CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「社会貢献支援財団」―表彰式― [2017年08月16日(Wed)]
「社会貢献支援財団」
―表彰式―


草の根で毎日、黙々と社会のために何の栄誉も期待せず活動されている方々が多くいらっしゃいます。世界の中で、日本社会が卓越した安心・安全を誇れるのは、それぞれの地域で無償の奉仕をされている皆さん方に支えられているといっても過言ではありません。特に自分自身の身の安全も返り見ず、人命救助のために身を捧げる方々のなんと多いことでしょう。

私自身がそのような場に遭遇した場合、身を挺することが出来るか否か。正直若干の不安があります。笹川良一は、このような方々に光を当てることによってより良い社会作りの模範になってもらいたいと、今から46年前(当時の名称は「日本顕彰会」)に設立されたのが表記の社会貢献支援財団です。

私の挨拶にありますように、安倍昭恵女史が先頭に立って年二度の表彰式典を行っています。下記は私の祝賀会での挨拶です。

*****************

―来賓祝辞―


2017年7月21日
於:帝国ホテル


受賞された皆様方には心からのお祝いと、感謝の誠を捧げたいと思います。

ただ今ご紹介頂きましたように、日本財団は社会貢献支援財団の意義を高く評価して全面的に支援させて頂いており、この財団の積極的な活動は誇りの一つでございます。

特に、公私ともにご多忙な安倍昭恵令夫人がこの財団の意義を深く理解してくださって会長へのご就任を賜り、ご自分の目で見てみたいという所には自ら足を運んでお調べも頂き、お話を伺って意思決定の中にも参画されていらっしゃいます。また、内館牧子選考委員長はじめとする選考委員の皆様方は大変厳密な審査を行っていただき、今日の表彰へという過程をたどっております。

全国には無償の行為と申しましょうか、自分を無にして人のため世のために尽くされている方が大変多くいらっしゃいます。今日表彰された方は、そのなかの極々一部の代表の方たちでございまして、皆様方の行為、そして活動については、深く感謝いたしております。

今回選に漏れた多くの方々も、それぞれの地域で、溢れるような情熱、どんな困難があっても続けていくのだという忍耐力、そして継続性をもってお仕事に当たって頂いております。このことが日本は最も安心・安全の社会であるという意識が世界に定着した原因ではなかろうかと思っています。

そういう無償の行為というのは、日本人が古くから培ってきた伝統だと思います。この素晴らしいDNAを、今後も将来を背負う日本の若い人たちに継承していただき、単に日本だけではなく、今回は世界で活躍しているかたも表彰されましたが、この伝統をさらに広げて頂き、政府では安倍総理をはじめ、積極的な平和外交というものを日本の外交の基本において、世界の隅々まで活動を広げて頂いておりますが、それに呼応するように、我々国民一人ひとりもそういう気持ちを持って、世界のそれぞれの国の片隅というと語弊があるかもしれませんが、ご活躍いただき、今日受賞された皆様方には先導者としてこれからの日本の若者たちに伝統を引き継いでいただきく役割を担っていただきたいと思います。

厳粛な儀式の中で紹介された一人ひとりのご活動に、本当に感動をいたしました。これからもどうぞお元気で、皆様方の活動をお続けいただきたいのと同時に、重ねて申し上げますが、若い人たちに是非引き継いて頂けるようご協力をお願いし、世界から尊敬される安心・安全で未来豊かな日本国になって頂く。その礎の一つとして社会貢献財団が存在し、発展し続けることを心から願っております。

あまり話が長くなりますと、皆様お疲れでございましょう。ますは一杯やりましょう。

今日は私たちに本当に素晴らしい感動と勇気を与えていただきました。今日ご出席いただいた来賓の皆様も、表彰された方々の行為を真似するというと語弊がありますが、後から付いていこうではありませんか。私も一番後ろから付いて参ります。

おめでとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
「海の日」 [2017年08月14日(Mon)]
「海の日」


夏休み真っ盛りである。しかし気候温暖化のせいかことの他厳しい夏で、各地で集中豪雨が頻発しているが、体調に注意していただき、子どもたちにとって楽しい夏休みにして欲しいものである。

7月20日は世界唯一の「海の日」が祝日の日本。しかし、ハッピーマンデー制度で今年は7月17日が「海の日」となり、政府主催の「海と日本のプロジェクト」の総合開会式が、海運海事関係や子どもたちも参加して、晴海旅客ターミナルで開催された。

そこで思わぬ珍事があった。
総理大臣のメッセージの代読は通常、それなりの役職の方が壇上で読み上げるものだが、何と、女性司会者が壇上下の司会者席から読んだのである。各大臣のスピーチも型通りで、子どもたちへの話は皆無に等しかった。

そこで私は、即席で下記のような子供向けの挨拶をさせていただいた。

****************

「海と日本のプロジェクト」
―総合開会式 挨拶―

2017年7月17日
於:東京湾晴海客船ターミナル


ご紹介たまわりました日本財団の笹川と申します。よいこの皆さん、ようこそおいでくださいました。みなさんに「日本財団」といってもよくわからないと思いますが、2020年のオリンピック・パラリンピックでは、特に、障がいを持ったパラリンピックの選手を全面的に支援しています。また、オリンピック開催には9万人のボランティア活動をする人たちが必要ですが、そういう人たちを養成することも日本財団の仕事です。

皆さんのようにご両親に恵まれ、幸せな生活をされていらっしゃる方もいますが、不幸にして出来ない人もたくさんいます。また、難病に苦しみ、病気と闘っている子どもたちもいます。そういう人たちに勉強を教えたり、たとえ一時でも病院以外の施設で家族と一緒に楽しんでもらう。そのような活動もしている財団です。覚えておいてくださいね。

最近、北九州でも大雨が降りましたね。どうしてこんなに激しい雨が降るようになったんでしょうか。これも気候変動が原因といわれていますが、あまりにも地球上に人間が多くなりすぎ、たくさんのガソリンを使い、冷暖房を使用し、多くの熱を排出したため温度が上がってくるんですね。

南太平洋には小さな島がたくさんありますが、自分の住んでいる国自体が海の底に沈んでしまうという危険がある島もたくさんあります。海温が上がると魚がどんどん移動し、かつて沢山とれていたところでとれなくなったりしています。日本財団では世界中の学者と一緒に研究していますが、あと30年もすると日本の近くの海では、みなさんの好きなお魚がいなくなってきて食べられなくなることが心配されています。そんなことを想像できますか?

地球の三分の二は海です。海は、日本では「母なる海」といわれますが、それは全ての生き物が海の中から進化してきたからです。人間も何億年もかかって進化して今のような人間の姿になったといわれています。皆様方はお母さんが大好きで大切に思っているでしょう。それと同じように「母なる海」を大切にしてもらいたいのです。最近は皆さんの海に行く機会が少なくなってきているようですが、海は静かに悲鳴をあげて苦しんでいるのです。これ以上海を汚されたら魚が住めなくなりますよ。そんなことになると人間は生きていけませんよという悲しい声をあげているのですが、専門家の先生以外、誰も気がついていないのです。

世界の人口は70億人をこえましたが、日本は、先ほど大臣の先生方がお話しされたように、海がなければ生きていけない海洋国家なんですね。日本は世界でたった一国「海の日」が祝日となっている国です。お休みになっている国は世界194か国で日本だけなんですね。ただ少し残念なのは、海の日というのは7月20日と決まっていたのですが、少し昔に不景気なときがありまして、休みを増やして観光客を増やさないといけないということでハッピーマンデーと海の日をくっつけたんです。その時はそれでよかったんですが、今は外国からもお客さんがたくさん来る時代になり、もうハッピーマンデーは必要ないんです。ですから7月20日が海の日だと皆さん方や皆さん方の後輩にもちゃんと分かるようにしなければいけないと思います。来年の海の日はいつか、皆さん分からないでしょう。おじさんも分からない。それじゃいけない。世界で唯一海の日を祝日としている国ですから、これから国会議員の先生方にもお願いし、皆さん方の協力も得て海の日を7月20日に固定化したいと思っています。作るときは皆さん方のお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさん、みんな署名してくれて海の日をつくったのです。ですから、もう一度皆さんの力を借りて、7月20日を海の日の祝日とし、日本はきれいな海を保ち、世界でもっとも海を大切にしている国になってほしいと思います。

海に関わる仕事というのもたくさんありますね。今日は皆さん方に大きな船に乗ってもらいますが、船を作る会社もたくさんあります。そして自動車会社やいろいろな機械を作っている会社は、作ったものを大型船に乗せて外国に輸出しています。そして食糧は、日本はたった40%しか作ることができないんですから、60%は外国から輸入して船で運ばれてきます。

そういうことで、海は私たちにとって大変大切なものです。皆さん方大きくなったら、造船会社で船をつくるとか、船に乗って外国に荷物を運ぶとか、あるいは外国に輸出できるような商品を作るとか、何らかの形で海に関わる仕事をしてほしいですね。今日は海のことを大いに勉強してください。

日本財団は日本政府と一緒に、今日から全国で1,500の海についてのプロジェクトを行い、150万人が参加する予定です。皆様方の仲間にも浜辺でゴミ拾いをお願いしています。海や浜辺のごみ問題も深刻です。みんなで協力し、お相撲さんたちも手伝ってくれて一緒にゴミを拾い、その後お相撲さんときれいになった浜辺で相撲をとる計画もあります。全国で40以上の地方のテレビ局がみんな協力参加してくれて、海のことをみんなに知ってもらおうという企画がたくさんテレビに出ます。是非テレビを見てくださいね。勉強になるテレビですから。お母さんはあまりテレビは見てはいけないというかも知れませんが、海の日のテレビだけは見てください。そして、今日は大いに楽しんでください。

ありがとう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
8月9日(水) [2017年08月09日(Wed)]
8月9日(水)

7:20 財団着

9:00 イスラミック世界連盟会長(サウジアラビア王国元法務大臣)
    ムハンマド・アブドゥル−カリーム・アルイッサ博士

IMG_0306.JPG
アルイッサ博士


9:50 胡一平 日中友好基金室主任研究員
       
10:35 イラン外務次官 アラグチ氏 世耕経産大臣表敬

12:00 喜多悦子 笹川記念保健協力財団会長

15:00 アラグチ氏 杉山晋輔外務次官表敬

16:00 アラグチ氏 麻生太郎副総理表敬

19:30 レザー・ナザルアーハリ・イラン大使主催・夕食会

※明日から18日まで、夏季休暇を頂きます。
 ブログは掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国の小話」その134―長寿の秘訣― [2017年08月09日(Wed)]
「中国の小話」その134
―長寿の秘訣―


エレベーターホールで、男の子がアイスバーを食べているので、真冬なのに、健康を害するのではないかと心配して・・・
「こんなに寒いのに、体に悪いよ」と、声をかけた。

男の子は・・・
「心配ないよ。ぼくのお婆ちゃんは百三歳まで生きたよ」と答えた。

それでも気になって・・・
「アイスバーを食べて長生きしたの?」と聞くと・・・

「全然違うよ。余計な世話を一切焼かないから長生きしたんだ」

子どもの答えに納得して・・・
自分は何で急速に老けているかが分かったような気がした。

※中国では、余計なお節介をしない人が長生きすると考えられています。
つまり、アイスを食べる子は、余計な世話を焼く通りがかりの人に警鐘を鳴らしたわけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
8月8日(火) [2017年08月08日(Tue)]
8月8日(火)

7:20 財団着

9:00 スピーチ打合せ

10:00 浅野直広 テレビマンユニオン・プロデューサー

13:00 椎川 忍 日本ゲートボール連合会長

13:30 ダイバーシティインジアーツ事業打合せ

16:00 イラン外務次官 アラグチ氏 講演会 

17:30 アラグチ氏 会談 

18:15 歓迎レセプション 挨拶
このエントリーをはてなブックマークに追加
8月7日(月) [2017年08月07日(Mon)]
8月7日(月)

7:20 財団着

8:30 ミャンマー ミン・アウン・フライン国軍司令官 お見送り

12:00 カンボジア フン・セン首相との昼食会

15:30 大島美恵子 日本科学協会会長

16:00 栄野 大阪府万博誘致推進室事務局長
このエントリーをはてなブックマークに追加
「人命救助」―電話リレーサービス― [2017年08月07日(Mon)]
「人命救助」
―電話リレーサービス―


日本財団では、担当者の石井靖乃部長を中心に、聴覚障がい者の外国への留学制度や、香港中文大学においてアジア諸国の手話辞書の作成等々、長年にわたり地味だが有益な支援活動を行ってきた。

東日本大震災では、障がい者の死亡は健常者の2倍との報告もあり、障がい者への対応は今後の災害時での重要なテーマの一つになっている。

石井靖乃の主導により実施されている聴覚障がい者向けの電話リレーサービスも大切な支援の一つである。外国では、手話通訳者を仲介にした聴覚障がい者向け電話リレーサービスの費用は、政府あるいは一般人の電話利用者が負担している。日本も1人1円負担していただければ無料になるが、所管官庁の対応は冷たいものであった。

仕方なく、現在は日本財団が約5千人の聴覚障がい者のために、一年間に約2億円の通訳費用を負担し、サービスを実施して好評を得ている。いずれ、政府あるいは電話利用者の負担で全ての聴覚障がい者が利用できるよう政府に働きかけて行きたいと考えているが、まずは魁より始めよで、実践活動を重視する日本財団では、当初、事務所内に通訳者を配置し、電話リレーサービスを開始した。それから6年近くになる。

「去る6月3日、愛知県沖の三河湾で聴覚障がい者4人が乗ったボートが転覆。うち1人が電話リレーサービスを使って沖縄県にある通訳事業者へ「118に連絡してほしい」と通報した。緊急通報は地域によってつながる保安署が異なるため時間がかかると判断した通訳オペレーターは、遭難者に位置情報を確認の上、名古屋海上保安部に直接連絡。「4時間後に4人は無事に救出された」とニュースは報道した。

これを受けて国会でも論議が展開された。塩崎厚労大臣も働き方改革の手段として活用すると前向きの姿勢で野党の質問に答えていた。一億層活躍時代は安倍内閣の重要政策である。健常者や女性ばかりではなく、様々な障がいを持つ方々が社会で活躍されることもこの政策に含まれていると確信している。

今回の聴覚障がい者電話リレーサービスも本来、行政が行う事業である。社会問題を発掘してその解決のモデルケースを実践・成功させ、政府・行政の政策・立案の参考にしてもらうのが我々の戦術であり、願わくば、政府・行政の協力を得たいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月5日(土)・8月6日(日) [2017年08月06日(Sun)]
8月5日(土)

8:30 東京発
    ミャンマー ミン・アウン・フライン国軍司令官と関西へ

11:03 新大阪着

11:30 昼食

12:50 ダイハツ池田工場視察

17:00 麻生副総理主催・夕食会 於:京都迎賓館


8月6日(日)

9:30 ホテル発

10:00 金閣寺

11:56 京都発

14:13 東京着

15:00 ホテル着

18:15 屋形船着

18:30 夕食会 於:屋形船
このエントリーをはてなブックマークに追加
8月4日(金) [2017年08月04日(Fri)]
8月4日(金)

7:30 ミン・アウン・フライン国軍司令官とゴルフ

17:00 安倍総理とミン・アウン・フライン国軍司令官の会談に同席

DSC_7077.JPG
ミン・アウン・フライン国軍司令官、安倍総理と会談


18:00 ミン・アウン・フライン国軍司令官との夕食会
このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国の小話」その133―役人とは?― [2017年08月04日(Fri)]
「中国の小話」その133
―役人とは?―


朝  起床して太極拳をする。

午前 会議に出て居眠りをする。

昼  ランチで大食いをする。

午後 仕事しながらあくびをする。

夕方 残業という名目でトランプをする。

夜  娯楽と称して、密かに発砲の練習をする。

深夜 帰宅して夫婦喧嘩をする。

それにも関わらず・・・

給料は少ないが、貯金は多い。

賭けの腕はいまいちだが、勝ちは多い。

スピーチは下手だが、拍手は多い。

文章は書かけないが、発表記事は多い。

外国語はしゃべれないが、海外出張は多い。

学歴は低いが、肩書きは多い。

食べる量は少ないが、脂肪は多い。




このエントリーをはてなブックマークに追加
| 次へ