CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月30日

インターンシップブログB

今回私は、山口市で活動するNPO法人のさぽらんてさんの協力の元、ボランティア活動をさせていただきました。私自身今までボランティア活動をしたことがなく、またNPOについての知識も全くなかったため、今回の活動を通して多くのことを学ぶことができました。
はじめに、さぽらんてさんで実習についてのオリエンテーションを行いました。ここではアイスブレイク、さぽらんてさんとNPOについての説明、社会人としての心得や今後についての説明、自分の参加するプロジェクト決め等の活動を行いました。「社会貢献」というと自分には到底できないことのように感じていましたが、今回のボランティアも含み、様々な意味で身近なところからできることを学びました。
私は、「市民プロデュース」と「こども明日花プロジェクト」という団体でボランティア活動をさせていただきました。
「市民プロデュース」では計4日間、活動をさせていただきました。まず山口ゆめ花博でのボランティア活動をする前に、市民プロデュース説明会に参加、また会場の設営や手伝いをしました。市民プロデュースがどのような仕事をしているのか、地域づくりをする際の意識や協働するにあたって対話が必要である等、ボランティアをするにあたって必要なことを学びました。その後からは実際に山口ゆめ花博で活動を行いました。山口ゆめ花博では主に、みんなのガーデンハウスの建物内外で困っている人の案内をしました。お手洗いの場所や食事をする場所を聞かれることが多く、「ありがとう」と言われるたびにもっと頑張ろう、と思えました。ボランティアはもっと堅苦しいイメージが強かったのですが、多くの方と関わり話すことができ、とても刺激的で面白かったです。ボランティアという形で、自分が来場者の皆さまの充実したひとときに関われていることを嬉しく感じました。

大塚.JPG



IMG_6457.JPG


「こども明日花プロジェクト」では計2日間、活動をさせていただきました。1回目は子どもの居場所づくりをしました。こどもと遊んでいただけなのですが、どのように接したら良いのか、注意の仕方等、悩むことが多かったです。自らも楽しんでこどもと遊ぶことができたのですが、このボランティアで役に立てているのか少し不安に感じました。2回目は勉強会に先生として参加しました。人に勉強を教えるのは苦手だったのですが、中学生と一緒に悩んで答えを出して、と想像以上に楽しむことができました。また勉強を教えた学生が、「教えてもらって分かるようになった」とコメントを書いており、とてもやりがいを感じました。

今回のボランティアを通して、悩むことも多くありましたが、それ以上にやりがいを感じることが多く、とても有意義な時間を過ごすことができました。普段の生活では体験できないことばかりで、今後の学生生活や人生において糧になる経験ができました。最後に今回お世話になった団体のみなさんに、厚くお礼申し上げます。
(山口県立大学 国際文化学部 大塚乃々佳)

インターンシップブログA

今回、2つのNPO団体にボランティアという形で実習をさせていただきました。実習が始まる前は、NPOという言葉を知っているだけで、NPOはどのような団体なのか実際にどのように活動しているのかほとんど知りませんでした。今回の実習を通して、NPOの運営の仕組みや実際の活動について知ることができました。
まず実習を行う前に、さぽらんてさんでNPOの運営の仕組みについて教えていただきました。制度や法律などの話もあり難しいと感じるところもありましたが、地域の課題を解決するために様々な分野で様々な活動を行っているなどNPOについて詳しく学ぶことができました。普段自分ではなかなか考えない社会に貢献するということについて考えさせられる良い機会を持てました。
今回私は「認定NPO法人こどもステーション山口」さんと「特定非営利活動法人市民プロデュース」さんでボランティアをさせていただきました。
こどもステーション山口さんでは、2日間ボランティアに参加させていただきました。1日目は、こどもステーション山口さんの活動について教えていただき、子どもを対象とした舞台観賞会の運営のボランティアを行いました。設営の準備やこどもたちが安全にショーを楽しめるようにサポートをする仕事でした。ショーをしている時のこどもたちは笑顔であふれていてとても印象に残っています。ショー後に行われたつみきを使って家を作る、想像力の種では自分たちも混じって家を作りました。家を作り終わった時周りを見渡すと、いろんな家ができていて面白かったです。2日目は、山口市にある赤レンガで美術展の展示のお手伝いと次に行われる舞台観賞会の発送作業を少しだけ手伝わせていただきました。赤レンガは歴史的建造物であり、こどもステーション山口さんの管理のもと綺麗に保たれていました。こどもを対象とした活動だけでなく、地域の文化を守る活動もされていることが分かりました。


IMG_6456.JPG


市民プロデュースさんでは、1日は団体の運営についてとゆめ花博のボランティアの内容について説明していただき、3日間実際にゆめ花博でボランティアをしました。1日目は、特定非営利活動について知り、市民プロデュースでは話し合いの質でこれから実行することの質が決まるため対話を重要視した活動をしていることが分かりました。3日間のボランティアでは、主にお客様から聞かれた場所の案内をしました。最初は広い会場内をあまり把握できておらず、場所だけでなくその日のイベントについてなど細かい部分を聞かれると答えられないことやうまく説明できないこともあり反省することもありました。しかし、回数を重ねていくうちに場所も覚え、どのように説明したら分かりやすいかなどを考えながらボランティアを行うことができました。案内後に「ありがとう」と言っていただくことも多く嬉しかったです。また案内だけではなく、お客様とゆめ花博の感想やちょっとした会話を交わすこともあり、楽しく活動ができました。


IMG_6457.JPG


今回の実習を通して、NPO団体の実際の活動を知ることができました。NPOでのボランティアは初めてで、多くのことを学ぶことができたと思います。社会貢献という言葉を聞くと、仕事に就いていない自分には難しいと思っていましたが、様々な形で人の役に立てることを実感できました。この実習で学んだことをこれからの学校生活や将来社会人になった時に生かしていきたいと思います。今回ご協力してくださった団体の方々に感謝しています。ありがとうございました。
(山口県立大学 国際文化学部 辰和佳奈)

2018年10月26日

山口ゆめ花博のウラ話

こんにちは、皆さんは山口ゆめ花博にいかれましたか?
私はプライベートで家族と、そしてボランティアの方々への取材で数回行ってきました。
花博というだけあって、会場はどこもかしこも綺麗な花でいっぱいでした!
今回は、花博に取材に行ったときのことを書いていきます。

取材に行って驚いたのはボランティアさんの役割の多さです。花の管理・ガイド、車いすの貸出し、ゴミ拾い、その他にも遊び場のサポートなど、毎日多くのボランティアさんが参加していました。私が取材した日はどの日も日中の気温が高く、長時間活動する皆さんの姿に労いの言葉をかけずにはいられませんでした。

取材した方の中には、今回人生で初めてボランティアに参加したという高校生もいれば、10日以上も花博のボランティアに参加しているというベテランさんもいました。高校生たちが緊張する!と言いながらベテランさんたちに囲まれて一生懸命活動する姿はとてもほほえましかったです。
そんな中、皆さん口を揃えておっしゃっていたことは「お客さんの笑顔や感謝の言葉が嬉しい」です。「お客さんの笑顔を見ると、自分も笑顔になって頑張れる。」その言葉を聴いたとき、笑顔や感謝って人のパワーに繋がるすごいことなんだと思いました。

花博も残り1週間。まだ行ってない方はもちろん、皆さんぜひ足を運んでみてください。

43744320_2006960712683402_2116036185221496832_n.jpg

(学生インターンスタッフ ほうさこ)

2018年10月16日

インターンシップブログ@

今回、私はさぽらんてさんの協力のもと、山口市で活動する地域NPOでボランティア体験をさせていただきました。今までの人生においてボランティアというものを経験したことがなかったので、今回の活動を通してボランティアの意義や役割、NPOの実際の活動について知ることができ、良い経験を積むことができたと思います。
まず、実習を行う前にさぽらんてさんでNPO法人やボランティアについて教えていただきました。自分が知らないだけで、山口にも多くの市民団体やNPOが活動していることが分かりました。団体運営などは複雑で理解することが難しかったですが、ボランティアや地域貢献の重要性について考える機会がもてました。また、この日は自己紹介や様々なテーマに関するワークも行いました。発言したり、自分のことを伝えたりすることは苦手ですが、今後の就活や大学生活でも活かせると思いました。
今回、私は実習先として「NPO法人 あっと」と「こども明日花プロジェクト」という団体でボランティアをさせていただきました。
こども明日花プロジェクトでは計二日間、中学生の学習支援と子どもの居場所支援のボランティアを行いました。学習支援では、私は中学一年生の女の子を担当しました。初対面の上にとてもおとなしい子だったので、まずコミュニケーションをとることで苦労しました。子どもたちがのびのびと学習に取り組める雰囲気作りが大切だと感じました。居場所支援では、なのはなハウスというところで主に小学生の子どもたちと一緒に遊びました。元気いっぱいな子どもたちが多くとてもにぎやかだったのですが、子どもに対する注意の仕方や接し方が難しかったです。
あっとでは計三日間、てとてとというところでまだ未就学児の幼い子どもたちと遊んだり、そのお母さん方とお話したりしました。小さい子は急に泣き出したりするので、接し方や話しかけるタイミングがより難しいなと思いました。また、人なつっこい子もいれば人見知りの子もいてそれぞれ個性が違うので、それぞれの子どもに合わせて接してあげないといけないなと思いました。お母さん方の会話の中には育児に関する相談や悩みが多かったです。私とほとんど年齢が変わらない若いお母さんもいて驚きました。
20181007_121926.jpg

20181007_122028.jpg

今回のボランティア実習を通して、大学生活や普段の生活ではなかなか関わることのできない子どもたちと触れ合ったり、団体のスタッフの方のお話をお聞きしたりして、学ぶことが多かったと思います。また、活動をしながら大変なことや苦戦することも多かったですが、やりがいや楽しさを感じることもあり、ボランティアの意義を少しでも理解することができたかなと思います。今後の学校生活や将来にも活かせる経験ができました。今回お世話になった団体のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
(山口県立大学 国際文化学部 玉島 愛)

学生インターンシップ12名

今年度さぽらんてでは、地域活動やNPOの活動を学びたいという学生インターンシップ12名を6月〜12月の間で一人60時間 (目安)に、受け入れています。
 とはいっても、さぽらんてにそんなにたくさんの学生さんを受け入れるキャパもないので、登録団体(5団体)に協力をしてもらっています。
  〜〜協力していただいている団体〜〜
  〇認定NPO法人 支えてねットワーク
  〇NPO法人 あっと
  〇こども明日花プロジェクト
  〇特定非営利活動法人 市民プロデュース
  〇認定NPO法人こどもステーション山口
  
 学生さんには、まずさぽらんてに6月9日(土)に全員集合してもらい、事前に恒例のさぽらんって何?NPOって?という基礎的なところをおさえるところからスタートし、各自やってみたい活動を選んでもらい、実習に行っている最中です。
アイスブレイク中

寄付について学習中

 一人につき2団体の活動に参加して、その活動で学んだことや、さぽらんてのことなどを順次ブログにアップしてもらいます。12名のブログが出そろったら頃、全員で意見交換会を予定しています。
 市民活動に初めて触れる学生さんも多いので参加して感じたこと遠慮なく言い合える交換会にしたいと計画中です。

(スタッフ 幸徳)