CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人 支え合う会 みのり
NPO法人支え合う会みのりは、住み慣れた地域に安心して住み続けたいと望んでいる高齢者の問題を自分のこととして考え、在宅福祉サービスの一端として、食事中心の支援活動を行っています。
東京都稲城市に拠点をおいて、次のような活動に取り組んでいます。

・配食サービス(矢野口の調理場で月〜金までの週5回)
・訪問サービス
・会食会サービス (公共施設7会場で月に延べ9回)
・クッキングクラブ梨穂
・ミニデイサービス『たまりば』 (矢野口の拠点にて)
・稲城市委託事業(高齢者食生活改善事業・介護保険地域支援事業通所型介護予防事業)
・広報活動

住所:〒206-0812 東京都稲城市矢野口364-3 (JR南武線・矢野口駅前)
電話:042-378-8757 (月〜金 10:00〜18:00)
FAX:042-379-1234
Eメール:minori1973アットマークenergy.ocn.ne.jp ※アットマークの部分を@に直してご送信ください。

【募集中】
私達と一緒に活動していただける配達スタッフ・会食会ボランティアを募集しています!
皆さんの温かな心が地域力に変わります!お問い合わせはみのりの事務所までお電話下さい。 
« 第11回上級救命講習を実施 | Main | 夏ボランティア体験(第二文化センター会食会) »
「支え合う会みのり」の紹介

特定非営利活動法人 支え合う会 みのりさんの画像
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ別記事
最新記事一覧
月別記事
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
http://blog.canpan.info/sasaeaukai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasaeaukai/index2_0.xml
タグクラウド
取材day(週刊東洋経済&高齢者住宅新聞)[2012年08月16日(Thu)]
IMG_0734.JPG

昨日は
週刊東洋経済(東洋経済新報社)と高齢者住宅新聞社
2社の取材を受けました。

週刊東洋経済は岩間先生著書「フードデザート問題」より、
高齢者住宅新聞社は7月に開催された「全国食事サービス活動セミナー」より、
会の活動を知り、おいでになりました。ひらめき

みのりの「食」に関わる活動がメディアから伝えていただけることで、
モチベーションが高まる思いですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) 発行が楽しみでするんるん

取材場所は第二文化センター会食会会場
記者の方々も共に参加し、楽しい会食会となりました。

★カリフォルニアロール3種 ★シュウマイ2種 ★夕顔のずんだ和え
★ゴーヤと茄子の味噌炒め ★南瓜スープ ★西瓜&メロン
IMG_0690.JPG

◆週刊東洋経済の記者の方 「美味しいですね♪」
IMG_0695.JPG

◆高齢者住宅新聞社の記者の方
IMG_0693.JPG

「憧れのハワイ航路」の曲に合わせた体操〜
IMG_0703.JPG

◆これぞ日本の夏晴れ 8月恒例の盆踊り
IMG_0712.JPG

◆会食会後、みのり拠点でインタビューを受けました
(週刊東洋経済)
IMG_0727.JPG

 メール お弁当の献立夕顔のずんだ和えは夏の一品!
 ボランティアの小池農園の夕顔の話は〈2011年10月号 会報みのり〉
 むだなし台所〜手間ひまかけて育てる野菜〜 に掲載しています。 
 会報みのりカテゴリから、バックナンバーをご覧になって下さい。
  
Posted by 支え合う会みのり at 07:47 | ニュース | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sasaeaukai/archive/541