CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«3月29日(火) | Main | 3月30日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
緊急記者会見 [2011年03月30日(Wed)]
「東北地方太平洋沖地震への救援活動」その33
―緊急記者会見―

※日本財団第一次被災者救済策発表

@死者・行方不明者に各一人5万円を支給
A漁船を失った漁民に最大1億円、3年間返済猶予の上15年で返済。無利息
BNPOボランティアの100万円を限度に迅速支援

@広域被災地には、2,500ヶ所余の避難所での生活を強いられている方々、自宅の1階は泥で埋まり2階でひっそりと生活されている方もおられ、被災された方々の避難生活の現状は千差万別である。被災から18日、最低限の生活は確保されたものの、将来への具体的な展望のない生活は、避難民の精神を着実に追い詰めている。

死者・行方不明者を出したご家族の嘆きはいかばかりであろうか。察するに慰める言葉もない。

避難所での生活が落ち着けば、亡き親族に花束を手向け、線香を立て、好物であった酒や饅頭などをお供えしたいであろうに。

筆者は昭和20年3月10日、東京大空襲で被災した。親戚を廻り、ささやかな食事にはありついたが、現金のない生活のつらさをいやというほど味わった。そんな経験もあり、今回の死者・行方不明者の遺族・親族に、死者・行方不明者一人当たり5万円の弔慰金又は見舞金を送ることを決定した。

現在の死者・行方不明者は約2万9千人であり、約15億円を大至急現地にお届けする。

A報道で見る被災者の漁民の姿は一様に深刻である。海に生きた男がすべてを失い、漁業での再起を放棄しようとする映像に涙した。三陸の漁業を絶やしてはならない。

筆者を含め、日本中の人々が三陸の魚介類を楽しみに生活してきた。彼らに再起のほのかな光を提示することによって、今一度、海に出る気力の回復といつの日か我々の食卓に三陸の珍味を提供願いたいものだ。

BNPO、ボランティアは、日頃、専門としている仕事があるにもかかわらず、乏しい金をやりくりしてガソリンを買い、遠路、被災地で活動して下さっているが、この方々への政府、企業からの支援は皆無に等しい。

2,500ヶ所の避難所に1ヶ所10名としても25,000名の人手がいる。その上、町を覆った泥土の処理等々、被災地の復興の初期段階には膨大なボランティアの支援なくして不可能である。
しかし、彼らには政府からは一銭の援助もなく、ただ黙々と働き、夜は寝袋で眠りに就つく。
これらの無私の活動に、日本財団は物心両面の支援をしたい。

この三点の日本財団の具体的な支援が起爆剤となり、政府や関係筋が連動してくれることを願って止まない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
お世話になっています。「なでしこ」の快挙は、表裏ともに、多くの人々が奮起の意思が無上に歓喜しています。このブログも読んでいて同感のものばかりで感動させていただいています。特に被災者の漁民の姿は一様に深刻である。海に生きた男がすべてを失い、漁業での再起を放棄しようとする映像に涙した。三陸の漁業を絶やしてはならない。ですネ。いつまでも、陽平さんお元気で活躍お願いしてます。有難う。
Posted by: 大円 師道  at 2011年07月26日(Tue) 10:17

お世話になっています。
益々のボートレースの発展で社会貢献祈ります。
一生一路よろしくお願いします。
Posted by: 大円 師道  at 2011年07月22日(Fri) 12:40

笹川 陽平様
今、最も必要とされているご支援のお申し出、心より歓迎致します。
仙台在住,宮城教育大学教授の友人が震災直後に地元のNPOと連携して「仙台宮城緊急支援対策本部」を立ち上げました。行政や自衛隊がカバーできない取り残された所に物資を運ぶボランティアを連日、休み亡く活動しています。ぜひ、ご支援頂きたいと思います。今後は、心のケアが必要になると思います。私達は仙台のNPOとリンクしてアート活動を開始する予定でいます。

特定非営利活動法人 芸術資源開発b機構(ARDA)
代表 並河恵美子
Posted by: 並河恵美子  at 2011年04月01日(Fri) 18:41

漁船復興で一点ご提案がございます。

現状は新造での無利息融資ですが、修繕費用に拡大できないのでしょうか?
造船所は現在、修繕の申し入れについても、いわゆる「取りっぱぐれ」を非常に懸念しており、修繕を断っている状況もあります。
国難で口にし辛い「金銭話」ですが、不当たりが発生するようでは、造船所は修繕を簡単には引き受けることができないようです。
是非とも修繕船にも活用の拡大を・・・・
Posted by: 森  at 2011年03月31日(Thu) 11:47

笹川陽平様
非常に迅速な救援活動に感謝致します。既に些少の寄付をしましたが、今後も少しずつ寄付をいたすつもりです。日赤にも寄付をしましたが、それが配分されるのが随分時間がかかると聞いて、日本財団に切り替えました。長期に亘ると思われますので、最後までお願い致します。
Posted by: 伊藤隆  at 2011年03月31日(Thu) 11:05

笹川 陽平 様

いつもながら、迅速で適切なご判断を下される事に、驚いております。これは長年に亘って現場を経験した人だからこそ、できることだと思います。これからも被災地の皆様の為に、日本財団のご活躍を期待しております。私共も微力ながら協力させて頂きます。

江田島カヌークラブ 事務局長 玉山 義雄
Posted by: 玉山 義雄  at 2011年03月31日(Thu) 09:08

素早い決断、素早い行動、いつもながら心より感服いたします。一刻も早い被災者の方々の復興をお祈りいたします。
皆さんに代わってお礼を申し上げます。
Posted by: 小山正興  at 2011年03月31日(Thu) 07:02

笹川陽平さん、
「一般の人たちのストイックなまでの平静心」、「低報酬の英雄たち」、「弱体化した国家」、「リーダシップの危機」とは海外での論評です。
ここにリーダーあり。被災された方々の大きな力付になります。本当にありがとうございます。英語にして友人知人に送らせていただきます。 原 不二子
Posted by: 原 不二子  at 2011年03月31日(Thu) 00:50

笹川陽平先生へ
 被災者と被災地への迅速な支援対策に感動しました。
 私共も微力ながら応援します。

  認定特定非営利活動法人神奈川海難救助隊
  隊長 信田清治
Posted by: 信田清治  at 2011年03月30日(Wed) 21:11

  迅速さにおいても支援の中身においても感動です。空襲の被災を経験されたからとは言え、心がなければこうしたことはできないですね。「心は誰にも見えなくても心遣いは見える。思いは見えなくても思いやりは誰にでも見える」というACの標語を思い出します。
Posted by: US  at 2011年03月30日(Wed) 15:40

 笹川陽平先生は、3月16日からインド・デリーで開催されるWHOのパートナー会議にご出席される予定で、先生の訪印を心待ちしておりました。地震の翌日に連絡が入り、すべての海外出張取り止めを決定され、インド訪問中止との知らせを受けました。もちろん残念でなりませんが、充分理解しました。

 笹川先生は、地震災害が発生した直後の週末には会議を開き、どのように対応するか討議されたように聞いています。すべての交通機関が止まってる最中のすばやい対応。また、職員の皆様の献身的な対応で、このような素晴らしい援助をされることを知り、驚嘆しています。

 死亡者、行方不明者に弔慰金・お見舞金の支給。漁師への無償貸付支援、NPOへの財政支援。涙が出るように嬉しく感じます。驚くことに日本政府は、まだ何の方針も出していません。民間の方が対応が早いのです。

 もう一度言います。これは、笹川先生の強力なリーダシップと職員の皆様の献身的なご努力によるものです。笹川先生、職員の皆様本当にありがとうございます。日本財団頑張れ!ご検討をお祈り申し上げます。

在インド:蒲 章 則
Posted by: 蒲章則  at 2011年03月30日(Wed) 10:56

現場を見て、現実を知った人が考えつく素早い、また適切な救済策だと思います。
先日御父上に関する工藤美代子「悪名の棺・笹川良一伝」を読んだばかりです。
戦後の混乱期に種々の救済を行われたお父上のご活躍の再来を感じました。益々のご活躍を期待しております。
(八王子の素老人)
Posted by: 古勝紀誠(八王子の素老人)  at 2011年03月30日(Wed) 10:40

拝啓 笹川会長
日頃より、地域福祉の推進にご尽力いただき感謝申し上げます。この度の日本財団の英断に心より応援と感謝を申し上げます。私たちは住民参加による食事サービスの全国のネットワーク組織ですが、被災地にも活動団体があり、震災当日、あるいは翌日、あるいは月曜日からと、各団体はできることろからと不自由な環境の中、自らが被災者にもかかわらずおむすびを握り、在宅高齢者の支援の活動を続けています。私共に寄せられる現地の情報では、活動拠点の損害があったり、配達しようにもガソリンがなかったり、またガスが通じていなかったりとのこともあるようでした。できれば、こうした現地の活動団体もご支援の対象に加えていただきたく、ご一考いただけたらと考えましてご連絡させていただきました。
会長以下、スタッフの皆さまのご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。敬白 
全国老人給食協力会 事務局長 平野覚治
Posted by: 全国老人給食協力会 事務局長 平野覚治  at 2011年03月30日(Wed) 10:26

素晴らしいです。
その通りだと思います!!
現地では大きい避難所に多くの物資やボランティアが集中しています。
今求められるのはそこから漏れた場所にいる被災者の方々にも届く支援だと思います。

同じように考える僕の友人達もすでに行動しています。
是非ご支援をお願い致します。
彼らは大きい団体、行政では手の回らない所にいる被災者の支援の為に動いています。
現地の情報を収集しながら求められる支援を。

☆緑水の森再生委員会(流音)ー山形
http://blogs.yahoo.co.jp/tetsnory
☆dip震災支援プロジェクト
http://dip-lab.jugem.jp/?eid=1152


あと、僕が知る方ではないのですがこんな方もいらっしゃるようです。
☆被災地いわき市で支援活動する自身もいわき市在住被災者の関志路充毅さん
http://blueseasonsurf.blog115.fc2.com/blog-entry-276.html

よろしくお願い致します。

音楽家:蓬田尚紀
必要がありましたら下記よりご連絡ください。
http://naoki.on-wave.com/
Posted by: naoki=Naoki"J"Yomogida  at 2011年03月30日(Wed) 10:12

素晴らしい施策ですね。
行政にはできない迅速さが鍵だと思います。
迅速で公平な現地での支援金配分の方法に関心があります。
資金は日本財団さんの資産をお使いになるのですね。
カード寄附金とは別の資金ですね。

NPO支援の100万円もとても大切な、そしてNPOや現地の方々を勇気付ける資金だと思います。迅速に配分ください。
NPO支援金配分方法や使途監査等具体的な方法に関心があります。行政ではできない民間の方法論を是非見たいものと思います。
Posted by: 浜人  at 2011年03月30日(Wed) 09:56

漁船購入への支援に最大の拍手を送ります。

日本財団ならではのアイディアと感服いたしました。

漁師の方たちにどれだけ大きな希望を与えることになるでしょう。情報の早急な広報と申請書類が簡単であることを切望します。

おかげさまで、私たちも被災2日後から、分相応のキメ細かな救援支援活動を展開しております。

こうした支援を通じ、日本財団が日本社会を変える起爆剤となってくださることを期待します。

                認定NPO法人難民を助ける会
                 会長 柳 瀬 房 子
Posted by: 柳瀬房子  at 2011年03月30日(Wed) 09:52

素晴らしいです。差し上げるだけでなく、利息なしで融資するという援助も大切だと思います。漁師さんたちの心の支え、復興への大きな力になるでしょう。どうか競艇のお客さんたちにも、その旨をしっかりお伝えください。きっと喜んで、もっと賭けてくださるのではないでしょうか。
Posted by: 木村博美  at 2011年03月30日(Wed) 09:36