CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【認定NPO法人】8つの認定基準とは? [2014年02月08日(Sat)]
こんにちは。サポートセンターの中山です。
はい、では認定・仮認定NPO法人になりたい!と強い思いがわいてきたら、
次に確認することは、8つの認定基準です。

活動実績を審査するために、まず実績判定期間
(初回申請は、原則直前の2事業年度)が決まります。
その期間内の活動が、
【認定】は認定基準1〜8全て、
【仮認定】は認定基準の2〜8を満たしている必要があります。
また別途、欠格事由1〜6のいずれか1つでも該当していると、
認定・仮認定は受けられませんので、ご注意ください。


【認定基準】

1:パブリックサポートテスト(PST)をクリアしていること。
(※下記3つのうち、いずれか1つでもクリアしていればOK)
 (1)実績判定期間において、経常収入金額に占める寄付金等収入金額の割合が
    20%以上である。
 (2)実績判定期間において、各事業年度中の寄付金の額が3,000円以上である
    寄付者の数が年平均100人以上である。
 (3)都道府県・市区町村から条例で個別指定を受けている。

2:共益的な活動がメインではないこと。
 (実績判定期間において、総事業費に占める次の活動への支出割合が合計50%未満)
 (1)会員等のみを対象とした物品販売やサービスの提供等
 (2)特定のグループや特定の地域などに便益が及ぶ活動
 (3)特定の人物や著作物に関する普及啓発等の活動
 (4)特定の者の意に反した活動

3:運営組織及び経理が適正であること。
 (1)役員の総数のうち特定の役員及びその親族関係者等の占める割合が1/3以下。
 (2)役員の総数のうち、特定の法人の役員や従業員の占める割合が1/3以下。
  (※役員とは、理事・監事のことです。特定の法人とは、同じ法人のこと。)
 (3)公認会計士等の監査を受けているか、青色申告法人と同等に取引を帳簿に記録し、
    保存している。
 (4)各社員の表決権が平等である。
 (5)支出した金銭について使途が不明なものや、帳簿への虚偽記載はしていない。

4:事業活動について、一定の基準を満たしていること。
 (1)宗教活動や政治活動、特定の政党・候補者等への推薦・支持・反対等を
    行っていない。
 (2)役員や社員、職員、寄付者に特別の利益を与えていない。
 (3)営利を目的とした事業を行う者や、政治・宗教活動を行う者、
    特定の公職の候補者に寄付を行っていない。
 (4)実績判定期間において【特定非営利活動に係る事業費÷事業費の総額】の割合が
    80%以上。
 (5)実績判定期間において【特定非営利活動の事業費に充てた額÷受入寄付金の総額】
    の割合が70%以上。

5:情報公開が適切であること。
 認定申請書類について、一般の人から閲覧の請求があった場合、応じることができる。

6:事業報告書等を所轄庁に提出していること。
 毎年、期限内に事業報告書や活動計算書を所轄庁に提出している。
 (※事業年度終了後、3ヶ月以内に提出することが義務)

7:法令違反等がないこと。
 (1)法令に違反する事実がない。
  (例:法人税・消費税・厳選所得税を適正に申告・納付している。)
 (2)偽りや不正の行為によって、利益を得た事実または得ようとした事実がない。
 (3)その他、公益に反する事実はない。

8:設立の日から1年を超えていること。
 申請書の提出日を含む事業年度開始の日において、
 設立の日から1年を超える期間を経過している。


どんっ(衝撃)欠格事由に注意どんっ(衝撃)
以下の6項目のいずれかに該当する法人は、認定・仮認定は受けられません。
@・認定や仮認定の取消し原因に関係した理事で、取消から5年以内の者が役員にいる団体。
 ・禁固以上の刑の執行から5年以内の者、NPO法や暴力団対策関連法、
  国税・地方税関連法で罰金刑を受けて5年以内の者が役員にいる団体。
A認定(仮認定)の取消しの日から、5年を経過していない。
B定款又は事業計画書の内容が法令に違反している。
C国税・地方税の滞納処分を課されてから3年以内の団体
D国税・地方税の重加算税を課されてから3年以内の団体
E役員に暴力団の構成員がいる他、暴力団等の統制下にある団体


認定基準、確認していただけましたか?
でも正直、これだけだとわかりづらいと思われる方いらっしゃいませんか?
次回は、各基準をもう少し丁寧に解説します。

でも、もっと自団体に落とし込んで考えたい!!!という場合は、
まつやまNPOサポートセンターまでぴかぴか(新しい)
一緒に認定・仮認定目指していきましょう!!!
Posted by サポセンスタッフ at 11:15 | 運営のコツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/934788
コメント