CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【助成情報】第1回 海と日本PROJECT サポートプログラム [2018年01月13日(Sat)]

jyosei.jpg

大変度:☆☆☆


1.助成元


日本財団

2.最大金額(1件)


記載なし


3.受付期間(予定)


2018110日(水)11:00119日(金)17:00


4.対象


NPO、NPO法人ほか

本制度の主旨に沿った取り組みを行う実行委員会(中核的構成団体として自治体や地元メディアを含むもの)及び財団法人、社団法人、特定非営利活動法人等の法人格を有する団体、各種組合等の業界団体、ボランティア団体等

※財団法人、社団法人とは、一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人を指します。


5.内容


アクションA:海を学ぼう

(例)海の環境、安全、仕事など、海に関する学びをテーマとして、海と自分とのつながりや海の新たな側面への気づきを促すアクティブ・ラーニング型の機会を、学校教育などとの連携により提供するイベントやプログラム


アクションB:海をキレイにしよう

(例)海洋汚染や海洋ゴミ等による海洋環境の危機に対して自分事化を促し、海をよりきれいにし、環境を改善することを目指して、多様な人を巻き込む仕掛けや意識への働きかけの工夫がみられるイベントやプログラム


アクションC:海を味わおう

(例)海に関する食を切り口として、地球温暖化の影響による生態系の変化や過剰漁獲等による海洋生物資源の危機に対する正しい認識を形成し、楽しみながら海の環境や持続可能性についても学ぶことができるイベントやプログラム


アクションD:海を体験しよう

(例)海に関するスポーツや競技性のあるアクティビティを通じて、子どもやハンディキャップがある人など多様な人を巻き込み楽しみながら海へ想いを馳せることができるユニークなイベントやプログラム


アクションE:海を表現しよう

(例)海とアート、音楽、演劇、写真、デザイン、ポップカルチャー等を掛け合わせることで、海に対する新たな視点や可能性を提示するイベントやプログラム


6.経費対象科目


人件費、諸謝金、旅費交通費、委託費、消耗什器備品費、印刷製本費、通信運搬費、会議費、広告宣伝費、事業管理費、雑費


7.募集URL


https://www.nippon-foundation.or.jp/what/grant_application/programs/marine_day/



※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。
Posted by サポセンスタッフ at 09:09 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1331063
コメント