CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
【認定NPO】税制優遇はいつからの寄付が有効? [2013年09月16日(Mon)]
こんにちは、
まつやまNPOサポートセンターの川奥です。

個人の方が認定NPO法人・仮認定NPO法人へ寄付をすると、
所得控除(所得額を減らす)または
税額控除(所得税額を減らす)が利用でき、
最終的に支払う所得税額を少なくすることが出来ます。

また、株式会社などの法人が認定NPO法人・仮認定NPO法人へ寄付をすると
普通のNPO法人へ寄付した場合と比べて
損金に算入できる額が大きくなり、
最終的に支払う法人税の額を少なくすることが出来ます。

それでは、いつからの寄付が税制優遇の対象になるのでしょうか?
申請するために集めた寄付は対象?
認定または仮認定を受けた年度内の寄付は対象?
認定または仮認定取得後からの寄付だけが対象?

正解は認定または仮認定取得後の寄付だけが対象になります。
もっと正確に言うと、所轄庁から送られてくる
認定または仮認定の決定通知にその有効期間が記載されているので
その有効期間内の寄付だけが税制優遇の対象になります。

なので、認定を申請するために集めた寄付は、
残念ながらそれは有効期限前の寄付になるので
税制優遇の対象になりません。

ただし、仮認定であれば寄付要件以外の要件を
満たしていれば申請でき、税制優遇の措置も受けられますので
認定申請のために寄付を集めるのであれば
まずは仮認定を取得してからの方がいいかもしれません。

時々、認定申請のために集めた寄付や
認定取得した年度内の寄付も税制優遇の対象になると
勘違いしてしまう方もいらっしゃるようなので
気をつけてください。
Posted by サポセンスタッフ at 10:38 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/885465
コメント