CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«10月30日(金) | Main | ASEANと共同で実施するハンセン病制圧活動»
leprosy.jp
Google
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
ファンドレイジングジャーナル [2009年10月31日(Sat)]

日本の寄付文化の革新を目指して〜創刊号


ファンドレイジングジャーナル


2009年9月・創刊号


日本ファンドレイジング協会は、日本財団の助成によって今年の2月に設立し、引き続き、その組織基盤の強化と運営についても助成を受けています。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------
まず、笹川会長ご自身の寄付に対するお考えと想いをお聞かせください。
---------------------------------------------------------------

初めに、これまでの日本財団のボランティア・NPO支援の経緯を少しお話しさせてください。日本財団として、本格的にこの分野の支援を始めたのは、阪神淡路大震災の2年前の1993年のことです。

実は、さらに、そこからさかのぼる10年間、まだボランティアやNPOという言葉が日本に知られていない時期に、私は関連する新聞記事をずっと集めていました。そして、いよいよ積極的に支援すべき時代が来たと確信し、1993年4月に、ボランティア・NPO活動への助成を開始したのです。

その後、阪神淡路大震災を機に、国内で市民活動の重要性が社会的に認知され、その中で、日本財団は10,000弱のボランティア・NPO団体の活動を助成という形で支援してまいりました。

ただ、大変残念なことに、日本財団の助成を受けた後に、活動の規模をさらに拡大した団体があるとは、あまり聞いておりません。そこで、ボランティアやNPO団体のファンドレイジング力の向上のために、日本ファンドレイジング協会の設立と組織化の支援をすることにしたのです。

私は、ボランティア・NPO活動にとって、そのミッションの達成に向けて、賛同者を募る、寄付を募るということ、すなわちファンドレイジングが極めて重要なことだと考えております。

しかし、多くの団体が、活動することには大変熱心な一方で、ファンドレイジングの努力を十分にしていないように思え、残念でなりません。自分たちの活動を社会に知ってもらう努力をし、多くの人々の賛同を得て、さらに寄付が得られて、初めて、その活動が社会的に評価されたと考えなくてはなりません。

---------------------------------------------------------------
会長ご自身が日本財団のファンドレイジングに率先して取り組んでおられると伺っておりますが、具体的にはどのようなことをされているのですか?
---------------------------------------------------------------

私自身、日本財団に対する寄付を積極的に募っています。いろいろな方々を訪ねて御支援を求めることも多いのですが、何よりも重要だと考えるのが「感謝」だと思っています。

具体的には、どんな小さな支援に対しても、その都度、きちんとお礼をすることを欠かさないようにしております。毎月1,000円ずつ送ってくださる方にも、毎回、必ず、自筆でお礼状を出しています。これまでの、その方からの支援回数と支援額をお示ししてお礼を述べるとともに、今後のさらなる支援をお願いしています。

---------------------------------------------------------------
最近、日本財団は、夢の貯金箱や日本歯科医師会と連携したTOOTH FAIRY(歯科撤去金属の寄付)等の寄付集めの事業を積極的に進めておられますが、そのお話をお聞かせください。
---------------------------------------------------------------

財団自身が寄付集めをすべきだと考えた背景には、財団職員に「資金の大切さ」を実感してもらいたいという思いがありました。

日本財団は、競艇の売上を財源に公益活動を推進しておりますが、私は常々、職員に、その資金のありがたさについて自覚してもらいたいと考えています。全職員に簿記3級を取るよう要請しているのも、事業推進の折のコスト管理に活かしてもらいたいと思うからです。

私自身も、TOOTH FAIRYプロジェクトの実現のために、4年間、日本歯科医師会への働きかけを続けました。それだけに資金集めの難しさと、その結果得た資金がいかに大切なものであるかはわかっているつもりです。

---------------------------------------------------------------
寄付が推進される社会的なインフラの構築にも取り組まれていますね。
---------------------------------------------------------------

日本財団は、企業の社会貢献の推進のために、ウェブサイト「CANPAN」で、東証1部上場企業約1,700社を対象としたCSR(企業の社会的責任)への取り組みの実態を明らかにしていますが、今秋には、それをランキング化して示す予定です。

若者が就職先を選ぶ際に、消費者が買い物をする際に、「CSRをきちんとしている企業を選ぶ」といった社会にしたいと願っています。CSRをランキングで示すことには抵抗感もあるようですが、根拠のある指標を示して、その結果、企業のNPOへの支援が拡大するようにしていきたいと考えております。

日本人は元来、善意と助け合いの精神の豊かな国民でした。大阪の橋には個人の名前の付いたものが多いのですが、それらの橋は江戸時代に個人の寄付で造られたものです。お伊勢参りの人々が、無料で泊めてもらえる宿がありました。企業も、まずはCSRの精神を実際の行動で示してもらわなければなりません。そのためのランキングなのです。

---------------------------------------------------------------
NPOへのメッセージをお願いいたします。
---------------------------------------------------------------

NPOはミッションに基づいて設立され、その達成を目的にして活動をするものだと思います。くれぐれも、自己満足に陥らないでください。それはNPOとしては堕落の始まりです。世のため、人のために始めた活動が、自分のための活動になってしまったとしたら、社会の賛同も得られないでしょう。賛同者と、寄付を募るということ、すなわちファンドレイジングの努力こそNPO活動の原点なのです。

そのことをよく理解していただきたいと思います。また、他の団体との情報交換と連携も、積極的にやってほしいと期待しています。ミッションの実現のために最適であれば、合併を通じて組織を強化することも必要です。ミッション達成のために何をすべきかを忘れないで、頑張っていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------
最後に日本ファンドレイジング協会へのメッセージをお願いします。
---------------------------------------------------------------

私は、今年2月の設立記念イベントで、「日本財団が5年間支援しますから、頑張ってください」と申しました。これは、「5年のうちに、しっかり自立してください」という意味です。5年後に、もし、日本ファンドレイジング協会がうまくいかなくなっているようでしたら、日本のNPOには未来はないとも思います。したがって協会の責任は誠に重く、心から成功を祈っております。どうか、頑張ってください。

---------------------------------------------------------------
ありがとうございました。(聞き手:日本ファンドレイジング協会常務理事 鵜尾雅隆)

◆日本財団 会長 笹川陽平ブログ http://blog.canpan.info/sasakawa
◆公益コミュニティサイト「CANPAN」 https://canpan.info


このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント