CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【助成情報】 ゆたかなふるさと助成 (スタートアップ分野) 募集 [2017年12月01日(Fri)]
助成金のロゴ.jpg

大変度:☆☆

1.助成元

NPO法人瀬戸内オリーブ基金

2.最大金額(1件)

100万円


3.締切日                     

2018131


4.対象

NPO、NPO法人ほか

NPO法人、一般社団法人、法人格取得を目指す任意団体のいずれかで、主たる活動を瀬戸内海周辺一帯で行う団体


5.内容          

瀬戸内海で新たに始める独創的な自然保護事業で、主に以下の活動

@瀬戸内海の自然環境に相応しい植生への回復

山火事跡地、牧場跡地、河川敷等への植樹により、瀬戸内海の自然環境を保護したり、原状回復したりする活動。

A外来植物の除去、地域固有種の植栽等、瀬戸内海の地域の固有植物を保護する活動

里山、里海の育成生物の多様性や漁業資源を守る、土砂災害の防止、海に流入する河川の浄化等、森林の多様な役割を発揮できるような、瀬戸内海周辺一帯で行われる環境保護、保全活動。

B地域の緑化活動

瀬戸内海周辺一帯での植樹活動により

緑化を促進し、緑を中心として地域がつながるための活動。

防災林、学校林等の都市の緑化に貢献する活動。

C巨木の保全

瀬戸内海周辺一帯にある巨木を保全することで、地域がつながるような活動。

D環境学習活動

体験プログラムを含み、地域の環境保全を目的にする瀬戸内海で行われる学習活動。

体験を契機として、瀬戸内海の環境問題に取り組む次世代を育成する活動。

E地域の環境保全等をテーマにした市民活動

瀬戸内海の環境問題を解決するために必要な活動。


6.経費対象科目       

備品費、苗木費

消耗品費

広告費(活動参加者募集のためのチラシ、ポスター作成に要する経費)

貸借料(会場、車両、機械、備品)

旅費交通費、通信費、会場費、講師の謝金

専門業者への委託料(工事や調査等、専門業者による作業が必要と認められるものに限る)

ボランティア保険料

※人件費(スタートアップ助成のみ)


7.募集URL        

http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/



詳細につきましては、上記HPをご覧ください。                       

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 10:16 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1319282
コメント