CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月06日

「はじめまして」と「かぎしっぽの会」

はじめまして!今年度から学生スタッフをしている小笠原です。
はじめましてといいつつも、さぽろぐを書くのは2回目になります。

私は、今日で5回目の出勤です。
しかし一向に慣れる気配はなく、いつも緊張しております。
しかし、さぽらんてで業務を行ううちに、様々な団体の活動を知り、その活動があってこそ社会が成り立っているのだと認識しました。支える側の人、支えたいという気持ちのある人のことをとても尊敬しますし、私もそうなりたいと思いました。
まだまだ知らない事ばかりですが、これからよろしくお願いします!


さて、今日は「かぎしっぽの会」の会議に参加させていただきました^^

「かぎしっぽの会」は、人も猫も住みやすい地域をつくるため、飼い主のいない猫のTNR(Trap捕獲する、Neuter不妊手術、Return猫を元の場所に戻す)の啓発と実施、飼い主のいない猫の里親探しの情報発信などをこれから行おうと立ち上がったばかりの団体さんです。

現在、飼い主のいない猫に関する問題がたくさんあります。
高齢者に飼われている猫の今後、地域住民の猫に対する考え方や知識、TNRの費用などについての話し合いがなされました。


今後は、保健所などで募集されている里親の情報発信や、愛護センターへ訪問、個人で助けを求めてきた人に対しての個別の対応を行い、市が直面している問題の解決のために情報・知識を取り入れながら活動をしていくようです!

今回、会議に参加させて頂いて、全く知識のない私でも問題意識が芽生えるほど、抱えている問題が大きく、解決が難しいと感じました。飼い主のいない猫のために自分ができることとはなにか、今の私には思いつきません。問題解決のために動いてらっしゃる方のパワー、努力を感じました。
人間の勝手で終わらない、猫たちにとっても住みやすい地域になれば、と願っています。