CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«4月30日(木) | Main | 5月1日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
NPO法人「中国帰国者・日中友好の会」 [2009年05月01日(Fri)]


NPO法人「中国帰国者・日中友好の会」


表題のNPOが、中国からの帰国者・池田澄江理事長を中心に発足することになった。

第二次世界大戦後、中国に取り残された「残留邦人」とその家族たちは、日中両国で幾多の労苦に苛まれながらも力強くけなげに生きてこられた。特に「中国残留日本人孤児」たちは長年にわたり祖国・日本への帰還が果たせず、帰国後も不安定な境遇に置かれてきた。

設立趣意書には「高齢化の進む中国残留邦人が健やかに晩年を送れるよう、必要な支援や、残留邦人問題の歴史や経験を次の世代に伝え、日中両国の相互理解や友好促進に貢献したい」と書かれている。嬉しいことであり、活躍を期待したい。

日本財団は、彼らの日本国籍取得のための弁護士の活動費支援や激励に、地道な活動を続けてきた。1986年〜2007年の22年間に中国残留孤児1006名、サハリンからの帰国者22名、合計1028名の国籍取得に成功した。要した費用は1億1775万8000円であった。

私の行動哲学は、情熱・忍耐・継続であり、日の当たらない人々に日を当てるのが仕事だと考えている。

NPO法人「中国帰国者・日中友好の会」
電話 03−3574−9311
FAX 03−3574−9312
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
率直に教えてて下さい。先日中国帰国者の会鈴木則子さんが亡くなりました。
鈴木さんを代表とする会と横浜の菅原幸助さんの会と
池田澄江さんの会と一帯どういう関係にあるのか?
どこに同支援するのかがよいのか解りません。
「そのt違いを」率直に教えて下さい。

Posted by: 島田成夫  at 2011年03月10日(Thu) 06:48

はじめまして。
NPO法人「中国帰国者・日中友好の会」のHP担当をしている星子と申します。
当団体のHPができあがりましたので(一部未完成な箇所はございますが・・・)、一度ご覧下さいませ。

http://www.ab.auone-net.jp/~jc-yuko/

今後共、ご支援の程、宜しくお願い致します。
Posted by: hoshiyuri  at 2009年09月05日(Sat) 12:15

自ら招かざる過酷な運命を背負わされた方々のために、善意をもって出来る限りのお手伝いをなさっていることに対して、心より敬意と拍手を捧げます。
Posted by: 多田 徳茂  at 2009年05月01日(Fri) 22:18

今日、また私にとって新しい情報・金額1億2千万円の貴重なお金が実行されたことを知りました。うれしい涙を伴う情報です。多寡ではなく、人間愛が突き動かしたお金だけに、心を打ちます。暴政の犠牲になった民に心を巡らすお人に敬意を膨らませます。
Posted by: 角保恵喜  at 2009年05月01日(Fri) 09:05