CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宮内庁長官 | Main | 退職職員送別会»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
なんでも鑑定団 書画・骨董 [2008年03月31日(Mon)]
「なんでも鑑定団 書画・骨董」


私に書画・骨董収集の趣味はないが、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」は好きな番組である。

テレビを見ていると、日本全国、実に色々な物に収集家がいることに驚かされる。

地方地方の素封家には、代々大切に古い書画・骨董が保存されていることもわかった。ただ、借金のカタにとった焼物や掛軸は、だいたい偽物が多いというのは笑える。

町の古物商で一般の人が宝物を掘り出す確率はほとんどゼロに等しいが、女房に内緒で、「ひょっとして」と古物商めぐりをする人もことのほか多いのもほほえましい。

かつて関西で財を成し、書画・骨董の収集を趣味にしている人の話を聞いたことがある。

道具屋の持ってくる品物を一品一品確かめ、値切って買い入れていたらしい。数も相当集まり、美術館の建設も計画にあがり、その筋の専門家に調べさせたところ、ほとんど偽物でショックであったという。

本格的な書画・骨董の収集には、道具屋が持ち込んだ品物を「はい、頂いておきましょう!!」と鷹揚に構える態度が肝要で、道具屋は偽物を承知で買ってくれたお得意さんにこれでは申し訳ないと、そのうち本物を持参するようになるものらしい。

骨董収集には眼力が必要であることは勿論であるが、道具屋に騙される度量も必要であるらしい。

京都にある株式会社・恩文閣出版古書部は伝統ある名店で、2〜3カ月に1回、立派な販売目録を郵送して下さる。

見るだけでも楽しくなる目録で、絵巻物、古写経、古文書、錦絵、版画、古美術を取り扱っている。定価も記入されており信用できる店である。

私は購入したことはないが、骨董となると少なくとも何百万円の値がつくものが多い中、『書』は他のものに比べ圧倒的に値段が安い。読者の参考までに記してみた。


西郷隆盛の直筆書状90万円は、高いか、安いか



◆比較的安価な『書』
渋沢 栄一(書状一通):21,000円
高橋 是清(  〃  ):47,250円
大久保利通(  〃  ):57,750円
伊藤 博文(  〃  ):63,000円
犬養  毅(書幅一幅):84,000円
乃木 希典(書巻一巻):126,000円
荻生 徂徠(書状一幅):189,000円
榎本 武揚(書状三通):472,500円
伊達 政宗(書状一通):577,500円
佐久間象山(書状一通):650,000円
豊臣 秀吉(朱印状一幅):892,500円
西郷 隆盛(書状一通):892,500円

直筆であることは100%保証できる。
額におさめ、日々眺めるのも優雅なことで、心が若干豊になるのではないだろうか。

ご興味のむきは
株式会社 恩文閣出版古書部
電話 (075)752-0005
FAX (075)525-7155
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
 祖師方の墨蹟も値段としては安いものですね。

小生は、自分の歩んだ証として欲しいと思うのは、加藤耕山老師の「達磨図」である。
 お会いした、様子を追憶するにも手元にあると有難い。
また、柳瀬友禅老師は、「私の書など!」、と言うことで拝見することはあまり無かった。
 あの「行雲流水」のような、老師に想見すると、不思議なことに風景が美しく見え、随分と元気を頂き生き生きと生活できる。

 大森老師の「筆禅道」なる書の道は、新聞一杯に筆で一本斜線を引くことから始まる。
 胆力の凄さは見本として老師が筆を取り示された。

しかし、老師の本分は慈愛に満ちた仏のような心にあるのであろう。

 ある寺において、昔は自由に禅の師匠方の墨蹟を見ることができた。

 白隠、隠元、見性宗般、山本玄峰、山岡鉄舟、中曽根元総理・・・・
 白隠禅師の者は、その繊細さと胆力の凄さに特徴がある。

秀でた人間というものは、豪放さと繊細さを合わせ持つていることを教えられたものである。

 妙心寺に残る、遷化一年前の、『円頓章』の墨蹟は衆生済度の志の高さが忍ばれる。
 
 小生の手持ちの墨蹟は、『大法輪』に掲載された大森老師の「望雲」だけであり、老師から直接頂いたものである。

 妻は、老師から沢山のお手紙を頂き、今も、越し方の思い出として大切に保管している。
Posted by: 夕焼け  at 2010年08月15日(Sun) 21:31

ブローカーをやらせて下さい。
Posted by: 南英一  at 2010年08月15日(Sun) 18:52

こんにちは!簡単な日本語しか話せませんから、ほんとうに何でも鑑定することができるんですか?そして海外へ行く鑑定することができますか?たとえば、いま私は中国に鑑定してほしいものがあれば、どうすればいいんですか?
Posted by: じょかいとう  at 2008年11月13日(Thu) 17:25

こんにちは!簡単な日本語しか話せませんから、ほんとうに何でも鑑定することができるんですか?そして海外へ行く鑑定することができますか?たとえば、いま私は中国に鑑定してほしいものがあれば、どうすればいいんですか?
Posted by: じょ  at 2008年09月13日(Sat) 17:55