CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人も猫も笑顔に | Main | 「ええやん新聞」ついに発行!・・・その反応は?»
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さぽらんてスタッフさんの画像
さぽらんてスタッフ
プロフィール
ブログ
リンク集
携帯からご覧いただけます
約3.6kg/年 [2010年04月05日(Mon)]

3.6kg


何の数字だと思いますか?


これは、国内での生産量から推定される・・・私たち1人あたりの1年間の食品添加物摂取量です。

先日、映画を観に行った夫がもらってきた資料に書かれていた数字。
今まで、私が無農薬・有機栽培のお野菜やお米を買うことに、「なんで(割高なのに)?」と言っていた夫が、この映画を観て、食への関心を持ったように感じます。

夫を動かした映画。それは、『未来の食卓』。


ここ山口でも、食に関心を持つ人・グループがいくつかあり、お店もだんだん増えています。
そんな団体の活動に参加、そんなお店で買い物をすることで、応援していきたいものです。


今年はジャンボピーナッツにも家庭菜園で挑戦♪
といっても、私がジャンボピーナッツを育てるわけではなく、お日さまや土、雨、虫たちが働いてくれるおかげ。
少しだけど、お野菜やピーナッツを育てていると、安心して食べられるお野菜やお米を分けてくださる農家さんや自然に、ありがとう!といいたくなります。


1992年6月、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。
環境と開発に関する国連会議(環境サミット)に集まった世界の指導者たちを前に
「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」
とスピーチ
したセヴァン・カリス=スズキさんは、今、環境活動家として活躍しています。

その彼女がいろいろなところでスピーチする時にまず、おっしゃっているのは、

そとに出ましょう!キャンプをしよう!公園に散歩に行こう!
自然と触れ合う。これが一番重要。


ということ。

「大切だな。」「必要だな」と感じたら、自然に環境を大切にできるようになるから。




食は私たちの体をつくる大切なもの。その食は、地球の環境から生まれる。
そして環境は、私たちの暮らしや欲の影響を受けている・・・

地球に存在するものは、すごい微妙なバランスでつながりあっていると感じます。
私たちもその「つながり」の一部なんだと、子どもたちにも伝わるように、
今年も外にでて、いろいろな体験を共有したいと思っています。

                              参考: 環境=文化NGO『ナマケモノ倶楽部』HP

    <すずき>
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/531028

コメントする
コメント
はらさん、さっそくコメントありがとうございます。
子どもたちと一緒に何事も学んでいける・・・
そんなお母さんでいたいなと思っています。
ダイドック冒険学校にも、もう少し息子が大きくなったら参加したいなぁ。
今は、ブログにときどき、おじゃましますよ〜。
Posted by: すずき  at 2010年04月06日(Tue) 10:01

ぜひ、見てみたい映画です。
多くの日本のお母さんたちに、見てもらいたいですね。
Posted by: はらまき  at 2010年04月05日(Mon) 22:30