CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«全国モーターボート施行者協議会総会 | Main | アジア若手海上保安官・招聘»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
日本知識クイズ大会優勝者・表敬訪問 [2008年03月27日(Thu)]
※少し前になりますが、昨秋に中国で開催された日本語を学ぶ中国人学生の日本知識を試すクイズ大会で優勝した学生が来日しました。学生に私が挨拶をしましたので掲載いたします。


クイズ大会優勝の副賞として来日した中国の学生



日本知識クイズ大会優勝者・表敬訪問


2008年1月25日 午前11時
於:日本財団ビル8階



日本は寒いですか。
日本は空気がきれいですよ。
肺をきれいにして帰って下さい。

中国では、外国に行くことを「肺をきれいにしに行く」というようですね。

皆様方は一生懸命に日本語を勉強され、またクイズ大会で優勝するために苦労されたようですね。

数多くある外国語の中から日本語を勉強し、本当に良かったと皆様方に思っていただけるように、私たちはこれからも日本語を勉強する学生の皆様を支援し続けたいと思います。


中国と日本は隣り合わせの国ですが、文化や歴史、生活様式が異なります。若い皆様方は大いに好奇心を持ち、日本のことで分からないことは聞いて下さい。外国で不思議に思ったことを質問せず、自分なりに解釈しますと、大変大きな間違いを犯すことがあります。

街の人どなたにでも質問をして下されば、日本の若い人たちの日本語が皆様の学んだ日本語と違い相当乱れているのではないかということも分かるかもしれません。

私たちは長く中国の皆様と交流をしています。20年間で2,000人の医師を日本に招き、勉強していただきました。最初の頃は、戸惑いがありました。私たちがご馳走のつもりで素晴らしい昼食を用意したのですが、ご飯が冷たかったため、中国人を軽蔑しているのではないかという誤解を与えてしまいました。

中国ではご飯は温かいものと決まっているようですが、日本では冷たいご飯を食べることもあります。そのほうがご馳走の場合もあるのです。説明をすれば分かっていただけますが、質問がないと侮辱されたのではないかという気持ちだけを持って帰ってしまうこともあります。

また中国から来た方に地方の方々が色々なお土産やプレゼントをされるのですが、中国の人が本当に喜んでくれているのか分からないというのです。中国ではプレゼントをされたときには、一度だけの感謝が正しい挨拶方法のようですね。

日本人はもらったときに感謝し、あくる日合ったときにも感謝します。日本人には中国の人が一度しかお礼を言わないので、本当に嬉しかったのか、差し上げたものを喜んでもらえたのかという迷いがあります。


ところが中国の人が何度もお礼をいうということは、とてもよいものを頂いたので、また下さいという気持ちに取られる恐れがあるというのです。そのような文化の違いは多々あります。疑問に思ったときには何でも聞いていただくと良いと思います。

(京都金閣寺を観光)
中国と日本とは近い関係にありますが、隣の国同士はあまり歴史上上手くいかないのです。中国と日本だけではなく、アメリカとカナダ、ヨーロッパでもそうです。夫婦関係も熱が冷めることもあります。

皆様独身でしょうから分からないかもしれませんが、夫婦関係も長く付き合うと良いときもあれば悪いときもあるのです。何が一番大事かというと、お互いの国の違いをよく理解することが大切なことです。

今の日本と中国はとてもよい関係にあります。とてもよい関係が何百年も何千年も続くことはありません。いずれ悪くなることもあります。皆様方は決して親日家にならなくて結構です。

良く日本を知る人になっていただきたいというのが、皆様方を日本にお招きした最大の理由です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント