CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
お客さんを支援者にしよう。 [2011年01月29日(Sat)]
こんにちは笑顔
事務局長の佐野です。

昨日はある団体さんへ、ヒアリングにお伺いしました。

松山市から南へ行ったところにある、砥部町の近くに事務所を構えておられる団体さんだったのですが、
原付で移動だったので道中が寒い!

移動するだけで、冷えて太ももが固くこわばってしまいました。


お昼ご飯は愛媛県ご運動公園内にある、
NPO法人家族支援フォーラムさんが運営する「クラブハウス夢家」ですませたのですが、
道中に予想以上に時間がかかり、結局最短でできる親子丼(370円)をかき込むことになりました。
(ホントは、もっとゆっくり食べたかったのですが)


さて、その団体さんから伺った、運営のコツをシェアリングしたいと思います。

その団体さんは子ども向けイベントプログラムを開催することが主たる事業なのですが、
お客さんとの関係作りが上手なのです。

イベントに参加した子どもたちの保護者を(おそらく意図せずに)寄附者に育てているのです。
「後援会」というグループを作り、「同じようなイベントをまた次回開催するために」寄付を募っています。

子どもたちは、この団体さんのイベントを通じて「楽しい!」と「成長した!」を実感します。
わが子が見違えるほど変わるぐらい、良い体験をしているのですから、
保護者としては「こんなにいいイベントなら、続いてもらわないと困る!」という反応になりますよね。

その結果、(もちろん、努力はされておられますが)比較的楽に寄付が集まるようなのです。


皆さんのところでは、「お客さんを支援者に育てる」プログラムを用意していますか?
一度、ご検討してみて下さい。



Posted by サポセンスタッフ at 11:16 | 運営のコツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/561642
コメント