CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月17日

山口でもできることは“あります”

西日本豪雨の発災から10日が経とうとしています。
私の母校がある呉市では町のいたるところで大きな被害がでました。
まだ断水が続いている地域もあるものの通行止めが解除されるなどインフラが徐々に復活。少しずつ復興に向かって動き出しました。それでも復興ははじまったばかり。
土砂災害に遭った実家の片づけに追われている旧友や現地へボランティアに入った友人の話を見聞きするたびに何かしなくてはと焦りが募りますが、腰痛持ちの私が現地に入ったところで役に立てそうもなく・・・せめて情報発信と募金で力になりたいと思っています。

さぽらんて登録団体のなかにも今回の西日本豪雨に関して支援活動を始めた団体さんがいくつかあるようです。

りす会山口
被災地で被害に遭った写真やアルバム等の洗浄・清拭を行い、再アルバム化して現地の返却活動団体と連携して持ち主に返却する活動を行っている団体です。
洗浄依頼の受付を11日より開始し、ブログでの告知やSNSで情報の拡散を行なっています。現在、広島の被災地から依頼がありそうとのこと。依頼が確定次第、ボランティアを募集して作業を実施する予定だそうです。


山口災害救援
全国各地の被災地で様々な支援活動を行う個人の災害ボランティアで結成した団体です。
今回は岩国市社協の本部ボラセン、周東支部ボラセン、光市社協のボラセンの立ち上げをバックアップしました。現在は各ボラセンの運営支援や現場作業を行なっています。

アレルギーっ子の会「ぽれぽれ」 
アレルギーっ子をもつ親の会で、防災に関する情報発信や啓発活動も行っている団体です。現在ブログで、被災したアレルギーの方たちのための相談窓口や非常時の対応の仕方について紹介しています。

寄付先に迷ったら、自分がこういうことをしたかった!という活動をしている団体に寄付するというのも手ですよ。寄付についてはこちらの記事も参考にしてもらえればと思います。
一日も早い復興を虹雲に願いつつ。

IMG_2101.JPG


(スタッフ 川上)



2018年07月03日

小鯖・鳴滝をどげんかせんといかん

台風がきているし、ワールドカップベルギー戦が深夜にあるのでサクッと終わらせて帰りましょうと、スタートした小鯖未来プロジェクトチームの話し合い。7月2日の小鯖交流センターに仕事終わりに駆け付けた9名で熱く語り合いました。この夜の主役は「鳴滝」
※鳴滝(なるたき)は、山口市下小鯖にある滝。周辺には公園(鳴滝公園)が整備されているが近年捨て猫が繁殖し問題となっている。
 
 前回のミーティングの時に話が出ていた、地域でも未来カフェを始めた 鳴滝地域の方を囲んでの座談会でした。いつものように交流センター職員の松本さんより、KP法でプロジェクトの主旨説明と、これまでのふり返り、本日の心構えの確認からはじまりました。(短い時間で振り返りが出来、会議の方向性も分かりとても良い手法です)
IMG_5924.JPG

小鯖カタリバUでずっと住み続けたいなとだれもが思えるような小鯖にしていくためのプロジェクト企画の中のひとつ「鳴滝クリーンマルシェ」を見た鳴滝の方が、そこに住んでいるわけでもないのにこんなに真剣に話し合いをし、企画をしてくれていると感激し、自分達も「鳴滝をどげんかせんといかん!」(こんなセリフではなかったとおもう)と、鳴滝未来カフェを開催されたそうです。
IMG_5400.JPG


第1回の鳴滝未来カフェを終えての感想等も聞きながら 鳴滝のこれからを話し合う「鳴滝座談会」となりました。

鳴滝のある小鯖9区の課題
1.地域のつながりが希薄。転居してきても分からない人がたくさんいるので若い人を巻き込んでいきたい
2.鳴滝を語るに今や避けては通れない課題「猫問題」
 

猫問題についての様々な意見がでました。
 ・地域の人は糞尿のにおいがきついので猫がいなくなればいいと思っている
 ・寝るところがなくて猫がかわいそう
 ・餌をやるひと、寝床の箱を持ってくるひとがいる
 ・地域猫にするのは、住民の同意が得られそうにないので無理
 ・猫を捨てに来る人が一番の問題
 ・周辺住民はあきらめている(市と話し合いをした事もない)
 ・そもそも周辺住民も鳴滝公園に行かない限り気にもならない
IMG_5928.JPG



大きな課題として 捨てる人  あきらめる人 猫をどうするか
が浮き彫りに…

@捨てる人について…条例を作り、罰則を設ける。監視カメラ。監視人。いろいろ意見がでましたがそもそも周辺住民がこのルールを必要とするか・・・ということで次の課題に

Aあきらめる人…対策をしてもキリがない。自分たちの力ではどうにもならない。

B猫をどうするか…T地域猫にして市に避妊去勢代金を出してもらい、増やさない対策をする。(事務局はどこ?)U猫シェルターを作り譲渡先を探す(誰が?) V 猫がいてもきれいで臭くないならよい。砂場を何か所かつくりその砂場の管理を誰かがする(誰?)

課題を整理することによって何かが見えてきたような気がします。
〇猫をいきなり排除するのではなく共存できる形を探りながら徐々に減らし、昔のように子どもが水遊びをしに来たくなるような鳴滝にもどす。
〇周辺住民だけでなく小鯖住民全体で、鳴滝をキレイにして憩いの場にするという意識をもつ。


課題解決にはまだまだ時間がかかりそうですが、こうやって何度も話し合いを重ね いろいろな人と結びつき問題点を共有することによって、難しい問題も少しずつ紐解いていっている感じです。
大切なのはこの問題を自分事として捉えることのできる人を増やすこと。自分事として捉えれば「どげんかせんといかん」と思えるはず。どげんかせんといかんと思える人をどの様に増やしていけるか、進化していっている小鯖、これからも楽しみです!!

<スタッフ こうとく>