CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月28日

周南市三丘(みつお)に視察に行ってきました

休館日の水曜日に、周南市三丘(みつお)地区に視察に行って参りました!
山口市協働推進課4名、小鯖地域づくり協議会事務局長さん、旧さぽ学生スタッフで現広島市社協職員1名、さぽスタッフ5名の総勢11名。

10年で100人いた子どもが半分以下に減り、そのことに危機感をもった三丘は、「ずっと子どもがいるまちプロジェクト」を立ち上げました。集落調査で吸い上げた地域の声や他市の事例をもとに話し合いを続け、「定住」「産業」「環境」「学校」の4つの部会を中心に「子どもの数をもう減らさない」この一点に集中して、そのためにできることを、それぞれの部会が事業として取り組んでいます。

それぞれの部会が“キーマン”となる人を呼び込んで、そこから人の輪を広げ、子ども、若者、移住者・・・多くの住民を巻き込んで事業を展開しています。

その秘訣は?

コミュニティ協議会の会長さんはこう言います。
「うちは女性陣が元気だから。それにつきる!」

産業部会の女性リーダーさんはこう言います。
「課題が明確だから。子どもの声が聞こえないまちにしたくない、子どもをこれ以上減らせない、誰もが思うことだから。それを伝えてくれるキーマンがいるから、人がどんどん巻き込める。でも一番は、会長さんが若い人の意見を聞いてくれて、自分たちのアイデアを全力で応援してくれる。だから安心してとことんやれるんです。」

人が育つってこういうことなんだなぁと思いました。だから人が動いて地域が変わる。

三丘では、大人と子どもの関係もこの通りでした。

子どもの意見やアイデアを取り入れる。
子どもに任せてみる。
一緒にやってみる。
お互いを認める。
仲間になる。

定住者を受入れて、単純に数を増やそうとするのではなく、人とのつながりで地域への愛着を育てて「ずっといたい」「帰ってきたい」のタネをまく。そこに若い世代や女性が中心となって水をやる。子どもも大人もそれを手伝って。そうすることで自分たちの地域愛も一緒に育っていく。会長さんは太陽かなぁ・・・。

三丘のあちこちで、色んな芽が出ているのを感じました。

初めて訪れた地なのに、私も大好きなところになりました。
私たちもしっかり「また来たい」のタネを持ち帰りました!
IMG_9285.jpg


ほっと三丘コミュニティ協議会のHPはこちら
ほっと三丘産業部会のフェイスブックはhttps://ja-jp.facebook.com/mitsuokopro/


<スタッフ おだ>


2018年06月15日

対話してますか。


HPリニューアルして団体の情報発信も頻繁になり、さぽスタッフのブログも止まることがありません。
(2回に1回は学生スタッフだけど・・・)

やはり、当番表の効果てきめんです。
ルールとゆるさのバランスがとれているさぽです。(多分・・・)


さてさて、本題です。

人は、様々な問題に「話し合う」ことで立ち向かいます。
これまで経験したことのない超高齢化社会を目前に控え
日本全体が大きな転換期を迎える中
問題を明らかにし、解決に向けて前向きに動き出すために、私たちが率直に話し合うこと、つまり対話がかかせません。

この「対話する力」を育むのがファシリテーションです。

関わる一人ひとりの経験や思いを尊重し、
円滑なコミュニケーションと相互作用の中で、より深い理解や創造性へとつながります。

今の危機的状況に対して不安を抱えていない人はいないはず。
誰もが、「自分はなにをすべきか」自問している経験はあるはず。
アイディアや提案のひとつ、二つは胸に抱いているはず。
そんな思いを語りあい、話し合う場があったらなぁ〜

ということで、さぽらんてでは、多様な主体同士の話し合いを進めています。

20170601_115719[1].jpg
20171020_202610[1].jpg
20171027_151621[1].jpg


もともと議論が苦手な日本人。
自分の意見を否定されると人格まで否定されたように感じてしまうこともあります。
でも、ファシリテーターがいると安心して話せます。

■対話のポイント
@なんのための対話なのかその意味を探求し、共有する
A偏見を持たずに正しい、正しくないという判断をせず、相手の話に自由に耳を傾けられる雰囲気
B対話のプロセスを通じて一緒に創りだす喜びがある
 その上で目標、行動、方策、役割分担など「具体的になにをしていくか?」を話し合うのが議論
 安易にわかったふりをしない(面倒くさい対話を続ける覚悟)
○解決が困難な問題でも問い合うことが大切

■ファシリテーションとは
○ファシリテーター(共創促進役・協働促進役)、対話を促進する役
○「そもそもそれって何」「本当にそうなのだろうか」「他の考えはできないのだろうか」と探究を深める
○知っていることには限りがあることを知る(専門家の巻き込み・情報提供)
○集った人の関係の質を高め、チームとして取り組む土台づくりとしてのワークショップの運営
○人と人が有機的につながり、強くて元気な活性化された組織や社会をめざす


第2次山口市の協働推進プランが策定されました。
その中にも 〜共に話し、共に汗をかく〜
とタイトルにあります。

これからもみなさんの対話応援します。

みなさんも、夫婦や家族の対話から始めてくださいませ。

<わたなべ>

2018年06月10日

はじめまして(^^)!

はじめまして(^^)!

今年度からさぽらんてで学生スタッフをさせていただくことになりました、山口県立大学3年の近藤と申します(^^)

と言っても、実は大学1年生の時からさぽらんてや職員の皆さんには何度も何度もお世話になっているのです…

そのうちの一つが、私が1年生からボランティアとして活動させていただいている「子ども明日花プロジェクト」です。
この活動は、家庭の事情や経済的理由により、勉強や食事に困っていたり、見守ってくれる大人が周りにいなかったりする子どもたちを支えるために、学習支援・生活支援・居場所づくりなどを行っている団体です。
勉強以外にも一緒に話をしたりご飯を食べたりと、参加する度に子どもたちの成長が感じられ、私にとってもすごく特別で大好きな場所です(*^^)


そしてもう一つがインターンシップです。
私は昨年の9月にさぽらんてでの5日間のインターンシップに参加しました。
いくつかの団体さんで実際に活動のお手伝いをさせていただき、社会の一員として働く事の大変さややりがいを感じることができました。
その時の様子をさぽろぐに書いているので、読んでいただけたら嬉しいです(^.^)
そして、今もう一度学生スタッフとしてさぽらんてで様々な活動ができている事をとても嬉しく思っています(*^_^*)


梅雨の季節になり、なんとなくやる気が出ない…なんて方もいらっしゃると思いますが、無理をせず体調に気を付けて過ごしてくださいね(*^_^*)
今後ともよろしくお願いいたします(^.^)

<学生スタッフ 近藤>

2018年06月01日

ええやん新聞17号プレゼント当選者決定&裏話

さぽらんてでは最近「腰痛」ブーム…(私と川上の2名だけですが)
季節柄というのもあるのでしょうか。
先日初めてカイロプラクティックに行ったので、なんとか梅雨が乗り切れそうと思っている腰痛持ちの藤岡です。


さて、昨日は5月31日でしたが、何の日だったかご存知でしょうか!?

検索したら「世界禁煙デー」と出てきた…
毎月31日は某アイスクリーム店の商品が31%オフ…

いえいえ、まだありますよ!

ええやんファンの方はすでにお分かりかと思いますが、今年2月2日に発行された「ええやん新聞17号」のプレゼント締切日だったのです!

DSC_1335.JPG

本日、次号の会議後に抽選会を行い、メール、ファックス、ハガキにてたくさんのご応募があった中から、7名の方が選ばれました!おめでとうございました!

DSC_2167.JPG
▲今回はハガキ率が高かったです(左から藤岡、田中、吉冨記者です)

いつも紙面へのご感想や励まし、こんな情報が紙面に載ったらうれしいな〜など、たくさんご意見が集まり、私たちええやん記者のパワーの源になっています!
応募してくださった皆様、本当にありがとうございました。
(当選された7名様には、賞品の発送をもって発表に代えさせていただきます)


ここからは今回のプレゼント裏話を少し…

▼裏話を読む