CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月01日

さぽらんてでのインターンシップ5日間

今回、私はさぽらんてで5日間のインターンシップに参加させていただきました。
活動について、よく理解しないままインターンシップに参加したのですが、5日間を通して多少は知ることができたと思います。この5日間では、職員の方達の活動についてのお話を聞いたり、実際に市民活動をされている「こども明日花プロジェクト」にボランティアのような形で参加したり、セミナーに行ったりといろいろな経験をさせてもらいました。
IMG_6283.JPG

 初めに、市民活動やNPO法人について教えてもらいました。実際に色んな市民団体の史料を見せてもらい山口にも気づかないところで活動しているということがわかりました。初日には自己紹介ももちろんしたのですが、自己紹介と共に感動したことや最近感じた幸せについて話しました。そういった話をしたり考えたりすることで雰囲気や印象がだいぶ良くなるそうです。今後面接などで活かせたらいいと思います。

 また、こども明日花プロジェクトという親子の支援を行う活動をするプロジェクトの話し合いの場に参加しました。資金面であったり、職員の目指す方向だったり多くの課題をどうしていくのかを考える重要な場であることを体感で来たなと思います。
 そして明日花の一環として学習ボランティアに行き中学生の子供たちに勉強を教えたり、なのはなハウスというところで小学生を中心に遊んだりしたのですが、関わり方に四苦八苦しながらもこどもたちの元気さに癒されました。現場で働く大人たちがみんな真摯に子供と向き合う姿勢を持たれていてとても印象的でした。
またソーシャルマネジメントセミナー、協働を推進するためのシステムコーティングに終日参加をしました。ソーシャルマネジメントセミナーでは、支援団体、市民団体、行政の面々が集まり、市民活動をより分かりやすく世間に伝えるための計画書づくりを午前に学び、午後からは支援団体と市民団体が協力して活動計画書を作成するワークをしました。知ってもらうことで活動の幅や理解が広がることになるので、自団体の理解や他者への理解を深めるためにも活動のビジョンや課題を掘り下げる計画書作成の重要性がわかりました。
システムコーティングでは、ただ話を聞くだけでなく、他の参加者の人と話したり考えたりし自己理解、他者理解を深めることができました。社会人の方たちと話せる貴重な機会だったので楽しかったです。また、組織の内側や人間関係、考え方など立場や環境が様々で多様な話を聞けて面白かったです。

 なんとなく、昔興味あったから参加してみようかなあといったぼんやりした考えでインターンシップに参加しましたが、さぽらんてであったり市民活動であったり様々な場所で話を聞き体験し中身を知ることで学べたことはとても多かったと思います。今後、ここで学んだことを活かしていきたいと思います。
5日間ありがとうございました。