ってください。本年は被災地からの様の声を聞くことができて良かった。
Posted by: 徳島県三好郡東みよし町長川原義朗  at 2012年03月15日(Thu) 17:29

この問題について、各種・メディアでもっともっと論じていただきたいと思います。
国民の活発な議論のために真実を公開すべき、また、各国での休眠口座活用の動きが広がった背景などを示していただきたいと思います。

北海道小平町 教育長 横田達男
Posted by: 横田達男  at 2012年03月15日(Thu) 15:38

特別基調講演の際に話された、長期無利用講座の有効利用について全くそのとおりであると思いますし、その議論が国においてその後なされていることは誠に喜ばしく感じています。


岩手県 八幡平市 市長 田村正彦
Posted by: 岩手県 八幡平市 市長 田村正彦  at 2012年03月15日(Thu) 10:43

日本財団笹川会長の「休眠預金」の活用の話は、私もかつて銀行にいた経験から全面的に賛成です。
Posted by: 大分県 中津市 中津市長 新貝正勝  at 2012年03月15日(Thu) 09:16

笹川会長の基調講演のあと国においては、議論がなされるようになりましたが、休眠口座の預金を金融機関の収益するのではなく、早期に役立つ活用が図られることを期待します。海外では、実際に社会的新に活用されている例もあり、そうした事例を踏まえてもっと議論していく必要があると思います。
Posted by: 大分県豊後高田市 鴛海  at 2012年03月15日(Thu) 08:57

笹川会長の基調講演のあと国においては、議論がなされるようになりましたが、休眠口座の預金を金融機関の収益するのではなく、早期に役立つ活用が図られることを期待します。海外では、実際に社会的新に活用されている例もあり、そうした事例を踏まえてもっと議論していく必要があると思います。
Posted by: 大分県豊後高田市 鴛海  at 2012年03月15日(Thu) 08:52

笹川会長のこの主張は正しいと考えます。大いに議論を起こすべきでしょう。消費税の前に、この様な理不尽な銀行の不順利益を
容認は出来ないでしょう。他にもこの様なことがあるのかもしれませんが、発見され次第有効な利用の仕方を検討すべきですし、支援
金にしたらという、会長の主張には、自然な理屈があると考えます。
Posted by: 大類 泰郎  at 2012年03月14日(Wed) 22:14

今回の笹川陽平会長のブログを拝見し、私も休眠口座の活用について考えてみました。
銀行業界では、当然、預金者の権利が守られることを前提とし、休眠口座の詳細な実態については、国民に説明する必要があるのではないでしょうか。
その上で、十数年にわたり休眠している預金の利活用についても議論されてしかるべきと考えます。
たとえば、今の日本は、東日本大震災をはじめ、様々な自然災害にさらされ、復興を待ち望んでいる国民も多くいるのではないでしょうか。
いずれにしても、お金は活用することで価値があると考えます。今回のブログで、笹川会長が述べられていることについて賛同するものです。
Posted by: 青森県南部町長 工藤祐直  at 2012年03月14日(Wed) 17:42

特別基調講演の際話された、長期無利用口座の有効利用について全くそのとうりであると思うしその議論が国においてその後なされていることは誠に喜ばしく感じています。



岩手県 八幡平市 市長 田村 正彦
Posted by:  at 2012年03月14日(Wed) 17:35

Posted by:  at 2012年03月14日(Wed) 15:49