CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【助成金情報】地域文化活動助成金 [2014年06月14日(Sat)]
助成元:公益財団法人全国税理士共栄会文化財団
助成額:1件につき原則として50万円を限度
締切日:2014年10月31日(消印有効)
 HP:http://www.zenzeikyo.com/cata.html

1.趣旨
一人ひとりが暮らす地域社会の文化は、人々にとって生きる自信や誇りを与えるもの
であり、その主体性を確立していく必要があります。特に心のふるさとを求めて地域文
化の再認識が現在各地で求められているところです。本財団はこのような考え方のなか
から、地域文化の活動に対し助成を行うものです。

2.助成対象
@音楽・舞踊・演劇等の芸術活動分野
地域における音楽・舞踊・演劇等の芸術活動及びそれらの人材の育成などに努力し
ている個人または団体。
A伝統芸能分野
地域における伝統芸能の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力して
いる個人または団体。
B伝統工芸技術分野
地域における伝統工芸技術の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力
している個人または団体。
C人材養成事業分野
地域における芸術活動に係る運営・企画及び伝統芸能・伝統工芸技術の保存及び継
承のための活動等に係る人材養成に対する助成。

3.助成条件
@助成金は、活動のための諸費用を要するものとします。
 ◆例:研修費、会場費、材料費、道具費、記録費、衣装修繕費等
A芸術活動分野、伝統芸能分野および人材養成事業分野の助成は、
 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに実行および支出するものを対象とします。
B家元・流派が確立され、維持の見通しが立つようなものは除きます。
C過去に本財団から助成を受けたものについては、原則として重複しての助成はいたしません。
D海外での活動に対しては助成いたしません。
E助成による「活動結果報告書」(当財団所定の用紙)等の提出が可能であること。
*報告書には領収書(写)、写真、新聞・雑誌等報道記事他を添付してください。
*パンフレット・チラシ等を作成の際は当財団名を記載してください。

4.応募について
〈方法〉
本財団ホームページから助成申込書をダウンロードしてください。
〈期間〉
平成26 年6 月〜10 月末日(当日消印まで有効)
〈結果発表〉
平成27年1月中旬(予定)
◆採否の結果は、申込者宛て文書にて通知します。
◆採否の結果及び理由に関するお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。

5.応募手続
〈応募〉
推薦制公募方式とします。
税理士会及び税理士協同組合並びに税理士、都道府県教育委員会・文化関係部局、
学識経験者、報道機関等いずれかの推薦及び本財団所定の推薦書を必要とします。

〈提出書類〉
◆所定の用紙に書ききれない場合は、別紙に追記でも構いません。
◆応募手続書類等は、原則として返却しません。
1.助成申込書
2.助成を希望する活動及び収支計画と実績
3.推薦書
*1〜3については、所定の用紙に記入の上、正副各1通(副本はコピー可)を作成して下さい。
4.活動中の写真
5.参考資料等
◆申請書は郵送(簡易書留他、宅急便は不可)でお願いします。
6.選考方法
書類選考を中心に本財団の選考委員会で厳正に審査し、採否と助成金額を理事会に答申し、決定いたします。
7.助成金額
1件につき原則として50万円を限度とし、応募内容を審査の上、具体的な助成額を決定いたします。
8.助成実行の時期
助成決定後ご連絡いたします。発表会、展示会等を伴うものについては、ご相談の上実行いたします。
Posted by サポセンスタッフ at 17:33 | NPOの資金調達 | この記事のURL