CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月02日

ええやん新聞裏話〜デザイン編〜

夏休みになり、いよいよええやん新聞18号の編集も終盤戦に突入しました!
今日の会議では記事の修正を確認し、最後の仕上げ&最終チェックをしました。
あとはマンガの出来上がりを待つのみかな♪

さて、お待ちかね?のええやん新聞裏話コーナー。

「ええやん新聞の色やデザインってどうやって決めてるの!?」

うん、いい質問ですね。

レイアウトは1面、4面はだいたい決まった枠に記事を入れ込む感じです。
17-1-4.jpg

内側の2、3面(中面)は私たちええやん記者が、趣旨にそってゼロから考えます。
17-2-3.jpg

17号のときは、中面に「防災士目線」「市民活動者目線」「女性目線」「被災者目線」の記事を入れたい…

でも、それだけじゃただ発信するだけになるので、まず問題提起をし、記事を読み、それに対して読者の皆さんが何をすればいいのか?どのように動けばいいのか?を提案するまとめ記事を最後に持って来よう!ということにしたいけれど…どうやって紙面割すれば…

04.jpg

素人たち、煮詰まります(笑)

そこで、ええやん新聞創刊号からデザインを担当してくださっている「やまでらわかなさん」の登場!!

154961.jpg

わかなさんはママトコや山口市の資料などの挿絵、四コママンガなどを手掛けているスーパーイラストレーター♪イラストACなどでもフリーイラストを提供されていますよ。

わかなさんが会議に加わってくださり、私たちの意図をくみ取り、キャンパスにうまく記事を乗せてくださるんです!
17号では、時系列にして防災、発災から復興期まで見やすくレイアウトしてくださいました。
さらにわかなさんの描いた可愛い挿絵やわかりやすいマンガを加え、さらに興味を引いて読みやすく!

テーマカラーはええやん記者がこれまでの紙面を見て、最近使ってない色や、季節に合った色をリクエスト。メインカラーは2色。1面の写真の雰囲気と合わせながら決定します。



今編集中の18号はええやんスタッフが「ええやん史上最高の内容!」と自負する大作に仕上がっています!
9月末にはご覧いただけると思いますので、どんなデザインになってるかも合わせてお楽しみに〜♪

【ええやんスタッフ 藤岡】