CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【認定NPO】会費は寄付になる?A [2013年07月11日(Thu)]
こんにちは、
まつやまNPOサポートセンターの
川奥です。

以前認定NPO法人についての講座をしたときに受講者の方から
「私たちの法人は会員が100人以上いる。
 年会費は現在1万円だが、それを年会費5千円と寄付5千円に分ければ、
 会員さんからもらう額は変わらず、3千円以上の寄付者が100人になるので、
 絶対値基準を満たせるようになるのではないか?」
という質問が出ました。

みなさんは、どう思われますか?これで絶対値基準を満たせるのでしょうか?


以前もこのブログで書いたことがありますが、
認定NPO法人制度の中で寄付として認められるのは
@任意性がある
A反対給付がない
この2つが満たされている場合です。

上記の場合でポイントになるのは任意性があるかどうか、
つまり、お金を出す人が寄付することを決めているかどうかです。

会員の人が年会費5千円を払うときに、
寄付として「5千円払わなければならない」としてしまうと
会員が寄付することを決定しているとはいえず、
認定NPO法人へ申請したときなどに寄付と認められない可能性が大きいです。

この場合ですと
「年会費を5千円にするので、もし差し支えなければ
 減額分の5千円を寄付としていただくことはできないでしょうか?」
とお金を払うことの決定権が会員の人にあるようにすれば、
認定NPO法人制度において寄付として認められる可能性が高いです。


ただ単に寄付という名目の額や数を増やせば言い訳ではないので、
気をつけてくださいね。
Posted by サポセンスタッフ at 14:09 | 運営のコツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/859511
コメント