CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
【連載】事業年度末に苦労しない会計2 [2011年08月09日(Tue)]
こんにちは。サポセン三好です初心者
暑い日が続きますね太陽
体調管理は十分注意してくださいね。

さて、今日は会計の連載記事第2段です。
みなさんは「多桁式出納帳」というのをご存知ですかはてな

先日の会計講座にて、ご紹介をさせていただきました。
その後、各方面からお問い合わせをいただきましたので
ブログにて紹介させていただきたいと思います。

普通、現金出納帳といえば、日付、摘要、収入額、支出額、差引残高
を書くだけのものを想像されると思います。

多桁式出納帳は、呼んで字のごとく
「多」い「桁」で構成された様「式」の「出納帳」です。

収入欄として、一括りにするのではなく
よく使用する項目について、収入欄を詳細に分けて記帳する方法です。
例えば、収入は、会費と事業収入とその他の3つ欄に分けておき、
支出の部は、交通費や消耗品費、水道光熱費、その他の4つに欄を分けておく方法です。

これによって、金額を記入する場所が増えるので煩雑になるかと思いきや
最終的に、その項目(例えば会費収入、消耗品費)で
集計をとれば、簡単に決算書の金額と一致する、というものです。

もちろん、決算書を作成するに当たっては
「その他」に振り分けた項目はそれぞれ分解する必要がありますし、
決算期をまたいで、収入や支出があればこの限りではありませんが、
決算月の前月までは、多桁式出納帳で、カバーできます。

これに、現金と預金の欄を設ければ
小さな団体や、事業を一つしか行っていない団体さんであれば
領収書ひとつひとつを丁寧に記録していれば、決算書はすぐにできます。

各団体によって会計科目は様々ですし、使用頻度の高い項目は違うと思いますが、
アレンジ用のサンプルを添付しておきますので、ぜひ活用してみてください。

これを使いこなすことができれば、決算にかける時間が、格段に減ります!!

不明な点がありましたら、サポセン三好宛までご連絡ください。
よろしくお願いします。
Posted by サポセンスタッフ at 13:18 | 運営のコツ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/561714
コメント