CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【表彰情報】「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞受賞候補者 推薦のお願い [2019年06月30日(Sun)]

jyosei.jpg


大変度:☆☆☆

1.助成元


(公財)パブリックリソース財団


2.表彰金額


大賞 賞金100万円

3.締切日

2019年7月31日


4.対象分野


地域社会、子どもの貧困、大災害、超高齢化社会など

5.対象


地域社会における暮らしの質の向上や、誰もが安心して暮らせる社会的企業等の女性リーダー


6.対象活動



・社会から疎外されがちな人を、孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、社会の構成人として包み支えあう活動

・地域社会のもつ様々な資源を掘り起こして活用し、地域に新たな経済循環や雇用を生み出す活動


7.募集URL


https://jwliccja.org/

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】先進的な空き地対策の二次募集を開始! 〜専門家やNPO等による取組を支援します〜 [2019年06月29日(Sat)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


国土交通省

2.最大金額(1件)


記載なし

3.締切日時


2019年7月25日12:00

4.分野

まちづくり、地域安全

5.対象

(1)NPO団体や民間事業者
(2)大学、専門家等により構成される団体等
(3)地方公共団体(ただし、(1)または(2)と連携した取組を優先的に選定。)
 ※(1)、(2)については自治体からの推薦が必要。

6.内容

1.対象となるモデル調査  
 本格的な人口減少社会を迎え、有効活用されずに放置される空き地が増加傾向にあります。このような空き地への対策に関し、NPO団体や民間事業者、法務や不動産の専門家、市区町村等が単独もしくは連携して行っている下記のような先進的な取組に対し、国がその実施に要する費用の一部を国の直轄調査を通じて支援します。
 支援を通じて得られた成果を公表し、全国の自治体等への取組の展開を図ることで、空き地の有効活用、適正管理を促進します。

(1)対象区域又は対象とする土地における空き地、空き地の所有者、関係権利者等の状況把握
 (2)関係法令・事例等の整理、取組スキームや運用方針等の作成
 (3)近隣住民等との勉強会、合意形成の取組
 (4)実際の空き地に適用して適正管理や利活用する試行的な取組   等
  ※二次募集においては、特に(4)の取組に係る提案を優先的に評価します。

7.募集URL

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000126.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】令和元年度 高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成 [2019年06月28日(Fri)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


(公財)車両競技公益資金記念財団

2.最大金額(1件)


90万円

3.締切日


2019年7月19日

4.分野

保健・医療・福祉

5.対象

NPO,NPO法人他

法人格の有無、設立からの年数
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。

6.内容

高齢者と障害を持つ人たちに対する、社会福祉のボランティア活動を積極的に支援推進し、こころ豊かな社会づくりの実現に寄与することを目的とする。


国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であって、次に掲げるボランティア活動に必要な各種器材の助成事業とする。

ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については助成の対象としない。
ウ.収益事業は助成の対象としない。                         
エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。

7.募集URL

http://www.vecof.or.jp/news/2019/05/post-5.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】2019年度 第一回 移民・難民支援基金 [2019年06月27日(Thu)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


公益財団法人パブリックリソース財団

2.最大金額(1件)


80万円

3.締切日


2019年7月16日

4.分野

地域安全、人権・平和、国際協力・交流、子どもの健全育成、その他

5.対象

NPO,NPO法人他

日本国内で外国籍、および外国にルーツをもつ人々への支援を行っているNPO法人等の民間非営利組織(法人格の有無は問わない)を対象とします。

6.内容

 本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々への支援を行っているNPO法人等の民間非営利組織に対し、資金助成をはかり、その活動を支援することを目的として、市民によって設立された基金です。

・多言語サービス事業、生活支援、メンタルヘルスサポート、電話相談
・日本語指導、学習指導
・災害時・緊急時対応、DV 救済、移住女性のエンパワメント
・差別や人権侵害を防ぐ活動
・法律支援、生活支援、定住支援
・留学生等在住外国人の就業・起業支援
・調査研究活動、政策提言・ネットワーキング など

7.募集URL

http://www.public.or.jp/PRF/news/dt_231.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【イベント情報】2019年道の駅から広がるエコツアー@西予市 [2019年06月26日(Wed)]
2019年道の駅から広がるエコツアー@西予市
「三滝渓谷・大地の恵みを歩く、味わう」
地域の農産物や伝統の味、加工品などが集まる道の駅。
道の駅の先にはどのような暮らしがあるのでしょうか。
人と自然との豊かな関わりを訪ねるツアーです。
⻄予市は⻄・宇和海から東・四国カルストまで、
海から1400bの多様な自然の成り⽴ちを誇り、
四国⻄予ジオパークに指定されています。
大地の成り⽴ちを目の当たりにできる、「ジオサイト」を訪ねるとともに、
風土に根差した産物を丹精込めて提供する生産者の皆さんと出会います。
※三滝渓谷では、昨年7月の豪雨災害による遊歩道の復旧工事が
まだ終わっておりませんが、今回はエコツアーという視点から特別な許可をもらっており、
安全に配慮しながら歩きます。
【日時】7月21日(日)9:30〜15:30
【対象】小学生以上(小・中学生は保護者同伴)
【定員】24人(先着順)
【参加費】大人(中学生以上)2000円、小学生1500円
【持参物】帽子、歩きやすい靴、飲物、筆記具、天候により雨具など
*****プログラム*****
【集 合】道の駅 きなはい屋しろかわ(駐車可)
(西予市城川町下相1008-1 TEL
0894-82-1100)
9:00 受付開始
9:30 ◆プログラムスタート★小型バスで移動
【三滝渓谷】
@次々と現れる滝と渕を散策
Aジオガイド同行のもと、地質や自然災害などの解説
【城川自然牧場】
ハムやウインナーの加工場の見学
【食堂ゆすかわ】
@昼食はトマトたっぷり、リコピンズランチ
A企業組合遊子川ザ・リコピンズの活動紹介
【トマトの収穫体験】
木成りの完熟トマトを丸かじり!お持ち帰りも
【道の駅きなはい屋しろかわ】
名物商品のご紹介
15:30 ◆終了、解散
★雨天実施。天候により内容を変更する場合があります。
********************
【お申込み】
★宛先 NPO法人森からつづく道
FAX:089-992-9152   E-mail:info@morimichi.org
★締め切り 2019年7月17日(水)必着
チラシの項目にご記入の上、FAXで送信するか、
同内容(お名前・年齢・性別・住所・電話番号・メールアドレス)をE-mailでご連絡ください。
【お問合せ】
NPO法人森からつづく道 TEL:089-992-9152、090-1579-6995(松井)
E-mail:info@morimichi.org
★ご提供いただいた個人情報は、当事業関係のご案内にのみ使用します。
★参加可否通知をお申込み受付後、代表者宛にご連絡します。
  (必ず連絡先を記入してください)
★この事業は、伊予銀行環境基金「エバーグリーン」の助成を受けて実施いたします。
【主 催】 NPO法人森からつづく道
【協 力】
道の駅きなはい屋しろかわ 四国西予ジオパーク推進協議会
遊子川地域活性化プロジェクトチーム

森からつづく道のHPにチラシ(詳細)を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
http://morimichi.org/

Posted by サポセンスタッフ at 10:24 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】住民参加型福祉活動資金助成 [2019年06月26日(Wed)]
jyosei.jpg

大変度:☆☆        

1.助成元


(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団

2.助成金額(1件)


30万円


3.募集時期

2019年7月19日


4.対象分野


地域、高齢者、障がい者、子ども、その他


5.対象/内容

NPO、NPO法人ほか

住民参加型福祉活動資金助成

・地域課題の解決に大きく貢献すること。

・地域における高齢者、障がい者、子ども等に関する複合的な生活課題への取組

・組織的かつ継続的に、ボランタリーな活動の取組


7.募集URL

 https://www.sjnkwf.org/jyosei/juminsankagata.html

  

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。


Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【イベント情報】第32回サイエンスカフェえひめのご案内(7/30開催) [2019年06月25日(Tue)]
第32回サイエンスカフェえひめ
「四国で見ることのできる動物たちと環境保全を考える」
動物達はマイペースに、人間の暮らしと関係なく暮らしているかのように映ります。
でも、実際には、人間生活のごく身近な所で彼らは息づいており、
環境汚染や環境破壊といった人間の身勝手な事情で、生活が脅かされる事も多々あります。
今回はこれまで撮影してきた動物の写真をご紹介しながら、
動物たちを取り囲む窮屈な現状についてお話します。
【日 時】令和元年7月30日(火)19:00〜20:30
【場 所】愛媛大学(松山市文京町3番)愛大ミューズ(ミュージアムがある建物です)
1F ミュージアム多目的室
【対 象】自然に関心がある人30人
【参加費】200円
◆話題提供 野見山 桂 さん
愛媛大学沿岸環境科学研究センター
 化学汚染・毒性解析部門准教授。2008年に愛媛大学沿岸環境科学研究センター助教として赴任、
2015年より現職。2013年より環境・動物写真家としても活動をスタートし、
2016年にSony WorldPhotographyAwardsで日本人初の最優秀写真家賞を受賞。
2018年に環境保護活動・講演に対し、第14回三浦保環境賞奨励賞を受賞、現在に至る。
専門は環境化学・環境毒性学・異物代謝学。野生生物に蓄積する有害な化学物質を対象に、
生態系汚染の実態解明、将来予測、リスク評価などの研究に従事。
◆お申し込みお名前、電話番号、e-mailアドレス(お持ちの場合)を明記の上、
下記の連絡先まで、e-mailあるいはFAXでお申し込みください。
NPO 森からつづく道 (松山市鉄砲町1-7)e-mail:info@morimichi.org
FAX:089-992-9152(ご提供いただいた個人情報は適正に管理し、当事業関係のご連絡にのみ使用します。)
主催:NPO 森からつづく道 後援:愛媛大学ミュージアム
★野見山先生が撮影された動物たちの素晴らしい写真を使わせていただいたチラシをHPに掲載しておりますので、
ご覧いただけましたら幸いです。http://morimichi.org/
Posted by サポセンスタッフ at 16:27 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 [2019年06月25日(Tue)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


自然保護助成基金


2.最大金額(1件)


100万円

3.締切日


2019712

4.分野

環境保全、NPO支援

5.対象

NPO法人ほか

自然保護のための,調査・研究や活動を進める能力のあるグループ【地域NPO活動枠】:地域に根ざした自然保護活動を3年以上行なっているNPO法人

6.内容

当助成は,以下の4つのカテゴリーで募集を行います.
A.
国内研究助成・・・日本国内における自然保護のための調査・研究
B.
国内活動助成・・・日本国内における自然保護のための普及・啓発活動
  地域NPO活動枠・・・日本国内の地域のNPOによる自然保護活動
C.
海外助成・・・海外の地域における自然保護のための調査・研究および普及・啓発活動
D.
特定テーマ助成・・・第30期のテーマ「『きたマップ』(北海道の環境保全活動のデータベース)を活用した北海道の自然保護に関する調査・研究および活動」
 (『きたマップ』とは?→
http://kitamap.net/

7.募集URL


http://www.pronaturajapan.com/foundation/pronaturafund/30pnfbosyu


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:02 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【表彰情報】第14回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの実施 [2019年06月23日(Sun)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


環境省

2.最大金額(1件)


50万円

3.受付期間


2019520日〜2019913

4.分野


環境保全

5.対象

NPO法人ほか

地方公共団体、民間企業、学校法人、商店会、町内会等の住民団体やNPO等の各種団体 等


6.内容


「みどり香るまちづくり」企画コンテストは、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取組を支援するため、「かおりの樹木・草花」を用いた、優れたまちづくりの企画を選定しようとするものです。
また、本年度は「特別賞」を創設し、上記に加えて東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた香り植物を用いた様々なまちづくりのアイデアを含めた企画を選定します。
*この特別賞の創設は、東京2020公認プログラム(街づくり)に認証されました。


募集企画の要件

 かおりの樹木・宿根草等草花を原則として30本以上用いて、街区や近郊地区等で「みどり香るまちづくり」を演出する企画を募集します。

7.募集URL


http://www.env.go.jp/press/106789.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで
Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】「日本山岳遺産」候補地申請 [2019年06月22日(Sat)]

大変度:☆☆     

1.助成元


日本山岳遺産基金

2.最大金額(1件)


記載なし

3.締切日


2019831

4.分野

まちづくり、環境保全、農山漁村・中山間地、その他

5.対象

NPO,NPO法人他

・特定の山もしくは山岳エリアにおいて、山岳環境保全・安全活動啓発など、当基金の目的に沿った活動を3年以上行っている団体
・支援対象事業の実施状況および予算・決算などの財政状況について、当基金の求めに応じ適正な報告ができる団体
・法人格を有する団体。または、これと同程度に社会的な信頼を得ている任意団体

6.内容



日本山岳遺産基金では、次世代に伝えたい「豊かな自然環境」や「人と自然の関わり」があり、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、その地域で山岳環境保全・安全登山啓発などの活動を行う団体

7.募集URL


https://sangakuisan.yamakei.co.jp/isan-kikin/entry.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ