CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「受動喫煙防止法」その1―反対が多い自民党重鎮― [2017年03月27日(Mon)]
「受動喫煙防止法」その1
―反対が多い自民党重鎮―


受動喫煙の防止に向けて厚生労働省が進めている法律整備が、自民党などの反対で壁に突き当たっている。受動喫煙に関しては2014年時点で49カ国が病院や飲食店などを「屋内全面禁煙」とするなど世界的な対策が進んでいるのに対し、わが国は2003年施行の健康増進法が施設管理者に受動喫煙対策を課しているものの、あくまで努力義務に留まり、WHO(世界保健機関)から「世界最低レベル」との指摘を受けている。

WHOなどによると、受動喫煙により世界では年間60万人、日本では1万5000人が死亡しているとされ、IOC(国際オリンピック委員会)もWHOと共同で「たばこのないオリンピック」を推進しており、日本は2020年の東京五輪・パラリンピックの招致に成功した時点で、受動喫煙対策の徹底を国際的に公約したことになる。

このため厚労省では、小中学校や医療機関を最も厳しい「敷地内禁煙」、福祉施設や官公庁を「屋内禁煙」、飲食店やホテルに関しては「原則建物内禁煙」とし煙が外に出るのを防ぐ喫煙室の設置を認め、悪質な違反に関しては罰金を課す方向で健康増進法の改正作業を進めてきた。

これに対し自民党の「たばこ議員連盟」(会長:野田毅前党税制調査会長)は、3月7日に臨時総会を開き、「たばこは禁止薬物ではなく、合法的な嗜好品だ」、「小さな店で喫煙室を設けるのは不可能で、廃業に追い込まれる」などとして、ほとんどの施設で喫煙専用室の設置を認める「分煙案」を打ち出し、屋内禁煙を柱とする厚労省案と対立したまま法案提出の目途は立っていない。

「たばこ議員連盟」には自民党の衆参両院議員280人が名を連ねる。たばこ関連の国会議員の集まりとしては「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(会長:尾辻秀久元厚生労働相)、自民党の「受動喫煙防止議員連盟」(会長:山東昭子元参院副議長)があるが、たばこ議連の圧倒的な数の前に、多勢に無勢で勝負にならない。

当の国会は今、衆参両院の予算委員会とも森友学園問題一色である。予算委員会は本来、内閣が提出した予算案を審議するする場だが、実際は国民の暮らしに関連する全てのテーマが審議の対象となり、本会議に次ぐ花形委員会としてNHKの中継もある。

森友問題の不可解な経過からも、国会でも真相が解明される必要があるが、国民の生活を左右する来年度予算案の審議がおろそかにされてはならない。同時に受動喫煙問題は国民の健康に直接、関係するテーマであり、受動喫煙防止に向けた法の整備は急務である。

新聞各社の社説も、以下の見出しのように飲食店など小規模店舗の扱いに多少の温度差があるものの受動喫煙の防止を強化する点で、ほぼ足並みが揃っている。

2016年10月16日 朝日「受動喫煙防止 屋内全面禁煙をもっと」
2016年10月23日 読売「国際水準の対策を目指そう」
2017年2月20日  朝日「受動喫煙防止 命を守る視点を第一に」
2017年2月22日  毎日「受動喫煙、屋内全面禁止を原則に」
2017年3月6日  産経「厳格な分煙に歩みを進めよ」

少し古いが、ここに2014年2月20日現在の自民党たばこ議員連盟の名簿がある。法案に反対する“喫煙派”の中核組織でもあるようで、名簿を見る限り、そうそうたる顔触れである。名前が記載されいるものの、内心は絶対反対ではない先生方もおられると思うが、以下、あえて主な先生方のお名前を記載させていただく。減私奉公、国家・国民のために議案提出に協力していただきたく考える。

自由民主党たばこ議院連盟役員名簿
(2014年2月20日現在)

会長    野田 毅   熊本2区   当選15回
顧問    麻生 太郎  福岡8区   当選12回
      高村 正彦  山口1区   当選12回
      谷垣 禎一  京都5区   当選12回
      伊吹 文明  京都1区   当選11回
      大島 理森  青森3区   当選11回
      額賀 福志郎 茨城2区   当選11回
副会長   石破 茂   鳥取1区   当選10回
      石原 伸晃  東京8区   当選9回
      山口 俊一  徳島2区   当選9回
      岸田 文雄  広島1区   当選8回
      塩谷 立   静岡8区   当選8回
      高市 早苗  奈良2区   当選7回
幹事長   山田 俊男  参議院比例  当選2回
幹事長代理 金子 恭之  熊本5区   当選6回
      長島 忠美  新潟5区   当選4回
幹事    竹下 亘   島根2区   当選6回
      谷 公一   兵庫5区   当選5回
      大塚 高司  大阪3区   当選3回
      塚田 一郎  参議院新潟  当選2回
      中川 雅治  参議院東京  当選3回
事務局長  坂本 哲志  熊本3区   当選5回
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月24日(金 [2017年03月24日(Fri)]
3月24日(金)

7:20 財団着

9:00 「スポーツアワード」打合せ

10:00 「日本財団夢の奨学金」第2期生
 
11:00 工藤栄介 笹川平和財団参与

11:45 韓国 全女史

13:00 東日本大震災支援事業打合せ

13:30 鳥取出張打合せ

14:00 産経新聞 久保田るりこ様

14:30 ヤン・C・キム ジョージ・ワシントン大学名誉教授

15:00 遊行社モルゲン編集部 本間千枝子様

15:40 高木雄次 笹川平和財団顧問

16:10 飯島 勲 内閣参与

16:40 浜田 宏一 内閣参与

18:00 図書30冊挑戦者食事会
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ちょっといい話」その78―英文投稿― [2017年03月24日(Fri)]
「ちょっといい話」その78
―英文投稿―


世界で月間2億の視聴回数を誇るアメリカの有力インターネット新聞「ハフィントンポスト」から、顧みられない熱帯病の中の一つ、「ハンセン病」についての英文での投稿依頼がありました。

今年中に20本ほどのハンセン病に関する啓発記事を書かせていただきます。

第一弾を投稿しましたので、ご笑覧の上、ご批判、ご指導をお願いします。

"José was sent away, banished to an institution. Not to a Nazi concentration camp or a prison, but ...."


このエントリーをはてなブックマークに追加
「ちょっといい話」その77―マグロの養殖― [2017年03月24日(Fri)]
「ちょっといい話」その77
―マグロの養殖―


日本財団は、世界人口100億人時代を指呼(しこ)に、人類の生存に関する海洋の諸問題解決のために、40〜50年後を見据え、世界中から優秀な人材を集めて養成している。特に漁業問題では、乱獲、不法操業、海の酸性化などによる魚類の減少は大問題である。

既に中国の渤海湾には魚類はほとんどいなくなり、豊かな漁場であった西アフリカの海も乱獲が激しく、漁獲量は激減している。

一昨年、日本財団は記者会見で、「日本の沿岸は急速な酸性化で蝦、蟹の甲殻類、それに貝類のほとんどはいなくなり、30年後は寿司が食べられなくなるだろう」との警告を、世界の海洋学者と共に発表したことがある。また、クロマグロは乱獲で親魚の数が漁業本格前のたった2.6%にまで急減。2014年に「絶滅危惧種」に指定された。

11月25日の日経新聞は、「クロマグロ魚日本矢面に、違反操業発覚、欧米、一段の反発必至」との長文の記事を掲載した。今回の事件は長崎県対馬市で、漁船16隻が承認を受けず34カ月にわたり約12トンを水揚げした事件のことである。このことは、日本の漁業に対する対応について、国際的に批判の的にされかねない。慎重かつ大胆な対応が望まれる。」とあった。

どうも最近、本題よりも前書きが長くなる傾向があり、反省はしているが改善されておらず、読者の迷惑そうな姿が目に浮かぶ。

今から40年ほど前、亡父・笹川良一は、いずれ日本は魚の取りすぎ、特にマグロ好きで国際社会から批判を浴びる時期が訪れる。したがって、今からマグロの養殖を研究して実現しようではないかと、学者たちを集めて研究を依頼したことがあったが失敗に終わったようだ。現在は近畿大学でマグロの養殖に成功し、このせいか、近畿大の入学志望者が日本一になったことは既に読者の知るところである。

ただ、笹川良一の当時の考えはスケールが大きく、養殖の稚魚の頭に「日の丸」のシールを張って放流する。そうすれば世界中で成魚となって外国の漁船がマグロを捕獲した時、日本が放流したマグロだと感謝される。何時も30年後、50年後を考えて仕事をしろ。今日、明日、今年一年を考えて仕事をする人はいくらでもいると、よく説教されたものである。

冒頭の海洋に関する人材養成プログラムは、そのような笹川良一の哲学に基づいた活動である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月23日(木) [2017年03月23日(Thu)]
3月23日(木)

7:20 財団着

8:00 記者懇談会に関する打合せ
              
9:00 スピーチ打合せ

10:30 加藤創太 東京財団常務理事

11:50 大野修一 笹川平和財団理事長

13:00 特別ソーシャルイノベーター審査報告

14:20 ブラジル・アルゼンチン太鼓ジュニアチーム

17.03.23 ブラジル太鼓ジュニアチーム (1).JPG
ブラジルでも和太鼓は人気です!

            
15:00 高田和昭 NHKエンタープライズ専務

16:00 日本財団日系スカラーシップ卒業生報告会

17.03.23 日系スカラー (1).JPG
記念撮影


このエントリーをはてなブックマークに追加
3月22日(水) [2017年03月22日(Wed)]
3月22日(水)

7:30 成田着

16:20 財団着
    書類整理、打合せ

18:30 退室
このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国の小話」その118―増税と脱税― [2017年03月22日(Wed)]
「中国の小話」その118
―増税と脱税―


ある企業経営者が、宴会場で税務局長さんに「今の税負担は重すぎて、真剣に税金対策を考えざるを得ない」と愚痴をこぼしたら、税務局長は「税率が高いことは重々承知している。内緒の話し、これは国家の策略だよ。皆さんに脱税させて、終始違法状態に置くのが目的なんだ。体制に反発し、共産党の言うことを聞かないときに、何時でも経済犯罪の名目であなたたちをやっつけるためだ。」
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月21日(火) [2017年03月21日(Tue)]
3月21日(火)

7:30 朝食

12:30 関係者との昼食

14:30 ヘンク・ベケダム(Dr.Henk Bekedam)WHO代表

@ベケダムWHO代表.JPG
ベケダムWHO代表


15:00 ミシュラ(Dr.C.K.Mishra)保健次官

Aミシュラ保健次官.JPG
ミシュラ保健次官


15:50 EFE News Agency(スペインの通信社)インタビュー

Bインタビュー後の撮影.JPG
インタビュー後の撮影


17:00 ジャグディッシュ・プラサッド(Dr.Jagdish Prasad)保健副大臣

Cプラサッド保健副大臣(中央)とクマールハンセン病担当局長と.JPG
プラサッド保健副大臣(中央)とクマールハンセン病担当局長


17:30 CFTV社長・ボーカー氏(India International Centerにて)

DCFTV社長・ボーカー氏と.JPG
ボーカー社長


19:00 ニューデリー空港着

20:50 ニューデリー発
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月20日(月) [2017年03月20日(Mon)]
3月20日(月)

7:00 朝食

10:30 ジャミール(Dr.S.C.Jamir)オディッシャ州知事

@ジャミール州知事.JPG
ジャミール州知事

A全ての要人面談にはインドハンセン病回復者協会(APAL)リーダーたちも同席.JPG
全ての要人面談にはインドハンセン病回復者協会(APAL)リーダーたちも同席


11:10 アディタ・プラサド・パディ(Mr.Aditya.Prasad Padhi)オディッシャ州主席事務次官

B.JPG
左から、ナルサッパAPAL会長、パディ主席事務次官、オディッシャ州APALリーダーのウメシュ氏


11:50 ナビーン・パクナイク(Shri Naveen Patnaik)オディッシャ州首相

Cパクナイク州首相.JPG
パクナイク州首相


12:20 プラディップ・クマール・アマット(Dr.Pradip Kumar Amat)オディッシャ州財務兼保健家族福祉大臣

Dアマット州財務兼保健家族福祉大臣.JPG
アマット州財務兼保健家族福祉大臣

E大臣にオディッシャ州ハンセン病状況についての資料を手渡すウメシュ氏.JPG
大臣にオディッシャ州ハンセン病状況についての資料を手渡すウメシュ氏


12:50 昼食

14:00 ミナト・ベヘラ(Dr. Minato Behera)オディッシャ州障害者問題委員会委員長 

Fベヘラ州社会保障・障害者問題担当次官.JPG
ベヘラ州障害者問題委員会委員長


15:00 ニッテン・チャンドラ(Mr. Niten Chandra)オディッシャ州社会保障・障害者問題担当次官

Gチャンドラ州障害者問題委員会委員長 .JPG
チャンドラ州社会保障・障害者問題担当次官

 
16:30 記者会見

H記者会見.JPG
記者会見

I記者会見で今回の活動報告をする.JPG
今回の活動を報告

J地元のメディアが多く出席.JPG
多くの地元メディアが出席


18:45 ホテル発

19:10 ブバネシュワール空港着

21:10 ブバネシュワール発

23:20 ニューデリー着

24:30 ホテル着
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月19日(日) [2017年03月19日(Sun)]
3月19日(日)

7:00 朝食

8:50 ホテル発、デンカナル(Dhenkanal)地区へ車移動約2時間

10:50 デンカナル地区・ベルティキリ(Beltikiri)のコミュニティヘルスセンター着

11:00 アッシャーと呼ばれるボランティアワーカーやヘルスワーカーたちとの会合

@ボランティアワーカーたちとの会合にてて挨拶.JPG
ボランティアワーカーたちとの会合にて挨拶

A多くのメディアが取材に来ました.JPG
多くのメディアが取材に来ました

Bアッシャー(中央)と彼女が見つけた患者さんと.JPG
アッシャー(中央)と彼女が見つけた患者さんと


12:30 メディアインタビュー

Cメディアの囲み取材を受ける.JPG
メディアの囲み取材を受ける


13:00 昼食

14:00 デンカナル地区にある病院のハンセン病病棟訪問

14:15 ブパネシュワールへ車移動約2時間

16:15 ラムクリシュナパリー(Ramkrishnapally)ハンセン病コロニー訪問

Dラムクリシュナパリー・ハンセン病コロニー訪問.JPG
ラムクリシュナパリー・ハンセン病コロニー訪問

E住民のみなさんにご挨拶.JPG
住民のみなさんに挨拶

F喧嘩をするという夫婦の仲裁役をしました.JPG
喧嘩している夫婦の仲裁役をしました

G住民も大笑い.JPG
住民も大笑い


17:00 ホテル着

19:00 クマール中央保健省ハンセン病担当官、インドハンセン病回復者協会(APAL)メンバーとの夕食
このエントリーをはてなブックマークに追加
| 次へ