CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団会長 笹川陽平ブログ日本財団会長 笹川陽平ブログ笹川陽平プロフィール笹川陽平バイオグラフィー
日本財団会長 笹川陽平ブログ
日本財団会長 笹川陽平ブログ

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«国立療養所「松丘保養園」 | Main | 「ブログ休みのお知らせ」»
東北地方太平洋沖地震応援基金
Google
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ペルー訪問」その4―緊急手術成功― [2012年02月20日(Mon)]
「ペルー訪問」その4
―緊急手術成功―


1月29日(日)、朝8時起床。

午前8時20分、尾形理事長と電話。

午前8時40分、シャワーを浴びる。

前夜からの記録された波形にも、心臓への刺激が不整脈を起こしているところがあったとの説明を受ける。

午前10時、 シャワーを浴びたので、さっぱりした気分で手術室に入る。

午前10時30分、準備が整い、Dr. Ricardo Colomaが局部麻酔の注射を4ヶ所打つ。

午前10時35分、Dr. Ricardo Colomaの「では、手術を始めます」との言葉に「よろしくお願いします」と返答。鈍い音がしてメスの入ったことがわかる。



場所は右乳房の上、肩甲骨の下部3〜4cmの所を横に10cmほど開く。右目は布に覆われているので手術の様子は見えなかったが、局部麻酔なので左目でテレビに映る様子は観察できた。二本の管が別々に動脈の中を奥深く入り、心臓に達するのがよくわかった。

テレビの画面を見ながら「お前なあ、世界の名医100人集めて金庫(安全な場所の意)の中に入っていても、死ぬ時は死ぬよ。人生、おもいきって働くことだ」との笹川良一の言葉を思い出し、手術中にもかかわらず思わずニヤリとしてしまった。傷跡の縫合が終わり、手術室を退室したのは午後12時15分であった。ICUに戻り、退院は明日の午前8時前後と告げられる。

1月30日 (月)、午前8時、 一人でシャワーを浴びる。

午前9時、Dr. Ricardo Coloma往診。御礼と別れの挨拶。

午前10時40分、退院。


退院時、御世話になった先生方に感謝をこめて記念撮影


午前11時、13階の会議室で保健大臣を待つも、麻薬更生施設で火災が発生して10数人の死者が出たとのことでキャンセル。

日系人協会幹部と談笑。
WHOペルー代表と面談。

ホテルに戻り、午後9時、ホテル発。午前0時、リマ発。
ロサンゼルス空港で7時間待機の上、2月1日午後6時、成田着。

聖路加病院でチェックの上、翌日午後2時、退院。
日本財団に直行し、書類決裁等、活動再開となった。

以上は筆者の海外旅行にほとんど同行する秘書兼写真家の冨永夏子のメモを参考に綴ったものである。

退院の折「これはペースメーカーの大切な証明です」と書類を手渡された。

「空港での身体検査の折はこれを提示し、検査機械を通過しないように。携帯電話は左手で。右手は3ヶ月間90度以上上げないように。禁酒は3週間」と、諸々の注意を受けた。

ロサンゼルス空港では証明書を提示したので、当然すんなりと障害者扱いかと思いきや、少し離れたところに立たされ、専門官が色々と説明の上ボディーチェックを始めた。昨日、手術したばかりだと下着を巻き上げて見せても、分かっていますとばかりに傷口の上を、ソフトではあるが、手の平で確認したり、へその廻りを触ったり、挙げ句の果てには尻の割れ目から急所の裏まで手を這わせた。その上、三度も爆薬検査の機械で小さな布切れみたいなものを確認していた。腹が立ったが、よく考えてみると、テロリストなら考えそうな手段なのでこれも仕方ないかと妙に納得。

かつてジャーナリスト気取りの女性が、イスラエルの通関で職業欄に「ジャーナリスト」と記入。その上、悪いことに宿泊先がその手の人が集まるホテルであったからたまらない。美人の彼女は別室に呼ばれ、素っ裸にされて厳重検査。持ち物検査も、歯磨きチューブから化粧品まで細い針金で調べられ、小一時間の検査となったらしい。

それに比べればよしとしなければならないが、筆者にとってアメリカでの荷物検査や通関手続きは、世界で最も嫌な国である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
笹川陽平様
 「ペルー訪問 その4」を拝見しました。
 どうぞ、ご無理のないよう、くれぐれもご自愛ください。「活動再開となった」まで読んで、ほっとしました。
 「国立駿河療養所」「松丘保養所」も、じっくり読ませていただきました。前に、『ニコライ堂の女性たち』で、大塚正心の、多磨全生園の前身である「慰廃園」についてふれたことがあります。正心の妻大塚かねも、ハンセン病患者援助事業に力をつくしました。(作曲家山田耕筰の母ひさは、大塚かねの姉です。) 
 笹川さんのハンセン病制圧運動の記事は、私も家内もたいへん興味深く拝見しております。視野が広がり、感動しています。
 毎回、ブログを楽しみにしています。
 どうぞお体を大切にしてください。
                 中村健之介
Posted by: 中村健之介  at 2012年02月20日(Mon) 15:55

衷心よりお見舞い申し上げます。
それにしても心臓の手術というのは、いまや、こういうものなのでしょうか。これなら安心して、心臓病になれる気がしますね(笑)。いやぁ、お大事になさってください。

アメリカの検査は本当に失礼ですよね。私は「9.11事件」後、再開された全日空の最初の便でワシントンに着きましたが、大きなお椀のような者に入れられ、「美女」がイスラエルに着いたときのような屈辱的な検査を受けました。

結論は、歯の治療に金属が使ってあったということだったのですが・・・。拝読して思い出してしまいました。
Posted by: 吹浦忠正  at 2012年02月20日(Mon) 15:41

笹川陽平様
いつもブログを読ませていただきご活躍を祈念していました。1月26日これからペルーに向かわれるとき会館の玄関でお目にかかりお元気なご様子、今回の現地でのご様子驚きました。
何日か前、激務に秘書の星野さんに心配されたブログ、やはり星野さんの予感が的中したのですね。今の日本、いや世界にとっては
大切なお体、あまり激務で無理をなさらないようご自愛下さい。
TOOTH  FAIRYの皆様には大変お世話になっております。
                  林田大蔵


Posted by: 林田大蔵  at 2012年02月20日(Mon) 11:24

どうぞ、お大事に、と祈っております。
Posted by: 黒坂三和子  at 2012年02月20日(Mon) 08:21