CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月08日

インターンシップE

今回私はさぽらんてさんの協力のもと山口市で活動する地域NPO法人でボランティア体験させて頂きました。今まで、NPOという団体の存在は知っていましたが、具体的に何を行なっており、どの様に運営されているかなどを知る機会はありませんでした。今回の実習を通してNPOの事や山口市で実際行われているボランティアについて多くの事を学ぶことができ、自分の視野が広がりました。もともボランティア活動には興味はありましたが、なかなか行動に移すまでの一歩が踏み出せずにいたので、今回の体験は自分のこれからの人生においても大きな影響をもたらせてくれました。

 6月9日に行われたさぽらんてでのオリエンテーションでは日本にあるNPOの種類や活動意義、運営の仕組みなどについて学びました。またその日は、自己紹介や他者紹介を行いました。実際ボランティアされている方々のボランティアをしようと思った経緯も聞く事が出来様ざまな価値観にふれることができました。

 私は実習先として「こども明日花プロジェクト」と「認定NPO法人こどもステーション山口」の二つの団体の活動に参加させていただきました。

「認定NPO法人こどもステーション」では計2日間のボランティア体験をさせていただきました。こどもステーションでは、こどもが豊かな子供時代を過ごし、伸び伸びと自分自身を表現できるように様々なイベントを展開されており、私たちはそのイベントのお手伝いをしました。その日展開されていたイベントはエンターテイナーの方がマジックや様々なすばらしいパフォーマンスをされていて、イベントの終盤にはその方が持って来られていた海外で作られた特殊な積木を床いっぱいに並べ、子ども達は想像力を働かせ、思い思いの作品を作っていました。その中には小さな子供から中学生や高校生、大人までもが参加しており、あまりない光景に驚きました。今の時代、子どもが主体となって、想像力を働かせ遊べる空間はあまりないと思もうので、貴重な体験をさせていただきました。

IMG_6488.JPG

IMG_6489.JPG


「こども明日花プロジェクト」では計4日間ボランティアに参加させていただきました。最初の二日間は子供の居場所づくりのためのお手伝いとして、学校帰りの子ども達と一緒に遊んだり、子ども達が安心して過ごせるためのサポートをしました。想像していたより元気な子供が多く、コミュニケーションを取るのに少し苦労した部分もあったけど、素直な子ばかりで、自分も同じ様に楽しめました。
後の二日間は高校進学を目指して一人一人に合った学習支援のお手伝いに参加させていただきました。どの子もまじめに勉強に取り組んでいて感心しました。「こども明日花プロジェクト」では毎回お昼ごはんが子ども達のために用意されていて、アットホームな空間が子ども達にとって安心できる空間となっており、第二の家族みたいに見えました。
その空間に居ることができ、心がホッコリしました。
 今回のNPOでの実習を通して多くのことを知り、学び吸収しました。ここでの経験は確実に自分の視野を広げてくれ、自分の今後の将来に良い影響をもたらせてくれました。一概にボランティアと言っても様々で、それぞれの団体が強い信念のもとに活動されており、素直にかっこいいなと思いました。今回の実習で子供と関わることができ、いろいろと気づく事がありました。子どもは本当に純粋で、良いことも悪いことも、多くの事を吸収できるからこそ、伸び伸びと安心して過ごせる場所を提供することの素晴らしさと、大切さを身を持って感じました。

                       
山口県立大学2年 運天 香織