CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団会長 笹川陽平ブログ日本財団会長 笹川陽平ブログ笹川陽平プロフィール笹川陽平バイオグラフィー
日本財団会長 笹川陽平ブログ
日本財団会長 笹川陽平ブログ

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«8月18日(月) | Main | 「ミャンマーのジャーナリストからの手紙」»
東北地方太平洋沖地震応援基金
Google
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「アセアンとスリン事務局長」 [2008年08月20日(Wed)]


「アセアンとスリン事務局長」


1967年8月にタイのバンコクで『南東アジア諸国連合(ASEAN)』が創設されてから40年余を経た。

今年の1月、旧知のスリン・ピッツワン元タイ外務大臣が事務局長に就任した。

スリン氏は、タイ国では珍しい南部タイ出身のイスラム教徒である。
彼に言わせると「南東アジアのイスラム社会は穏健で寛容であり、柔軟性を維持してきた。夢はこのスタイルをてこに、欧米とイスラム世界の和解に何らかの役割を果たしたいと願う。アセアン事務局長として、各国の利害の調整は勿論のこと、事務局を強化し、NGOとの連携の重要性も視野に入れている。」

日本財団は、基本的にスリン事務局長の考え方に賛意を表し、この度、人材育成、障害者の支援など、5分野の包括的な業務提携に合意した。

5分野、次の通り
@ マラッカ・シンガポール海峡をはじめ、海上安全保障の強化
A ハンセン病制圧と回復者の社会差別の解消
B アセアン事務局の職員育成や、人的ネットワークの構築
C 伝統医療の活用
D 障害者の社会参加の促進
当面5年間5分野、5億円の支援となる。

国際社会には政府間レベルでは見えない問題が数多く存在する。このような問題解決に日本財団が率先して協力することによって、アジアに存在する多くのNGOが参加して連携を強化していくことは新しい試みであり、是非、具体的な成果を上げたいと考えている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント