CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

笹川陽平ブログ(日本財団会長)

«7月6日(火) | Main | 7月7日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「日米修好150周年記念・日米安全保障条約50周年会議」 [2010年07月07日(Wed)]

アーミテージ・元国務副長官と筆者


「日米修好150周年記念・日米安全保障条約50周年会議」


参議院選挙で今一つ盛り上がらないが、今年は日米修好150周年、日米安全保障条約締結50周年の節目の年である。

戦後の日本経済復興から高度成長の中で、日米安保の果たした役割には国民の多くも異論はないだろう。

しかし、加藤良三前駐米大使が「吉田茂元首相が戦後復興の際に優先した政治路線・軽武装で経済的発展を図ってきたいわゆる『吉田ドクトリン』の使命は終了した。

防衛予算増額にあたっては、米国や近隣諸国に配慮する時代も過ぎた」と、中国の軍備増強を念頭に、日本でも必要なことはしなければならないとの持論を展開されているが、鳩山前政権下での米軍普天間飛行場移設に係る対応は、ホワイトハウスを中心に、決定的に米国の不信を招いてしまった。

長い自民党政権が崩壊し誕生間もない民主党には、米国の有力政治家、シンクタンク、日本研究者、メディアとの人的関係は無いに等しい。アメリカ側でも、どのように誰にコンタクトしてよいかもわからず、戸惑いは隠せない。このような状況下では、今一度、日米の絆を再構築することが喫緊の課題である。

日本財団の姉妹財団である海洋政策研究財団の秋山昌廣会長の情熱溢れる奔走で、やっと6月17日〜18日、ワシントンで表題の会議が150年前に日本の代表団が宿泊したウィラード・ホテルで開催された。立ち見が出るほどの盛況で、一列目にはジョセフ・ナイ・ハーバード大学ケネディスクール元学長、日本でおなじみのリチャード・アーミテージ氏もお見受けした。

カウンターパートナーのCenter for a New American Security は、Richard Danzig(1998年〜2001年、第71代海軍長官)が率いる気鋭のシンクタンクで、現政権に27名を送り込んでいる。

第一回目の会議としては大成功であったとの参加者の評価を受けたが、反省点は、日本政治家の出席者が参議院選挙で限定されたこと。又、金曜日の開催で米国側の議員の参加も少なく、日米議員同士の新たな人脈作りが不首尾に終わったことである。

日米関係希薄下の中、来年はさらに充実した会議にしたいものである。

共催の海洋政策研究財団・秋山昌廣会長、笹川平和財団・羽生次郎会長、笹川平和財団USA・岩竹啓二氏の奮闘に、新ためて謝意を表したい。又、藤崎一郎駐米大使が、大使館で参加者のためのパーティーを開いて下さり、感謝申し上げたい。

以下はオープニング・スピーチと参加者リストである。


************************


~新たな日米パートナーシップの発展に向けて~
(原文・英語)

2010年6月17日
於:ウィラード・ホテル(米国、ワシントンDC)


本日、ここに日米修好150周年・日米安全保障条約50周年を記念するシンポジウムを開催するにあたり一言ご挨拶申し上げます。このような盛大なシンポジウムの準備に尽力していただいたCenter for a New American Security、海洋政策研究財団、笹川平和財団、そして日米両国の友人の努力に、惜しみない感謝を申し上げます。

今から150年前、日米修好通商条約の批准書交換のため、日本は歴史上初めて使節団を米国に派遣しました。広大な太平洋を勇気と希望を持って渡った彼らはこのウィラード・ホテルに滞在し、米国国民による暖かい歓迎を受けました。

150年前の彼らはまさか同じ場所でこのようなシンポジウムが開催されるとは夢にもみていなかったでしょう。そしてその時代から始まった日米関係の150年を記念するこのシンポジウムに多くの方々が集まってくださったことに対し、このシンポジウムの発案者の一人として心から深く御礼申し上げます。

米国と日本は19世紀の通商条約の締結以来、第二次世界大戦を乗り越え、民主主義、自由の擁護、人権の尊重をはじめとする様々な価値観を共有し、良き信頼関係を構築してきました。この二国をとりまく状況を昨今のアジア太平洋地域の現状という視点から見てみますと、領海・領土紛争、専制政権、軍拡競争、大量破壊兵器の拡散などによる不安定要素が多く、日米両国がパートナーとして取り組まなければならない課題が山積しています。

これら脅威の要因は、アジア太平洋地域だけではなく全世界の安定を崩し、世界経済の成長をも妨害する危険を秘めています。冷戦関係が終わり、テロとの戦いが始まり、アジア太平洋地域がこうした変化に直面している中、アジア地域情勢の安定と自由経済の発展を実現させるためにも、新しい状況に適応できる柔軟な日米のパートナーシップは必要不可欠になっているといえるでしょう。

一方で、日本と米国の関係は、しばしば不安と共に語られがちです。皆さんも新聞を読んだり、グーグルで検索すれば「米国関係者が日本の対応に落胆」「行き詰まった日米交渉」「日米関係の危機」といった多くの悲観的な表現を容易に見つけることができるでしょう。

そのような文脈で語られた問題としては、米軍基地の移設先問題(restructuring US forces in Okinawa)、日本によるインド洋給油活動の停止、北東アジアにおける不安定要因への対処などがありました。

これらの問題を受けて日米関係全体が危機に瀕していると主張する人達も多かったと思います。それは日本と米国の戦略(strategy)のズレを彼らに(主張する人達)想起させていたことが、理由のひとつだったのだと考えられます。例えば、米軍基地の移設先問題について言えば、これは日本と米国の軍事や外交の戦略の一部が共有されていなかったことによる不一致であり、現在、その不一致に過大な焦点が当てられています。

このような時に立ち戻って確認すべきは、米国と日本が共に目指すgoalではないかと思います。私が米軍基地の移設先問題から受けたのは、かつて両国の間で認識されていたはずのgoalが、最近の両国民の感覚でははっきりと認識されていない、あるいは実感の乏しいものになっているのではないかという印象でした。

日米が安全保障条約を締結してから今日に至るまでの間に、両国をとりまく国際情勢は大きく変化しました。顕著な出来事としては、日本の経済大国としての台頭や冷戦の終結がありました。近年、新たな脅威やこれまでにない不安定要素が現れてきているものの「何のための同盟なのか」「なぜ日米関係を進展させるべきなのか」というように日米関係の根本を疑問に感じる人々もいるでしょう。情勢の変化に直面するにつれ、米国と日本は、戦略の延長線だけで日米関係を捉えるのではなく、日米のパートナーシップの方向性の再調整や、新たなヴィジョンを検討する場が必要ではないでしょうか。

さらに、個別の領域で発生した問題が過度に注目を浴び、日米関係の多様な側面が非常に捉えにくくなっているということも言えます。例えばトヨタのリコール問題のように、問題によっては米国と日本の様々な分野の事柄が危ぶまれているような論調で語られるものがあり、日米関係というものが矮小化されていることに懸念を抱かざるを得ませんでした。現在の日米関係が限られた領域のみにフォーカスして認識されているため、両国がもっと大きく、また、優先的かつ長期的に取り組まなければならない問題に「雲」がかかっている状況に私には見えます。

みなさん御存じのように、米国と日本のつながりは、軍事的なだけではありません。政治的なだけでも、経済的なだけでも、文化的なだけもありません。日米関係は、どんな言葉で形容しても不足するような多面的なつながりで構成されているのです。

そして、そのつながりは政府と政府の間で締結されている条約だけではありません。民間と民間の、さらには個人と個人との絆を含めて、日本と米国は重層的につながっているはずです。このような関係の全体像を大局的に捉える視点を持ちながら、日本と米国がパートナーとしてアジアや世界に対して何ができるのかをより幅広く、柔軟性をもって模索することが重要と考えます。

日本と米国が様々な領域の中で協力しながら共通のgoalを達成するためには、戦略レベルのテーマに終始することなく、さまざまな領域を横断するような広い視野と、大きな視点での対話の場が必要です。

そして、可能であるならば、分野をまたぐだけでなく、多様な利害を持つ関係者が、自らの利害や立場といったしがらみに捉われることなく対話し、両国にとって多領域に渡る共通の目指すべき姿を描くことも大切と考えます。この場にお集まりの皆さまにもそれぞれの立場があり、それらを全て捨てて自由に意見交換をすることは簡単なことではないと思います。

しかし、時代が流れ、世界情勢も少しずつ変化しているなかで、自らの考えが従来の立場や利害に固定されてしまうことは決して好ましいことではありません。私は、皆さまに是非とも各々の立場と利害に捉われない、新しい視点で米国と日本を取り巻く様々な問題を考えていただきたいと思います。そして、それをより広い視野と長期的視点に立った新たなアジェンダとして共有し、解決に向けての最初のチャプターを描く場として、このシンポジウムを発案いたしました。

参加者リストをご覧になるとこのシンポジウムが非常にユニークであることがお分かりになるでしょう。このシンポジウムには、日米両国の様々な分野のリーダーにご参加をいただいており、その専門領域の幅広さと経験は他に見ることのできないほどであると実感しています。このように影響力のある方々をお招きすることができたのは、ひとつにはCenter for a New American Securityとの協力があったからです。私は主催者のひとりとしてこのような場を提供できることに誇りを感じています。

私が会長を務める日本財団はいくら日米関係を憂いても法律や条約を制定する権限は持ち合わせていません。民間企業とも異なり、経済活動によって両国の文化や生活様式に影響を与えることもできません。しかし、専門とする領域が異なり、立場が異なり、政治的な信条や党派が異なる人々に、政権交代など時の事情に制約されずに対話の場を提供することが、日本財団の強みのひとつと思っております。

さて、このスピーチを締めくくるにあたり、みなさんに再度申し上げたいことがあります。それは、それぞれの立場や過去の経験に捉われることなく意見を表明し、これまでとは違った切り口を持ってこのシンポジウムに参加していただきたいということです。

日本と米国が共にが目指すべき新たなgoalや、それを踏まえた次世代のパートナーシップのヴィジョンは、すぐに回答が見つかるものではありません。私は、この場において、皆さんが自由に表現し、自分とは異なる意見を持つ方々の話を聞き、刺激を受け、新しい知識を得ることにより、日米関係のプラスの部分や発展への新しい可能性に柔軟に気付き、これまでにない考え方や解決策の糸口が生まれることを期待しています。

しかし、一方で、日米関係とそれをめぐる世界の情勢を俯瞰して「本当に大変な状況だ」と認識を新たにする方もおられるかもしれません。日米関係の漠然とした「将来への不安」がすぐにでもアクションが必要などほどの危機的状況であるという認識に変わるかもしれません。参加者の皆さまの考え方がどう転んでも、それは日米両国が共有すべきヴィジョンを考察するためのステップアップに繋がるはずと信じています。

また、このシンポジウムはWeb中継されており、今この瞬間も無数のオーディエンスがリアルタイムで観ています。彼らはヴァーチャルなフォーラム上でわれわれの議論に参加することもできます。そこで、より多くの人が気軽に参加、表現することにより、その内容がより広く社会に共有されることを期待しています。米国と日本が両国と世界の繁栄のために何ができるのか、150年前、使節団が大きな夢や希望を抱いて米国の地を踏んだように、このシンポジウムが両国の新たな理想を描くべく第一歩となることを期待しています。












(次回7月9日は、「日本・中国・防衛交流10周年」です)
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
 第二次世界大戦は、一次大戦と異なり、人間を殺戮の対象とした。
 勝者は敗者の誇りを奪い、アメリカインディアンをハンティング対象としたのと同じように、ここのの深層心理まで破壊し徹底的に奴隷化した。
 その象徴が「人道の罪」なる、ニュールンベルク裁判・東京裁判である。
 大量殺戮なる人道の罪は、ドレスデン・東京の大空襲であり、広島・長崎への原爆投下である。
 この罪の懺悔なくして、「人道の罪」は神への冒涜であるはずである。
 
 *平和をかちとつた勝者は、被征服民を奴隷化させないまでも屈辱を与える権利があると主張する。
 しかし、覚者は全く異なった考えを持っている。
平和が意味があるとすれば、勝者が打ち負かした相手の向上のためにその勝利を利用することにある。

 平和がもたらされた暁には、戦争の熟練者たちは有能で正しい人間として、丁寧な言葉、思いやりある態度、謙虚で打ちとけた、感じのいい客人として振舞い出しゃばらず感官を制御し、賢く、人を脅かしたりしない人であらねばならない。厳しい制裁をもつて卑屈な態度でひざまずかせてはならない。
 総てのみのが幸せと平和に暮らし、強者も弱者も、身分の高いものも低いものも、遠くに住むものも近くにいるものも、生まれたもの、これから生まれてくるであろうものも、総てが平和に暮らせるようでなければならない。
 誰も仲間にへつらつたり軽蔑したりせず、怒りや憎しみで他人を傷つけようとさせたりしてはならない。
 母親が我が子を命がけで庇おうとするように、生けるもの総てが我が子と思う心を抱き、全世界への愛、内に憎しみを持たぬ汚れなき、敵意を起こさせない愛を抱かしめよ。
 このように、立つときも歩くときも、坐ったり横になつたりする時も常に全力をもってこのことを考えよ。
Posted by: 夕焼け  at 2010年07月10日(Sat) 10:38

 真の友人であれば、米国も日本に対し、戦後半世紀もずきた、「子供のように悪に染まらないのは良いにしても、物事の判断は子供じみてはいけない、大人の判断をしまさい」と!

 聖書に、わが神、わが神、なんぞ我を見捨て給いしと!
 アガペーとは、「理性的愛」のことである。
大人として生きる厳しさ、威厳、品性、そこに神の形而がある。
 どんな艱難辛苦も神の形而なのであろう。

 米国は日本が真の友人であるのであれば、日本人の大人としての判断を期待するはずである。
 しかし、当の日本人は、神から最も遠いところにいる。

 祖先をないがしろにし、国に殉じた英霊を粗末にする総理を頂いて拍手喝采するという品性である。
 大人が子供じみた会話をし、その大人が子供に向かって敬語をつけてちやほやする。
母親の子供に対する躾ができていない。
 端的に、日本では大人の会話に子供がしゃしゃりでる。

 米国もこんな日本人と付き合うお人よしか、それとも商人のしたたかな計算ずくか?

 どこかの米国人が「鳩」を「ルーピイ」と言ったように、腹を割って日本人に言って欲しいものである。
Posted by: 夕焼け  at 2010年07月07日(Wed) 12:18

参加者リストがぬけていますが。
Posted by: 秋山昌廣  at 2010年07月07日(Wed) 08:44