CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
新着情報
修業日記(2014年8月20日) 2014年08月22日(Fri)
和の家を卒業しました(ひわだや修業番外編) 2014年08月07日(Thu)
修業日記(2014年8月6日) 2014年08月07日(Thu)
修業日記(2014年7月21日) 2014年07月24日(Thu)
7/17 修業第5弾 2014年07月17日(Thu)
修行日記(2014年7月14日) 2014年07月15日(Tue)
修業日記(番外編) 2014年07月10日(Thu)
6/27 修業第4弾 2014年06月30日(Mon)
6/18 修業第3弾 2014年06月23日(Mon)
6/14 包丁研ぎ講習会 2014年06月17日(Tue)
修業日記(2014年8月20日) [2014年08月22日(Fri)]

小雨が降る天気で作業しやすかった。
それでも汗をかくので水分補給をしながら。

作業内容:綴り皮
皮を包丁の尖った部分を使って繋げる動作を早くすることが目標だった。
これまでの包丁で繋げる時の音のリズムを「コツ(ツー)コツ(ツー)コツ(ツー)コツ」から、「コッコッコッコッ」になるように心掛けてやった。

午後1時から4時までの3時間で1把作ることができた。

140820hiwadaya.JPG

今回の作業で、洗い皮で1把分必要になる余裕の量を精製するのに約5時間必要なことも分かった。(この時間を短縮することも、これからの目標になる)
自分がどのくらいの時間で出来るかの目安がみえてきた。

次回は4把を1束にする結束と、新たに1把作るための洗い皮作業。


担当:オカムラ

和の家を卒業しました(ひわだや修業番外編) [2014年08月07日(Thu)]

5月から修業を始めていた江草です。
この度、修業の方が3ヶ月で終了しました!

予定として1年後に和の家にて一人親方をする予定でした。
しかし、家庭の諸事業にて働かざるえない方向へ・・・
師匠に相談したところ8月からひわだやにて働かないか?とお誘いがありました。
悩みましたが良いチャンスかなと思い、今はひわだやにて一人親方をさせていただいてます。

来年の4月頃をめどに10束を作って晴れて卒業が、2束での卒業!
どんだけ飛び級だよって感じですね。

現在は週4日8時間 1日1把ペースです。 3ヶ月で随分上達しました。 
自分でも驚きです! 隠れた才能?
これも今までに色々な仕事をしてきた中で、一つ一つの経験が全てパズルのピースみたいに上手く当てはまったからではないでしょうか。

つきましてはこの度、和の家を卒業することになりました。
今現在こうして働けるのも和の家のスタッフ及び色々な方のお蔭です。
本当に有り難うございました。

担当:江草
修業日記(2014年8月6日) [2014年08月07日(Thu)]

曇りで作業しやすかった

作業内容:洗い皮

山口県柳井市内の桧木からで採られた皮を精製

あらかじめ綴り皮に使用する長さ2尺5寸(約75.75センチ)に切り揃えてあるので、木口を切り揃える作業がなく楽だった

次回、金曜日に綴り皮、1把できあがるのが目標

担当:オカムラ
修業日記(2014年7月21日) [2014年07月24日(Thu)]

梅雨も明けて、夏の季節の中での作業

今日の作業:綴り皮

桧皮拵えで使う道具 作業台「あて
今回、その作業台の保守のやり方を習った

hiwadaya140721-1[1].jpg
「あて」の表面を電気カンナで削る

hiwadaya140721-2[1].jpg
削った後の表面

削られたの表面を見て、気持ちも新たにして修業をやっていこうと思った

担当:オカムラ

7/17 修業第5弾 [2014年07月17日(Thu)]
1束完成!

ようやく1束が完成しました。
修業を始めて3ヶ月 長かった・・・

始めに作った時に比べれば随分上達しましたが1把に5時間かかる。日々早くはなってはいるが・・・ 師匠は1日で1束! まだまだだ。 

結束の仕方を教わってようやく完成!
hiwada_egusa140716.jpg

洗い皮に新たな皮が導入! 

桜井皮に8〜10年物なる黒皮が登場! 見た目 黒い
始めから2尺5寸の為、後は剥がして整えるだけ。 皮が固い為に剥がしにくいが、1枚きれいに取れる。 いちばん上の皮まで使える。
申し分ないが単価が高いとの事。 大事に使わなければ。

担当:江草
修行日記(2014年7月14日) [2014年07月15日(Tue)]

洗い皮作業
暑さもそれほどでなく、作業しやすかった。

作業終わりに、洗い皮したものを師匠や弟弟子に見てもらったところ、加工した皮の幅が全体的に細いことが分かり、基本として「大事な幅を広い皮をとる」という基本を忘れていたことに気がつくことができた。

数ヶ月やってきて、それなりに洗い皮はできていると思っていた自分にはショックなことだった。
しかしここ数週間、作業で一つの事を修正すると、それまで憶えていたことを忘れてしまっているな…という思うこともあった。
例えるなら、テーブルの上に「洗い皮についての色々な経験」が置いてあるとすると、その中の一つの間違ったやり方を変える為に「不必要な経験」をテーブルから取り除くと、必要な経験までテーブルから転がり落ちてしまっているような感じ。

「(教えてもらったのに)忘れてしまっていた」というと、師匠からは「(修行を始めてから)まだ2束(1束)も作ってないのだから」と言ってもらった。

作業を終えて、帰宅してからも思い悩んでいた。
「前に教えてもらったのに、忘れてしまった(思い出せない)」
このセリフをどこかで聞いた事があると思った。
それは、家族や知り合いにパソコンを教えているときに、相手からでるセリフそのままだった。今日までは、彼らがこのセリフをいうときにどんな気持ちなのか全く想像も付かなかったが、今ならよく分かる。

自分にとっては、パソコン経験の少ない人達がこのセリフを言うのは当たり前だと思っていて、その人達によく自分が言うのが「毎日のようにパソコンを触ってないのだからそれが当たり前ですよ、普通ですよ」と言う事がある。

ひわだ拵えが上達しないことの言い訳に、重たい包丁をつかった仕事は自分に向いていないのではないか?机に座ってパソコンのマウスくらいの軽さのものを使う仕事しか自分にはむいてないと思うことが度々ある。

しかし、自分のパソコンの経験を思い返すと20年以上。遊びに使うにしろ仕事に使うにしろ、それだけの経験を積んでいる。

それに比べてひわだ拵えは数ヶ月、修行日数だけなら数十日しかなっていない。
今の段階で向いてる向いてないということ自体愚問かもしれない。

結局は経験を積まなければ、という結論にたどり着いた。

担当:オカムラ


修業日記(番外編) [2014年07月10日(Thu)]

日々修業をしていくうちに作業工程を目に見える形にしたくて、フローチャートにおこしてみることにしました。

今回は、「洗い皮」についての作業フローチャートです。

araikawa_chart.jpg

工程を書き起すことで、自分のかかえている課題が分かりやすくなりました。

今後も、綴り皮結束などのフローチャートを作る予定です。

担当:オカムラ
6/27 修業第4弾 [2014年06月30日(Mon)]
ようやく2把完成!

今日は前半に洗い皮と後半に綴り皮をしました。
洗い皮は桜井皮の状態がよく、どれも綺麗に剥がれました。
前の皮は剥がしても細い皮しか取れなかったり泣きましたが、今回の皮は大きな皮が
沢山取れます♪ みなさん、やりやすいと。

hiwadaya_egusa1406.jpg

ある程度たまったので、午後から綴り皮に・・・

洗い皮がとても良く出来たため、3〜4枚で一枚(大きい皮ばかり選んで作ったため
後に細い皮が残るが・・・)
本日は、木口を綺麗に落とせたため僅か1時間で15枚完成!
1日や半日掛かっていたが時間短縮♪ 覚醒?わーい(嬉しい顔)

hiwadaya_egusa14627-2.jpg

後は前に作っていた15枚と合わせて1把完成! これで2把に♪

担当:江草
6/18 修業第3弾 [2014年06月23日(Mon)]
綴皮(長平

今日は先日に引き続き長平制作です。

まずは先日

長平を初めて作りました。8寸と違い長いぶんこつきも多く難度は高めです。
先週のこつきの練習の成果もあり、皮自体うまくくっつきました。
木口を切りそろえるのもミラクル連発! 大体1回で成功。(みなさん此所
で苦戦してます)

師匠曰くニュータイプらしい。 お褒めにあずかりました。
初日にしては25枚となかなかの出来でした。

本日

今日は師匠が不在の中での制作!
こつきは上手くいくのですが、本日は木口に悪戦苦闘。どうしても斜めに傾く。
修正・打ち直しと、短くなるばかり。 そう上手くいかない。 先日のミラクル
が嘘のようwww 13枚と先日の半分。 
hiwadaya623.jpg
先日とあわせてようやく いちわ 完成!
あとは木口さえ上手く切れれば・・・。

担当:江草
6/14 包丁研ぎ講習会 [2014年06月17日(Tue)]
包丁 研ぎ講習

今日はひわだやにて市内から研ぎ師の方に来てもらっての講習会に参加しました。
まずは、ボードを使っての説明がありました。
hiwadaya140614.JPG

砥石はキングの(粗砥ぎ・中研ぎ・仕上げ)を用意!(2店舗はしご)
今回は中研ぎを使いました。

始めに箱に水を入れ、砥石に水を吸わせます。
砥石を固定用の板に乗せます。(修行仲間お手製)

包丁を刃の角度に当てて研いでいく。すると研ぎ汁が出る。(どうやらこ
の汁で研いでいるらしい)
しばらく研ぐと裏に反しがでてくる。
反しがでたら裏返して、垂直に当てて研ぐ。反しが無くなれば終了。

仕上げも使えばもっと綺麗に!


筆者は家でも早速、包丁を研いでみました。(こちらは両刃ですが・・・)
トマト切れやす〜

担当:江草
Copyright (c) 特定非営利活動法人支えてねットワーク All Rights Reserved.