CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
正味財産の一致?? [2012年05月03日(Thu)]
こんにちは。サポセン三好です猫
今日は正味財産についてのお話です。

NPOの会計に関する書類には、活動計算書(旧収支計算書)
貸借対照表、財産目録があります。

難しい漢字が並んでいて、苦手とされる方は多いと思いますが、
これらは、全てが連動しており、相互に影響しあっています。

特に「正味財産」は重要です。

まずは、活動計算書における正味財産についてです。
活動計算書は、1年間の団体運営の成績が表示されています。

その活動計算書の下の方に

前期繰越正味財産
当期正味財産増減額
次期繰越正味財産

の3つの欄があると思います。

前期繰越正味財産は、今までの蓄積されてきたお金
当期正味財産増減額は、今回、プラス(もしくはマイナス)になったお金
次期繰越正味財産は、【次回以降に使えるお金】
のことです。


この、【次回以降に使えるお金】が重要なポイントです。


また、貸借対照表にも、「正味財産の部」があります。
貸借対照表は、事業年度終了日において
団体が持っている財産や、これから支払うもの等の一覧です。

団体が持っている財産から、
今後支払わなければならないお金を差し引くと
【次回以降に使えるお金】が出てくることになります。

これが、決算書でいうところの、「正味財産の部合計額」となるわけです。


そのため、活動計算書からも、貸借対照表からも
【次回以降に使えるお金】が、算出される
ことになるのです。

活動計算書の、「次期繰越正味財産」の金額と
貸借対照表の、「正味財産の部合計額」の金額は一致するため
決算書で、上記の金額が一致しない場合は、再確認をする必要があるかもしれません。


わからないことがありましたら、
お気軽にまつやまNPOサポートセンターへご相談下さい。
Posted by サポセンスタッフ at 11:05 | 運営のコツ | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/691422