CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ドック検診 | Main | 引き続きドック検診»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
産経新聞「正論」に掲載 [2008年04月04日(Fri)]
※4月3日付け、産経新聞「正論」に『たばこ千円は今や現実的選択』が掲載されましたので、お時間がある時にでもご高覧いただければ幸いです。




【正論】日本財団会長・笹川陽平 たばこ千円は今や現実的選択

2008/04/03
産経新聞



≪本欄での提案に大反響≫
 3月4日付のこの欄で、たばこ1箱(20本入り)1000円への値上げを提案する拙稿を執筆したところ、大きな反響を呼び、インターネットのサイトやブログではその後も活発な賛否両論が戦わされている。

 たまたま同じ日、日本学術会議も「脱たばこ社会の実現に向けて」と題し、たばこ税2倍引き上げなどを内容とする規制強化の要望書を政府に提出した。

 ネット上の議論も小刻みな値上げではなく、大幅値上げを前提に争われており、欧米並みの1箱1000円は今や仮定の数字ではなく現実的な選択肢になりつつある。喫煙・嫌煙論争とは別に、危機にひんする財政の立て直しに向け、国会が早急に大幅値上げの議論を開始されるよう求めたい。

 記事は国内最大手のポータルサイト「YAHOO!ニュース」にも取り込まれ、初日、2日目は読者からのコメント数もトップを記録し関心の高さを示した。私に対する中傷もあったが、全体に驚くほど真面目(まじめ)な内容が多く、反対論では「増税の前に支出を減らすのが先決」「酒税やガソリン税をさしおいてなぜ、たばこだけ増税するのか」「世の中には必要悪もある」「愛煙家のささやかなストレス解消法まで奪うのか」といった意見が目立った。

 「たばこの害や副流煙の危険は証明されていない」として禁煙運動を「ナチズム」と批判した解剖学者の養老孟司・東大名誉教授の発言を引用した反対論や、「合法的な嗜好(しこう)品であり、愛好者が多くいる中で、軽々しく値上げだとか増税だとか言うべきではない」とする日本たばこ産業のコメントも紹介されている。

 ≪国の財政は危険水域≫
 これに対し賛成論は、たばこ規制が強化され喫煙率が年々低下する流れを反映して「本人だけでなく周りにも健康被害を招く喫煙を野放しにしてきたこと自体が問題」「規制は当然」とする意見が大半。

「大幅値上げで少年の喫煙が抑制され、非行防止にもつながる」「禁煙推進は火災予防にもつながる」といった指摘も目立った。火災に関しては総務省消防庁の昨年1〜9月の全国統計で、たばこが原因となった火災は期間中に起きた全火災約4万2000件のうち10・5%の4430件に上っており、禁煙が火災防止に確実な効果を持つのは間違いない。

 健康にたばこが有害であるのはWHO(世界保健機関)をはじめとした各種調査結果から見ても疑問の余地はない。だからといって私は特段のたばこ規制論者ではない。にもかかわらず大幅値上げを提案するのは喫煙、嫌煙両派から無節操と批判されるかもしれない。

今回、それを承知であえて大幅値上げを提案したのは、国債や借入金など国の債務残高が800兆円まで膨らんだ国家財政の現状を意識してのことである。明らかに危険水域に入っており、打開策のひとつとして消費税の引き上げが避けて通れないことは誰もが認識しているのに、現在のねじれ国会ではその論議が軌道に乗る可能性はない。

 この場合、消費税の引き上げで見込まれる税収増は1%で約2兆4000億円。一方、たばこを欧米並みの1箱1000円に値上げした場合の税収増は、現在の消費量を前提にすると9兆5000億円、消費税の4%に相当する。もちろん消費量が大幅に落ち込むのは避けられないと想像するが、それでもなお大きな税収増が見込め、年金や医療、介護を含めた社会保障関連の財源としても活用できる。

 ≪超党派議員の前向き意見≫
 記事が掲載された後、超党派の国会議員78人で作る「禁煙推進議員連盟」(綿貫民輔会長)のメンバーに文書で協力をお願いし、「たばこ農家に配慮するあまり活動が十分でなかった」など党派を超えて前向きの意見もいただいた。与野党が共通の土俵で議論できる余地も大きく、財政再建に向けた選択肢としては消費税よりはるかに現実的である。

 当の国会は今、日銀総裁人事、道路特定財源問題に限らず何かと実質審議が空転している。国民から見れば混乱の極みであり、明日の日本より党や政治家個人のメンツ、利益が優先されているようにさえ見える。与野党どちらを利するというより、政治そのものに対する不信感だけが膨らむ結果になっているのではないかと懸念する。

 たばこ1箱1000円に対する反響を見る限り、たばこ値上げに関する国民の関心は高く、誰もが参加できる分かりやすさもあって議論も確実に熟してきている。国会が主導して国民によく見える議論を進めれば、国会に対する信頼回復にもつながると確信する。(ささかわ ようへい)
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
笹川会長 がんばれ!

タバコ1000円以上の値上げ大賛成です。
国家の税収だけでなく、国民の健康にも良い事です。
そればかりでなく、タバコの販売を管理監督する、
財務省の利権にメスを入れることができます。

タバコは、財務省、国税局、税務署の利権の巣窟となっています!それを改善するためにも、ぜひ下記の施策をお願いいたします。

・財務省、国税局、税務署の利権となっているタバコ免許管 理を撤廃する! 酒類販売と同様に。

・国家が保有するJT株を即刻市場へ譲渡する!

・タバコを1000円にして、ガソリンを下げる、消費税を上げ
 ない

・財務省に管理義務があるが、全く管理されていない、タバ
 コ自動販売機を全て登録番号管理し、 無届又は実態は
 無人管理の違法設置自動販売機を取締る。

・タスポのCMを中止する。青少年喫煙防止という目的でな  く、現金チャージ目的。

・タスポの狙いである現金チャージも中止する!

・財務省、国税局、税務署の利権の巣窟がタバコで
 ある事を 国民は一人でも多くの国民に知らせるべき!

以上宜しくお願いもうしあげます。
Posted by: 央翼  at 2008年06月24日(Tue) 03:52

自分に都合の悪いコメントは全部削除してますね、↓の人は身内ですか?あほくさ
Posted by: www  at 2008年06月11日(Wed) 10:36

絶対賛成です。先進国では一番禁煙への取り組みが遅れている日本、大幅値上げは既得利権者が政治的圧力を掛け続けて今まで実現しなかったのでしょう。ガソリンや自動車だって車を使う人が税金を払うわけで、いやなら公共の交通手段や自転車・徒歩に頼る選択があるわけです。タバコのような嗜好品は価格弾力性が低いといわれていますので1000円でも吸いたい人は吸うでしょう。(ただし消費減を考えると、一気に3倍にするより、数年かけて徐々に上げることが税収上望ましいでしょう。)医療費も減るし(「節煙して長生きする分医療費が増える」と言ってる人いますが、ならば今の安価なタバコは国が全面支援する「間引き」の道具なのですか?)受動喫煙も減り、子を持つ親としては大賛成です。財政が火の車の日本、低所得者層や年金暮らしのお年寄りを最も直撃する消費税を上げる前に、タバコからの税収を他の先進国並みに上げる事を検討すべきです。
Posted by: さいころ  at 2008年06月05日(Thu) 14:13

笹川先生のタバコ1000円、大賛成です!!!税収も増やせ、また医療費も削減できる。それに受動喫煙に悩まされる機会も減るという1石何鳥にもなる名案です。
もっと多くの人に知らせ、この案をそのまま案だけにするのではなく、是非、早急に推進してください。
笹川先生万歳!!!!
Posted by: ぴよきゅう  at 2008年06月02日(Mon) 23:36

別に禁煙しろなんて誰も言ってないような・・・。ただタバコの値段を上げますよって言ってるだけですので、禁煙は疫病とか言ってる意味がよくわかりません。タバコ吸いたければマナーさえしっかり守れば誰も文句言いませんよ。別に法律で違法だなんてことないので。ですので転寝鉛筆さんは吸い続けてください。320円が1000円になるだけの話なので。

笹川さんの意見に賛成です。いろいろな角度から見て正論をおっしゃっていると思います。1000円にならずともそろそろ自分自身のことを考えてタバコやめるつもりです。
Posted by: 喫煙者ですが、、、  at 2008年04月07日(Mon) 17:30

禁煙は疫病です
Posted by: 転寝鉛筆  at 2008年04月04日(Fri) 20:56

筋金入りの愛煙家ですが、1箱1000円に誰よりも賛成します。本数を減らしたいと考えている多くの愛煙家も、同じく切望していると思います。ちなみに、私の父は旧日本たばこ産業の人間で、むかし勲章を受章しました。今、JT関係者らしき人がわざわざこちらのプログのコメント欄にまでやって来て、繰り返し一生懸命悪口を書いているのを見ると、父の時代と比較し、まさに気の毒としか言いようがありません。時代を読むというのはつくづく難しいことなのだと実感します。
Posted by: 1000円賛成  at 2008年04月04日(Fri) 17:29

笹川陽平先生が「タバコ千円」を提言され、日本中で賛否両論が沸き起こったことに驚きを感じています。中には、笹川陽平先生への誹謗中傷があり残念でしたが、この提言が盛り上がったことは大変意義あることと思います。元WHO事務総長グロ・ハーレム・ブルントランド(元ノルウェー首相)は、1998年のジュネーブで開催された世界保健総会で「タバコは人殺しである」と演説し、「世界禁煙デー」が実施され、毎年5月31日がWorld No Tabacco Dayとされました。世界中のタバコ産業界、タバコを主産業とする国、マフィアからブルントランド事務総長は一斉攻撃を受けました。もちろん今でもタバコ産業界からの抵抗は続いています。

世界には200近い国が存在しますが、特に先進国の中で日本がいかに喫煙率が高いかわかります。日本に戻っただけで煙いと感じます。残念ながら日本は、まだまだ禁煙について途上国にあります。きれいな空気を吸う権利、きれいな水を飲む権利も保障されるべきでないでしょうか。山で吸った空気、清水を思い出してください。いかにその空気、水が美味しかったかご記憶にあると思います。これが健康も源です。

日本の社会・世論を見ますと、自己主張だけをする我がままな方が目に付きます。権利を主張するのは結構ですが、それには必ず義務が付帯することを忘れてはいけません。笹川陽平先生の提言された「タバコ千円」は、日本人・日本国家を真剣に考え奥深い提言であると感じます。今後もこの提言を絶やすことなく、議論を交わしてもらいたいと念じています。笹川陽平先生の勇気ある提言に感謝申し上げます。

世界保健機関/SEARO :蒲 章 則
Posted by: 蒲章則  at 2008年04月04日(Fri) 10:16