CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
NPO法改正!どうすればいいの?( @o@;)〜Cみなし総会って何だ? [2012年04月06日(Fri)]
こんにちはモバQ
マネージャーの佐野です。
NPO法改正のこと、書くべきことが多くて大変です。

今回は、「みなし総会」についてご説明します。
今までは、総会は原則として、会議場に人が集まって行う必要がありました。
そのため、大きなNPOでは正会員が数百人入れる場所を用意しなければなりませんでした。

それを今後、「書面だけで総会をしたことにしてもよい」というルールに変更するのが、みなし総会です。

定款の第27条辺りをご覧ください。
「総会の議決」に関する事項があると思います。

ここに新たに
「理事又は社員が総会の目的である事項について提案した場合において、社員の全員が書面または電磁的方法により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決する旨の社員総会の決議があったものとみなす。」と記載します。

これで、みなし総会を開くことが可能になります。

ただし、この規定を運用するには、「社員全員の同意=賛成」が必要です。
ですから、総会資料を会員に送るなどしてきちんとした情報開示をするほか、
往復はがき等で賛否の投票ができるようにする必要があります。

イメージとしては、株主総会やマンション管理組合の議決権行使書がそれにあたります。
参考URL:マンションの管理組合の議決権行使書

これにより、どれくらい団体運営が楽になるのかは分かりませんが(賛成を集める手間が増えるかも)、
遠隔地にお住まいの会員が多い団体さんはご検討ください。
Posted by サポセンスタッフ at 09:41 | 運営のコツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ