CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«3月13日(日) | Main | 3月14日(月)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「東北地方太平洋沖地震への救援活動」その1 [2011年03月14日(Mon)]
読者の皆様へ

当分の間、従来のブログは中止。地震関係の報告をアップ致します。
どうぞご了承ください。


「東北地方太平洋沖地震への救援活動」その1


筆者は昨日(13日、日曜日)からの海外活動を全面中止。13日10時より、担当部署の緊急会議を本財団で開催。

12日の記者会見で、大塚耕平厚生労働副大臣は被災地でのボランティア活動について「現在は救援活動の最中で大規模な余震も予想され」とした上で、「当面は現地入りを控えるように」との発言があり、当面の活動は限定的とならざるを得ない。

しかし、日本財団は阪神・淡路大震災以来、すべての水害・地震災害にボランティアを派遣してきた実績がある。以下は決定事項である。

@ 過去の経験から看護師、心理療養士、老人介護士、手話通訳、外国人被災者への対応等の専門知識を持つ長期滞在可能な有償ボランティアを確保すること。

A 本日、関係団体拡大会議(B&G財団、日本ゲートボール連合、笹川スポーツ財団、笹川平和財団、東京財団、笹川記念保健協力財団、日本財団、日本学生ボランティアセンター)を開催。救援活動の対応準備に入ることを決定。

B 関係団体役職員による救援活動基金の寄付要請。

C 被災地の日本財団の支援先である258ヶ所の施設の実情及び福祉車両2519台の配備先の実情把握。

D ウェブサイト「CANPAN」に、東証第一部上場会社を中心に、提供可能な救援物資、担当者名を記載した一覧表を掲載し、被災地行政活動の一助とする。日本財団は、タイガーマスク現象、即ち、災害時に相手先の意向を無視して一方的な善意で無差別に救援物資を送られると大混乱になる経験をしているからである

概略以上は、即時実行を確認した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
「ボランティアの派遣が急務」
現地では,人口がもともと少ない上に,盛岡から2,3つの峠を超えないと入れない場所が分散しており,人の手が足りない状態です。もともと医師の少ない場所でもあります。また,避難所が各所の山々に点在しており,連絡が思うようにとれておりません。引率している学校の先生の疲労がピークに達しています。また,沿岸部の市町村を結ぶ45号線が分断されており,峠沿いに入らなくてはいけません。標高600mを超えますので,未だ冬タイヤが必要です。ボランティアの支援が急務です。私も現地に入っています。どうぞよろしくお願いします。
Posted by: 佐々木剛  at 2011年03月15日(Tue) 10:05

期待します。
今回の地震の被害は想像を絶するものです。
新潟の震災の際にそちらの方との接点を持つことが出来ました。
実際に現地にボランティアに行くと現状を把握できるので、私もボランティアに行くことも、考えています。
日本財団の視点での支援を今回もよろしくお願いいたします。
今回もよろしくお願いいたします。
Posted by: Jun  at 2011年03月14日(Mon) 22:36

笹川先生のご判断と行動力に感謝とともに敬意をさらに強くいたしました。 B&G全国指導者会では、B&G財団HPの専用ページにて、東日本のB&G指導者の安否を確認しているところでございます。ライフラインの復興どころか、未だに被災情報が確認できない状態にあり、現在B&G指導者の絆で情報収集をしておりますますが、ままならい状態です。多くに仲間が無事でいることを願いつつ、私どももこの災害復興のお役に立てればと考えております。今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。  B&G全国指導者会
Posted by: kukisikurihasi. kawashima  at 2011年03月14日(Mon) 20:30

会長の強いリーダーシッブに改めて敬意を表します。私も発災以来対策本部に詰めています。現在の最大の任務は輪番停電という事態を受けて、いかに首都圏の国民の足を守りながら国民生活の混乱を最小限に抑えることに努めています。
Posted by: Maplewood  at 2011年03月14日(Mon) 19:17

笹川先生の切り替え(決断)の早さには敬服いたします。Tooth fairyではお世話になっておりますが、今度は、我々が財団の指揮下でお手伝いできることがあれば、@の方々の仲間には入れそうなのですがねぇ。でも我々の仕事は、命が助かった後の生活を守るものであったり、または、不幸にしてお亡くなりになった方の身元確認のお仕事です。財団とはどのような場面で、リンクできるのでしょうか?
Posted by: 松見秀之  at 2011年03月14日(Mon) 17:48

笹川先生の経験と行動力に期待しています。一刻も早く、被災者の方々が安心できる体制が整うことを切に願っています。
Posted by: 大は小をのみ込む  at 2011年03月14日(Mon) 15:00