CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【3/3イベント情報】NPOが、きっとあなたのライフワークになる。”NPOのはじめかた講座 [2019年03月03日(Sun)]
※希望者は、終了後もフォローアップが受けられます。


【講座の詳細】
午前 10:00〜12:00
 @「NPOの基礎知識」
 A「NPOの設立方法」
 B「ゲストスピーカーによる事例発表」

【日時】
 3月3日(日)10:00〜12:00
【会場】
 松山市男女共同参画推進センターコムズ 3階 会議室2(松山市三番町6-4-20)
【定 員】
 20名(1グループ3人まで・先着順)
 
【参加費】
 無料
【申込締切】
 3月2日(土)
【お問合せ】
 まつやまNPOサポートセンターまでメール、TEL、FAXにて
 TEL:089−943−5790
 FAX:089−943−5796
 Mail:pico@npo.coms.or.jp
Posted by サポセンスタッフ at 14:36 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【3/2イベント情報】好き。を仕事にするプチ起業 1日セミナー [2019年03月02日(Sat)]
● プチ起業を始めるための心構え
● ゲストスピーカーによる体験談
● プチ起業のためのしくみづくり
● 商品プランのつくり方
 ※希望者は、終了後もフォローアップが受けられます。


【講座の詳細】
午前 10:00〜12:00
 @プチ起業を始める為の心構え
 Aゲストスピーカーによる体験談
午後 13:00〜15:00
 @プチ起業のためのしくみづくり
 A商品プランのつくり方
【講師とプロフィール】
 エスプラクト株式会社 代表取締役 炭谷 浩一さん
 中小企業診断士/産業カウンセラー/1級販売士
 個人事業主として独立開業後、家業の事業承継や第二創業等を経験。
 現在も家業の経営に携わりながら、中小企業診断士
 (経営コンサルタント)として主に県内中小事業者の
 経営支援を展開している。
 自らの創業・経営の実体験に基づく実践的なコンサルティングが強み。

【ゲストとプロフィール】
 NPO団体アトリエmaman 代表
 STORY Photokeep labo 主宰 三好  子さん
 娘の誕生を機に写真を撮ること、アルバムを作る楽しさにはまり、
 日々増え続ける写真の整理に悩み写真整理アドバイザー資格を取得。
 写真整理講座やアルバム作りの講座を行っている。
 子育て中のママ達が集まり、写真に特化したNPO団体アトリエmamanの代表として、
 「自ら輝ける舞台を作りたい!」ママだからできない…ではなく
 「ママだからできる!」をモットーに、
 写真にまつわる講座を不定期で開催している。
【日時】
 3月2日(土) 10:00〜15:00(途中お昼休憩60分)
【会場】
 松山市男女共同参画推進センターコムズ 3階 会議室2(松山市三番町6-4-20)
【定 員】
 15名(先着順)
 お子様連れのご参加について、お子様連れでのご参加もお受けします。
 託児はありませんが、一緒のお部屋で参加できます。
【参加費】
 無料
【申込締切】
 3月1日(金)
【お問合せ】
 まつやまNPOサポートセンターまでメール、TEL、FAXにて
 TEL:089−943−5790
 FAX:089−943−5796
 Mail:pico@npo.coms.or.jp
Posted by サポセンスタッフ at 13:39 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】平成31年度街なか再生助成金 [2019年02月21日(Thu)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


(公財)区画整理促進機構(街なか再生全国支援センター)

2.最大金額(1件)


100万円

3.締切日


2019331

4.分野

まちづくり


5.対象

NPO、NPO法人ほか


6.内容



@ 土地区画整理事業等の面的整備事業の立ち上げに向けた取り組み
<取り組み例>
ボルト&ナット 民間が主体となったまちづくり構想・計画の策定
ボルト&ナット 合意形成に向けた権利者・住民等の取り組み など
A 土地区画整理事業等の面的整備事業地区(事業中、事業完了地区)における良好な環境づくりや賑わいづくりに向けた取り組み
<取り組み例>
ボルト&ナット 権利者・住民等が主体となったまちづくりのルール(景観づくりのための地区計画案等)の作成
ボルト&ナット エリアマネージメントなど民間主体のまちづくりを推進するための組織の立上げや組織の活動 など
ボルト&ナット 合意形成に向けた権利者・住民等の取り組み など
B 地区内の既存ストックを活かした街なか再生への取り組み
<取り組み例>
ボルト&ナット 空店舗・空き家、空き地、歴史的建造物等を活かした交流空間の創出 など


7.募集URL


https://www.sokusin.or.jp/town/subsidy.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 10:48 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】HTM基金 [2019年02月20日(Wed)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


公益推進協会

2.最大金額(1件)


30万円

3.締切日


2019328

4.分野

保健・医療・福祉、NPO支援、その他


5.対象

NPO法人ほか

障がい・病気に悩む人々とその親が抱えている様々な医療・福祉上の支援活動を行っている日本国内において活動する法人。


6.内容



●目的
個人の方から寄付を生かし、健康で幸せな人々の暮らしを守るため、障がいや病気を抱える人々とそのご家族に対して、かけがえのないサポート活動をしている団体に対して助成支援を行い、公益の増進に寄与することを目的とする。


7.募集URL


http://kosuikyo.com/


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 14:41 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】平成31(2019)年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)の公募 [2019年02月19日(Tue)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆☆


1.助成元


文部科学省

2.最大金額(1件)


700万円

3.締切日


201931

4.分野

社会教育、まちづくり、環境保全、地域安全、国際協力・交流、子どもの健全育成、その他


5.対象

NPO、NPO法人ほか

申請者は、教育現場におけるSDGs達成の担い手育成(ESD)に関する専門的知見、実績、教育資源、ネットワーク等を有する団体であることなど。

6.内容



SDGsの達成の担い手を育む国内の教育現
場における多様な教育活動(ESD)を実施・支援することで、担い手に必要な資質・能力
の向上を図る事業とし、直接又は間接に営利を目的としないものに限ります。

(1)  カリキュラム等開発・実践: SDGs達成の視点を組み込んだカリキュラム、教材、プロジェクト等の開発や教育実践を行い、その成果を広く発信する。

(2)  教師教育の推進: SDGs達成の中核的な担い手となる教師の資質・能力の向上を図り、その成果を広く発信する。

(3)  教育(学習)効果の評価と普及: ESDによる教育(学習)効果や学習者の変容等を測る評価手法を開発し、教育現場での実践(評価)を行い、その結果を発信するとともに、開発した評価手法をモデル化・パッケージ化するなど汎用性を高め、教育関係者へ広く普及する。


7.募集URL


http://www.mext.go.jp/unesco/001/2019/1413440.htm


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp 
まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】「全日本社会貢献団体機構」社会貢献活動支援のための特別助成 [2019年02月17日(Sun)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


全日本社会貢献団体機構

2.最大金額(1件)


200万円

3.締切日


2019228

4.分野

社会教育、まちづくり、地域安全、子どもの健全育成、その他


5.対象

NPO法人ほか

◎助成対象団体 助成の対象とする団体・研究機関は、以下に限ります。
・民間の非営利組織であること

(法人格の有無や種類を問いません)
・日本国内に事務所・連絡先があること

・政治、宗教活動を目的とせず、また反社会的勢力とは一切関わりがないこと
・金融機関に申請団体名義の口座があること
※ 個人が単独で運営・実施する事業は対象となりません


6.内容



◎助成の趣旨
・特別助成

パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決に取り組む団体・研究機関に助成

◎助成対象
1.
パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決
・依存問題を持つ人々を支援するセミナーなどの開催
・依存問題からの回復を目指し、多様な社会参加を考える活動
・依存問題を抱える人々の個別相談
・依存問題で家族に不安を抱いている家庭への支援活動
・その他依存問題の予防と解決に取り組む活動


7.募集URL


http://www.ajosc.org/subsidy/s-application.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、
まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 11:40 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】ボラサポ・豪雨災害(平成 30 年 7 月豪雨災害 ボランティア・NPO 活動サポート募金) 助成 [2019年02月16日(Sat)]
新)助成情報.jpg

大変度:☆☆


1.助成元


社会福祉法人中央共同募金会

2.最大金額(1件)


300万円

3.締切日


2019221

4.分野

保健・医療・福祉、まちづくり、環境保全、災害救援、地域安全、人権・平和、子どもの健全育成、消費者保護、NPO支援

5.対象


PO、NPO法人ほか

平成 30 7 月豪雨災害で、7 5 日以降に、被災された方々への救援・復旧・復興のための支援活動を現に行うボランティアグループ、特定非営利活動法人(以下、NPO法人)、社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等であって、次の要件にあてはまる非営利団体


6.内容



◎趣旨
中央共同募金会では、被災した人々を支援するボランティアやNPO等が被災地の人々と協力しあうことで、被災地域の再興に向けた市民の力を高めることを目的として、「ボラサポ・豪雨災害」による助成事業を実施します。

◎助成対象活動及び助成対象プログラム
平成 30 7 月豪雨災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般とします。
平成 30 7 5 日以降の活動を対象とし、新しく立ち上げる活動については、助成決定時に活動を開始している必要があります。
なお、既に短期活動・中長期活動ともに終了した活動であってもさかのぼって応募することが可能です。


7.募集URL


https://www.akaihane.or.jp/saigai/2018_july_gouu/apply/


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 14:16 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【イベント報告】三津浜検定(こなもんサミット 2019 in 三津浜) [2019年02月16日(Sat)]
こんにちは
まつやまNPOサポートセンターの水木です。
2/16(土)にまつやま農林水産まつり 
同時開催 「こなもんサミット 2019 in 三津浜」
同時開催  三津浜地区まちづくり協議会主催の
「あっぱれ!三津浜検定」を見学しました。

SKM_364e19021611310_0001.jpgSKM_364e19021611320_0001.jpg

開催前からたくさんの人で大賑わいでした。

IMG_4616.JPG

10:00に開場となりました。

IMG_4618.JPG

「あっぱれ!三津浜検定」のブースです。

IMG_4624.JPG
IMG_4625.JPG
IMG_4627.JPG
IMG_4630.JPG

実際に検定を受けてみて、三津浜の文化、歴史に関心させられ、
良さを再発見することができました。

IMG_4632.JPG

検定早々に三津浜焼の香りに食欲がそそられます。

IMG_4634.JPG

屋外にもたくさんの屋台が並んでおり、1日過ごせば
体重増加が気になります。

イベントは、明日2/17(日)まで開催してますので、
ぜひ、足を運んでいただけたらと思います。

まつやまNPOサポートセンターは、
こういう活動を継続できるよう支援していきます。
イベントの広報などご協力できることがありましたら、
以下のお問合せ先にご連絡いただければ幸いです。

まつやまNPOサポートセンター
 松山市三番町6丁目4−20コムズ内
 TEL:089−943−5790 FAX:089−943−5796








Posted by サポセンスタッフ at 11:46 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】「心の復興」事業の平成31年度募集(第1回) [2019年02月15日(Fri)]

新)助成情報.jpg




大変度:☆☆☆


1.助成元


復興庁 

2.最大金額(1件)


記載なし

3.締切日


2019222

4.分野

まちづくり、災害救援


5.対象

NPO、NPO法人ほか

実施主体は、内閣総理大臣が本事業の適切な運営が確保できるものとして認める法人若しくは団体となります(法人格の有無、営利・非営利を問いません。複数の法人・団体・個人が任意団体を結成し、申請することも可能です。企業単独、また、自治会の連合体なども申請が可能です)。

交付事業に基づく取組は、原則として本事業を申請された法人又は団体が自ら行うこととします(当該団体が複数の団体・法人・個人から構成される場合には、実施主体となる構成員と、その他の構成員の役割分担を明示することにより、その役割の範囲内で構成員がその事業を行うことができます)。

なお、1 団体が同一年度に申請できる事業は 1 事業に限ります。


6.内容



東日本大震災の被災地では、応急仮設住宅等での避難生活が長期化するとともに、災害公営住宅等でのコミュニティ形成が十分にはなされていない状況において、被災者の孤立防止等が重要となっており、以下のような取組により、被災者自身が主体的・継続的に参画し、活動する機会の創出を通じて、被災者が、他者とのつながりや、生きがいをもって前向きに生活することを支援する取組等の促進を図ります。

また、被災地では、引き続き復興に向けた取組が進められる中で、被災者の積極的な参画の下、震災の風化防止や地域の活性化の取組を促進し、地域コミュニティの再構築を図ります。

(事業内容の例)

・ 避難先の仮設住宅の近隣の休耕地などで被災者が農作業を行い、収穫されたもので地域の方々と交流会を実施(農業)

・ 避難先の漁業者の協力を得て、震災前に漁業を生業としていた避難者の方々に海に出る機会を創る(水産業)

・ まちづくりのイメージを被災者みんなで作成するワークショップを実施(まちづくり)

・ 引きこもりがちな独居高齢者等が主体的に手作りグッズの製作・販売等を行い生きがいづくりにつなげる(ものづくり)

・ 被災地自らが生きがいを感じながら「語り部」として震災を伝承する機会を創出(震災の記憶の風化防止)

・ 県外避難者の主体的な参画により、教室・交流会や、震災の教訓を防災に生かす活動を展開(県外避難者のつながりの維持)


7.募集URL


http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/sub-cat2-4/20190206085640.html




※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。




Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】「被災者支援コーディネート事業」の平成31年度募集 [2019年02月14日(Thu)]

新)助成情報.jpg

大変度:☆☆☆


1.助成元


復興庁 

2.最大金額(1件)


記載なし

3.締切日


2019222

4.分野

まちづくり、災害救援


5.対象

NPO、NPO法人ほか

事業実施主体は、内閣総理大臣が本事業の適切な運営が確保できるものとして認める団体であることとします(法人格の有無、営利・非営利を問わない。)。


6.内容



事業実施主体は、東日本大震災からの、復興の進展に伴い生じる様々な被災者支援の

課題に対応し、被災地の実情に応じた効果的・効率的な支援活動が実施されるよう、以下の取組を総合的に実施するものとします。

(1)NPO、企業等多様な活動主体(以下単に「活動主体」という。)と行政との協働による復興支援活動の検証

復興庁創設からこれまで活動主体により取り組まれた活動について、行政との協働に着目した上で、その過程及び成果について検証すること。また、その検証のため、月2回程度開催される連絡会議に参加すること。

(2)被災地の現状・課題、個別の支援ニーズ等の把握及び整理

地方自治体及び活動主 体を訪問し、被災者支援に係る現状・課題、個別の支援ニーズ等を把握し、整理すること。(行政、活動主体の間の連携状況を含む。)

(3)被災者支援に係る課題や個別の支援ニーズに対するコーディネートの実施

被災者支援に係る課題や個別の支援ニーズに対して、活動主体による支援策の実施のためのコーディネートを行うこと(ニーズとリソースのマッチング)。その際には、@活動主体が有する人材、手法、サービスの提供及び物品提供や、A被災地内外に所在する活動主体について、事業実施主体の既存の活動により得られている情報を活用するとともに、必要に応じた新たな活動主体の掘り起しを行うこと。

(4)一市町村内又は市町村を超えた区域における、行政、活動主体間の連携、協働体制の構築

市町村及び活動主体間との調整を実施し、1つの市町村内又は1つの市町村を超えた区域での協働体制構築に向けた取組を行うこと。

(5)被災者支援に係る課題や取組の分析及び全国への波及

@ (2)から(4)までの取組を通じて、被災市町村ごとの課題及び解決に向けた体制や取組を整理し、活動事例や連携事例を集積すること。

A 集積した事例について、体制やマッチング内容等、当該市町村以外の地域での活用可能性等について総合的に分析した上で、活動主体間での協働体制の構築や地域を超えて共通する課題である特定のテーマにおける先進的な取組や課題解決につながった取組などの好事例等について、事例発表会や広域的な連携会議を開催するなどし、被災地全体に波及させる取組を行うこと。また、全国への発信も行うこと。


7.募集URL


http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/20190207103150.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。
Posted by サポセンスタッフ at 16:36 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ