CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

さぽらんてスタッフさんの画像
さぽらんてスタッフ
プロフィール
ブログ
リンク集
携帯からご覧いただけます
2011年1月13日をもちまして山口市市民活動支援センターさぽらんてのブログ

「さぽろぐ」は団体ブログへの移行に伴いURLが変更になりました


ブックマークやRSS登録されている方はURLの変更をお願いします。




イクメンとはなんぞや? [2015年07月20日(Mon)]

笑ろてるパパがええやん

ええやん・・・ええやん・・・
聞きなれたこのフレーズ

ええやんピープルならぬ、ええやんパパ育成講座情報です!
その名も「にこにこイクメン講座

自称(失礼)イクメンのパパはもちろん、新米イクメンパパも、しぶしぶイクメンやってるパパも、パパよりうんと活躍しているイクジイちゃんも、子育てしてたらみんなでイクメン名乗ったらいいーーーーーんですっ!

023221.jpg

イクメン講座ですが、女性の参加も大歓迎だそうです。

我が家の辞書に「イクメン」なんて載ってないわ!とお嘆きの奥様、なんとしてもイクメンに育てあげたい奥様!うちのパパのイクメンぶりはすごい!とう旦那自慢の奥様もぜひどうぞ。

講師は、ファザーリング・ジャパン関西の天野勉さん。
関西人というだけで、おもしろハードルがあがりますけど?

期待しましょう!!

スタッフおだ


◆詳細◆◆
★日時:8月1日(土)
★場所:山口市男女共同参画センター
★講師:NPO法人ファザーリングジャパン関西 理事 天野 勉 氏
★参加費:無料
★託児あり(無料。2日前までに要予約)
★主催:山口市・山口市男女共同参画ネットワーク
★申込み:山口市男女共同参画センター
山口市中央2丁目5-1
Tel/Fax:083-934-2841
e-mail:mw3kaku@c-able.ne.jp
URL http://www.y-djc.com

被爆者講演会に参加しました! [2014年11月23日(Sun)]

こんにちは!
日に日に着ぶくれていってます、学生スタッフの畑中です(~o~)
さぽらんてでの原爆展も残りわずか!今日は小笠原さんによる被爆者講演会に参加させていただきました。

私の知る小笠原さんと言えば、、
大内塗の職人さんで、毎朝さぽにも来てくださる笑顔の素敵なおじいさんです。
テレビ番組出演や新聞取材、県立大学での非常勤講師と多彩に活躍されていらっしゃるので、知っている人も多いはず!
今日はいつもの穏やかな口調で、原爆投下のお話をしてくださりました。

小笠原さんが原爆投下後の広島市を訪れたのは1945.08.07。夜が明ける前だそうです。
6日は県内の三次市に出張に行かれていたので、直接的な被爆は受けませんでした。
”砂漠”と化した広島市に戻ってからの6日間は、死人と怪我人の処置に市内を駆け回ったそうです。
当時18歳だった小笠原さんは、死人が焼けていく様をその目で見、火傷で苦しむ人の呻く声をその耳で聞いて日々を過ごしました。
その時のお話を聞いたときは、胸が苦しくて詰まるような思いでした。

私たちのような戦争を知らない世代が、戦禍を完全に理解しえない理由のひとつに「感覚」
があると思います。
私たちがどれほどたくさんの写真や動画を見ても、資料を読んでも、授業で習っても、その時の「匂い」と「声(音)」は感じることが出来ません。しかしながら、この2つの要素は視覚と同じくらい、或いはそれ以上に戦禍の惨劇を構成しているのではないでしょうか。
小笠原さんは原爆資料館を訪れても、何も感じることがないとおっしゃいます。そして終戦からしばらくは、死体が焼ける匂い、人の呻く声が脳裡から離れなかったそうです。

講演を終えてからも、小笠原さんは個別に被爆時のお話をしてくださりました。
口にするのも苦しい過去をここでしてくださる小笠原さんの平和への思いを力強く感じた一日でした。

被爆者の方のお話を聞く機会も年々減っているのが哀しい現状です。
私たちのような世代にも、平和の尊さが浸透していけるような取り組みを考えていかなければならないなと思いました。
小笠原さん本当にありがとうございました!
被爆者講演会に参加しました! [2014年11月23日(Sun)]

こんにちは!
日に日に着ぶくれていってます、学生スタッフの畑中です(~o~)
さぽらんてでの原爆展も残りわずか!今日は小笠原さんによる被爆者講演会に参加させていただきました。

私の知る小笠原さんと言えば、、
大内塗の職人さんで、毎朝さぽにも来てくださる笑顔の素敵なおじいさんです。
テレビ番組出演や新聞取材、県立大学での非常勤講師と多彩に活躍されていらっしゃるので、知っている人も多いはず!
今日はいつもの穏やかな口調で、原爆投下のお話をしてくださりました。

小笠原さんが原爆投下後の広島市を訪れたのは1945.08.07。夜が明ける前だそうです。
6日は県内の三次市に出張に行かれていたので、直接的な被爆は受けませんでした。
”砂漠”と化した広島市に戻ってからの6日間は、死人と怪我人の処置に市内を駆け回ったそうです。
当時18歳だった小笠原さんは、死人が焼けていく様をその目で見、火傷で苦しむ人の呻く声をその耳で聞いて日々を過ごしました。
その時のお話を聞いたときは、胸が苦しくて詰まるような思いでした。

私たちのような戦争を知らない世代が、戦禍を完全に理解しえない理由のひとつに「感覚」
があると思います。
私たちがどれほどたくさんの写真や動画を見ても、資料を読んでも、授業で習っても、その時の「匂い」と「声(音)」は感じることが出来ません。しかしながら、この2つの要素は視覚と同じくらい、或いはそれ以上に戦禍の惨劇を構成しているのではないでしょうか。
小笠原さんは原爆資料館を訪れても、何も感じることがないとおっしゃいます。そして終戦からしばらくは、死体が焼ける匂い、人の呻く声が脳裡から離れなかったそうです。

講演を終えてからも、小笠原さんは個別に被爆時のお話をしてくださりました。
口にするのも苦しい過去をここでしてくださる小笠原さんの平和への思いを力強く感じた一日でした。

被爆者の方のお話を聞く機会も年々減っているのが哀しい現状です。
私たちのような世代にも、平和の尊さが浸透していけるような取り組みを考えていかなければならないなと思いました。
小笠原さん本当にありがとうございました!
久々の出勤! [2014年08月02日(Sat)]

本日、約1か月ぶりにさぽに出勤しました溜です(^○^)
今月から夏休みになり、遊ぶ機会も増えると思うので、バリバリ働いていこうと思っております・・・(笑)

さて僕は先月の中旬から下旬の2週間、台湾の大学に行ってきました(*^_^*)理由は、台湾の大学で開催されているサマースクールに参加するために、行ってきました。このサマースクールでは、台湾の学生だけでなく、中国、タイ、オーストリアなど様々な国の学生さんが参加し、英語を主として交流するというプログラムでした。
僕は英語があまり得意な方ではなく、聞いて理解するだけで精一杯で、もっと勉強しておけばよかったと後悔することが多かったです・・・(;_;)

し・か・し!食べ物はすーーーっごくおいしかったです!!!しかも値段が安く、量が多い!食いしん坊の僕としてはたまんなかったです(笑)
1406960379810.jpg 1406960403492.jpg
また、様々な観光地にも訪れることができ、大満足の2週間となりました(*^。^*)
1406960322835.jpg 1406960361050.jpg
他にも書きたいことはたくさんあるのですが、このまま書き続けると1ページ分くらいの量になると思うので(笑)このサマースクールを通じて感じたことがあるので書いていこうと思います。

それは国籍など関係なく人は仲良くなれるということです。特に若者はこれに当てはまると思います。政治の世界では、この国はこうだから嫌いだとか言ってますが、大半の人はそのように思っていないと思います。実際、僕も中国語が読めなくて困っていると、台湾と中国の学生さんが助けてくれたり、互いにコミュニケーションを取ったりすることで、仲良くなることが出来ました。
グローバル社会と言われる中、これから僕たちが社会を作っていかなければなりません。その際、この国だからとかあの国だからという考え方は、時代遅れだと思います。人は対話を重ねることで必ず仲良くなることが出来ます。将来、日本がどの国とも対等に仲良く接することが出来たらいいなと思います。
これからも色々な国に行って、色々な人と交流していこうと改めて感じ、本当に台湾に行って良かったなと思いました(^○^)

<学生スタッフ 溜>
「他力本願」と「みんな忙しい!」 [2013年02月28日(Thu)]

3527_389429121153348_1769890051_n.jpg 
 タイトルは、先日の職員研修「NPO法ができるまで」でのキーワードです。市民活動を考えるうえで、この2点は抑えておきたいポイントです。って、どういうこと!?ですよね。
 NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会のコミュニケーション・ディレクター鈴木歩さんを講師に、NPO法(特定非営利活動促進法)ができるまで、そして改正を重ねられた経緯等を学びました。

 まず、「他力本願」。
 この「他力」とは本来「仏の力」ということですが、この言葉自体は「他人の力で願いをかなえる」というようなイメージです。市民活動で団体の目的達成にはその「他人」をどうやってうまく巻き込むか、「他人」の力をどうやってうまく生かすか、が重要な部分なのです。

 そして「みんな忙しい!」って、本当に皆さんの日常生活、仕事あり、家事あり、子育てありで忙しいですよね〜。忙しい人たちを巻き込むのは心苦しい、という気持ちになることが多々あります。ですが、「みんな忙しい!」を前提に、巻き込むしかけを作ることがポイントです。「お気軽感」、「お試し感覚」のある参加方法のメニューが必要です。

 その一つとして「寄附」という参加方法があります。
 山口県のアンケートで、県民の寄付への意向について尋ねたところ67%もの人が「条件によっては寄付してもよい」と答えています。その条件とは寄付金の用途があらかじめ明らかになっている、または使用後明らかにされる、ということが強く求められています。これらは、団体の情報発信に関わることでもあります。その他、「少額でも寄附できる」とか「手軽に寄附できる」というような、お気軽感も寄付を促す良いきっかけのようです。初めての寄付で参加してみた方がその後満足感を得られれば、次回の参加につながる可能性大!というわけです。

 また、NPO法では認定NPO法人には寄付した人、寄付された団体の両方に税制優遇があります。このように、団体活動を持続するため、円滑にするためにNPO法は道具としてうまく使ってほしい!というのが鈴木さんの願いです。

 市民活動に関わろうと思うきっかけ、理由は人それぞれ違います。人は、仕事や家庭以外にもどこかに帰属していたいという「社会的欲求」があるものなのだそうです。NPOへの参加はこの欲求を満たし、その人の「自己実現」、「自己表現」となります。団体側からは、人々のいろいろな欲求に応じた参加方法の提案を準備することで「他人の巻き込み」がよりスムーズになるのです。

 社会のためにも、人がその人らしくイキイキと生活するためにも、NPOってやっぱり大事!そう思える研修でした。

(スタッフ 河村)
 
ライティングマラソン’12 [2012年12月08日(Sat)]

うもお久しぶりです。さぽらんて学生スタッフの吉木和希です。
最近急にくなりましたね…
さらに、これからは忘年会シーズンで財布もくなりますからね…
防寒対策大事です!!気候も財布もね!!


はい、今回のブログのテーマは…

「ライティングマラソン’12」
全世界の人たちと一緒に手紙を書きませんか?


吉木ブログ用.jpg

吉木ブログ用7.jpg


「ライティングマラソン」ってなんのことだろう…


ライティングマラソンとは、アムネスティの活動の基本である「手紙書き」を「長時間」行うことから「マラソン」をもじって名づけられました。つまり、「長時間手紙書きに取り組むイベント」ということです。

走るわけではないのです!!
ちなみに、「書きながら走る」と吉木が思っていたのは内緒です。


このイベントは世界人権デー(12月10日)を含む期間(今年は12月7日〜16日)アムネスティの取り上げた人権侵害の救済を目的に手紙書きを行います。また、世界規模で行われているため、1人の手紙を書く時間が短くても地球上のどこかに手紙を書く仲間がいることになります!!
 2011年のライティングマラソンには78か国・約38万人が参加し、多くのアピール・メッセージが送られました。
 


 そこで、本日12月8日に「さぽらんて」で今回のイベントが開催されました!!
内容は ≪良心の囚人解放のための手書き&茶話会≫ についてでした。
 今日は
@中国で違法な自宅監禁、拷問された人
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/blog-entry-236.html
Aアメリカで起訴なし拘禁された人
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/blog-entry-246.html
Bエジプト軍兵士たちに襲われ頭蓋骨を骨折した女性
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/blog-entry-238.html
Cグアテマラの、強かんされ殺害された娘の母
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/blog-entry-239.html

の4人にフォーカスし、救済するために大統領や当事者に手紙書きをしました。


内容とは裏腹に、イベントは楽しい雰囲気で行われました。

吉木ブログ用4.jpg

そして吉木も厚かましいですが、参加させていただきました!



吉木ブログ用5.jpg

手紙を書き終えて茶話会を行うと、人権侵害以外に、日本の政治、個人の将来について笑いや真面目な雰囲気を交えながら話し合いました。

吉木ブログ用8.jpg

今回は幅広い年齢の方に御参加いただきました。
去年のこのイベントに参加された方も多く、去年とは違う人を救済しなければならない状況を嘆いていました。
「継続は力なり」とは言いますが、こうした継続をすることで多くの人が人権侵害から救済されることに期待しつつ、人権侵害のない社会、不当な処遇を受けない社会の形成に繋げたいものです。
参加してみて、人権侵害は今の私の生活ではあまり触れることができない話題でもありましたが、こうして世界で人権侵害を受けて苦しんでいる人たちが多いことから、無関係な話ではないのだと感じました。


吉木ブログ用3.jpg


さぽらんて学生スタッフ 吉木
こう見えて 新人です。 [2012年09月13日(Thu)]

お初にお目にかかります。
そしてご挨拶が遅れました。
7月から「さぽらんてスタッフ」となりました久保田です。
写真 (1).jpg

特定非営利活動法人あっとの理事とほっとさろん西門前てとてとのスタッフもしています。
そんな訳(どんな訳)で月に5回ぐらいの勤務ですが、新人なので教えてもらうこともたくさんで優しい諸先輩方に鍛えてもらってます。←半分うそです。(笑)
そして毎回たくさんの出会いと刺激をもらっています。

今日の出会いは「SAORI山口」の森さん。
スタッフミーティング中に登場されました。
今日はミーティングをパソコン前ですることになっていて来館者が来られたらそちら優先ねと柔軟な体制で進めていました。

そこで、「久しぶりに街に出てきたわーー」と森さん。
センター長と近況を話すうち私たちにもさをり織りの話をしてくれることになって、活動の始まりから今の課題まで話してくれていたら、次に訪れた来館者が森さんの旧知のお知り合いで…これこそ久しぶりの再会だとご関係を教えていただきました。。
「たまに街に出てくるもんだわー。家にじっとしていてもこんな出会いはないからね。」とニコニコ笑顔。しばらくさぽに滞在していかれてました。
写真.jpg

このように街に出ると…そして、さぽらんてに来てみると色んな出会いがあなたを待っています。どうぞ、おいでやす、さぽらんてに。。。

SAORI山口の活動の関連記事が1月4日のさぽろぐに載っていますのでそちらも紹介します。

http://blog.canpan.info/sapolog/archive/340

新人スタッフ 久保田美代

猫の譲渡会 [2012年08月05日(Sun)]

最近とても暑くなりましたね(´・ω・`;)
みさなん熱中症などには気を付けてくださいね〜

さて、今日はさぽらんてで「よつばの会」さんによる猫の譲渡会とフリーマーケットが行われました晴れ
朝からたくさんの方々が来られていて、とてもにぎやかでした!
ネコちゃんたちの元気な鳴き声も聞こえていましたよるんるん

ネコちゃんたちの様子ですかわいい
image1.jpeg



image 2.jpeg
このネコちゃんは爪を切ってもらうところでした^^


image2.jpeg
       キランッ ぴかぴか(新しい)      

本日のベストショット黒ハート
ネコちゃんがカメラの方を向いてくれました(・ω・)揺れるハート

1匹でも多くのネコちゃんたちにはやく新しい家族が見つかってほしいです ><
みなさんもぜひ1度猫の譲渡会に足を運ばれてみてはどうですか?^^

次回の猫の譲渡会とフリーマーケットは9月2日の10時からです。
譲渡会は12時、フリーマーケットは5時までです。

よつばの会 http://blog.canpan.info/yotsubanokai/

スタッフ ほりのうち
ビーズはあな・ここあさんによるビーズ・キルト手作り体験♪ [2012年07月28日(Sat)]



本日は特定非営利活動法人ラブコミュニティライフさんが
授産活動として取り組んでいるビーズはあな・ここあ

ビーズ・キルト体験と授産品の販売会がさぽらんてにて開催中でするんるん

はあな.jpg


かわいらしい看板が目印目


夏休みの宿題・・・いえいえ
工作体験にもってこいの発砲トレイをリメイクしたトレイや万華鏡づくり黒ハート
カラフルな材料を見ているだけでわくわくしますグッド(上向き矢印)


torei.jpg




体験できるっていうのが素敵すぎぴかぴか(新しい)
世界に一つだけのオリジナル作品。
宿題にも(しつこい?)プレゼントにもいいかもしれない。

体験コーナー.jpg


夏にぴったりな涼しげなリース新月
大作ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

リース.jpg


次回の開催は12月ごろを予定しているそうです。
日程、決まり次第さぽらんてのカレンダーにお知らせいたしますので
お楽しみに!


外で思いっきり体を動かすのもよし!
山よし!
海よし!
川よし!
祭りよし!

そして手先を使った作業も集中力アップでよし!

そういえば・・・

さぽらんてスタッフの息子たち3人は
今朝、阿東のお寺合宿に出発しました!!



しっかり修行してきますように手(グー)


スタッフ おだ
一の坂川の水生生物写真展Inさぽらんて! [2012年07月23日(Mon)]

梅雨が明け、いよいよ本格的な夏とうらいですね晴れ
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日7月23日(月)より7月31日(火)までの間
さぽらんてにて一の坂川周辺地区ブロック協議会さん主催の写真展示会を開催しております。


チラシ.jpg



一の坂川の西京橋から千歳橋までの川の再生と周辺のまちづくりの活動をしている団体さんですぴかぴか(新しい)
ブログでは、美しい草花やまちの風景など
四季折々の変化を発信されていますので覗いて見てください目
癒されます揺れるハート


今回の写真展は、一の坂川に生息する生物たちが主役です。

川で水遊びをする子どもたちの姿は、夏の風物詩グッド(上向き矢印)
うちの子どもたちももちろんザブンあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

きっとわくわくするような生き物が
子どもたちの(大人も)好奇心を刺激してくれますね。

サワガニなんかもいるんですかっexclamation×2
サワガニ.jpg




一言で川と言っても、きれいな川に生息する生物
汚れた川に生息する生物がいます。

一の坂川にはどんな生物がいるのでしょう?
川を知る。川の生物を知ることは環境を守る意識もきっと育んでくれすはず。

もっとよく知ろう.jpg


一の坂川周辺地区ブロック協議会さんの写真で
初めて見る生物もいました目

生物の名前入りです。
一見の価値ありぴかぴか(新しい)

お気軽にお立ち寄りくださいませ手(パー)



さぽらんてスタッフ おだ
| 次へ