CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年07月24日

山口県中間支援者向けマネジメントセミナー開催しました

7月21日(金)県内の中間支援組織限定のマネジメントセミナー(山口県委託事業)を開催しました。
猛暑の中、県内から市民活動支援センターの職員や市町の担当課の職員の方々53名が支援力を磨くために参加してくださいました。

5.jpg

講師は、非営利組織のマネジメント支援の達人、(株)PubliCo CEOの長浜洋二さんです。

6.jpg

みなさん「中間支援組織」ってご存知ですか?
一般的には、NPOを支援するNPO「NPOセンター」「ボランティアセンター」、行政と地域の間にたって様々な活動を支援する組織地域づくりセンター」などをさします。

県内の中間支援組織、場所や機能は違うのですがめざすものは「みんなで支える持続可能な地域社会」なのではないのでしょうか。
それらの担い手となる、現場のNPOや自治会、地域づくり協議会などは概ね、「会員が増えない」「若い世代の関わりが少ない」「人材育成が難しい」「多様な財源確保が難しい」「理想の事業を行える体制(人材・財源)が整わない」などの共通の課題を抱えています。
そこで、必要になってくるのが中間支援組織です。担い手の様々な困りごとを伴走しながら支援し、市民が願うサービスを生み出し、巻き込み、公共を支える担い手となれるようにと導いていかなくてはいけません。
そのためには、相談対応だけではなく、ビジネス手法や寄付集め、調査研究など様々な支援スキルが必要です。しかし、現状では、様々な機能が求められる中間支援の体系的なスキルアップの機会はなかなかありません。
ということで、今回は、まず中間支援組織の意義を明確にする。そして、基本の支援力である支援先の意義を明確にする。そのための手法ロジックモデルを学ぶ機会を設けました。

セミナーの概要は・・・。

■中間支援に必要な7つの力
 中間支援組織を取り巻く社会環境も変化し、
 支援プレーヤーは、企業(CSR/CSV)、コミュニティ財団、プロボノ、地域金融機関など多様化
 支援スキルは、ビジネス手法を持つSB/CBの登場、WEBを活用した取り組み、地域運営組織の登場、ファンドレイジングやマーケティングなど高度な支援ニーズが必要となってきた。
そんな中で中間支援組織に基本的な機能について学びました
これからの中間支援組織に必要な力 PubliCo 

1.jpg

2.jpg
<長浜氏配布資料より抜粋>

■山口県の中間支援組織の(機能)のリアル
 今回の事業にあたって県内の中間支援組織の「支援力」診断シートを記入してもらいました。
 その平均や主な課題を振り返りました。

■「支援力」の解題解決に向けて<全体ワーク>
 参加者それぞれのチームで課題を共有し、その後その他のチームの課題に対するアイディアや意見を貼り付けて行きました。

■お昼休み
 有意義な名刺交換や、チームの中での課題共有の時間となったようです。

■中間支援者に必要な力のひとつコミュニケーションについて
 天使の聴き方・悪魔の聞き方、オープンクエスチョン・クローズドクエスチョンを使い分けて本音を探り当てる質問などの説明の後、初めての人とペアになり、傾聴と質問のミニワークをしました。

■ロジックモデルの説明&策定
後半の3時間はみっちりと、ロジックモデルを学び、実際に策定してみました。
【ロジックモデルとは】
ロジックモデルとは、ある施策がその目的を達成するに至るまでの論理的な因果関係を明示したもの。
個々の事業がミッションの達成、及びビジョンの実現に繋がることを整理・確認することが狙いで、
言わば、社会課題解決に向けた設計図です。

3.jpg

4.jpg
<長浜氏配布資料より抜粋>

自らを統治するためのロジックモデルを策定することは簡単ではありませんが、少ない体制で求められる機能が広がっている中間支援組織にとっては、この一手間をかけてロジックモデルを組織で共有することが今後の支援力に大きく影響してくるということは実感できました。
熱いハートと併せてこれからは、クールな頭を磨いていきます!

2.jpg3.jpg
4.jpg

今回はヒアリングにうかがった中間支援組織に限定して開催しましたが、9月には再度、「地域コーディネーター養成セミナー」として徹底的にロジックモデルを策定する機会を設けます。皆様もぜひご参加ください。

〈わたなべ〉


2015年06月20日

「あとはツナガルだけ!」


最近円卓会議づいているさぽ。


山口市の協働のラウンドテーブル、これまでの大交流会から、円卓会議へと実践型にリニューアル。


プロジェクトは二つのテーマ。

「豊かなコドモジカンが過ごせる環境づくり」

「貧困世帯のこどもたちへの学習支援」


きっかけは、「こどもたちを取り巻く環境をこのまま放っておいていいのか・・・?」という気持ち


さぽは、それらを紡いでいく。

というか、集まると勝手に紡がれていく。


上も下もないまあるい卓を囲んで、テーマに対する自身の役割を一人一人が整理し、意見を出し合う。

「この会議どこに向かっていくの?」そう言いたい気持ちを参加者は抑えつつ様子をうかがってくれる。始まりの時点で参加者のこの度量があるから成立する円卓会議。


IMG_20150616_182120.jpg


IMG_20150619_103118.jpg


世代も仕事も違う参加者が、それぞれの視点で発してくれる言葉や情報に「山口は絶対いいまちになる!」と思わされる。

そして「ビジョンが語れる」中間支援者にしてもらえる。

2回目までは、みんなの混沌とした思いを出し合う作業。

3回目から、必要な機能の洗い出し、プロジェクトのミッションの整理に入れるはず。


IMG_20150518_114900.jpg


繋がるだけで、どんどん深まり、広がる醍醐味。

山口はソーシャル市民の宝庫です揺れるハート

「一人の困った」を「みんなの困った」にしていくためのNPOならではの今後の事業展開が楽しみ。



<わたなべ>

2014年01月04日

天馬のごとく!


皆様の健やかな新年をお慶び申し上げます。


無題.jpg


皆様にとっての新年はいかがでしたでしょうか?

私は、年末からの小掃除、なんちゃっておせちづくりをこなし、昨日は、中学校の同窓会でした。
この同窓会本当にベタな宴会なのですが、なぜかそこに居るだけで楽しい不思議な空間。
「あんながんぼたれが柔道のコーチ!しかも5人のじいちゃん!?」
「あの憧れの的の色白の美少年が・・・おっさん、しかも。。。デ○!!!」
数え上げればきりのない意外さが広がる。
人間って育つように育つ、おさまるように収まるとつくづく思う。

動脈瘤やガンの治療中、派遣切りでバイトをかけもちしているという同窓生、参加者の1/5はひとりもんなど、社会課題の縮図も見えた。
鬱になった原因は、ケアマネの資格を取ったばかりのころの仕事で障害のある老人のケアを受け持ち、見てもらえる機能が田舎になかったことにあるという。まだまだ必要な公共サービスがない現状。だからこそNPOが新たな必要なサービスを創りだしていくことは本当に必要。

気になる頭髪、体型、そして老眼を笑い飛ばし、今を一生懸命に生きてる同窓生はみんなかっこよかった。

この同窓会とういうコミュニティも地域社会において大切な役割があるなぁ〜と。どんなつながりも意味がある!

あっ、それから、With Wanさんのはからいで、年末にお見合いをし家族が一匹増えるかもです。
おためし期間の調整、細かいフォローなど、初めての犬種でも不安なく検討できるのがありがたい。
DSC_1593.jpg
やはり、市民の公共サービスの方がかゆいところに手が届いている手(チョキ)

社会の中にはまだまだ解決の糸口がみつからない課題はたくさん。
さぽらんてでは、今年も未来の笑顔に向けて、皆様の優しさを紡いでいきます。
天馬のごとく揺れるハート

<わたなべ>





2013年03月15日

DEAI と IDEA


先日、ファンドレイジング・日本2013に参加してきました。

なんかいい話しをさぽろぐ愛読者(?)と共有したいと思いますが・・・
なんせ、3日間20時間以上かけて、
ファンドレイジングとはなんぞや?
ファンドレイジングを勧めるためのツボ? 
組織にファンドレイジング体質をつくるためのツール紹介!
などなど一気に学んで、キャパのない頭はウニ状態。
おまけに年度末と次年度の交錯作業で、、、、
と言い訳しつつ、簡単な報告だけさせていただきます。

DSC_1006.jpg
<山口県徳山高校ご出身の長浜洋二さん 社会変革をおこすNPOのマーケティングについてのセッション>

DSC_1004.jpg
<電通の執行役員 あのNPOの伝える力の著者でもある 白土謙二さん>

みなさんファンドレイジング(Fundraising)ってご存知ですか?

NPO法の改正前、NPO界でもっぱら言われ始めたことです。

民間非営利団体(Non-Profit Organizations:日本では公益法人、特定非営利活動法人、大学法人、社会福祉法人などを含む)が、活動のための資金を個人、法人、政府などから集める行為の総称。主に民間非営利組織の資金集めについて使われる用語であるが、投資家や民間企業に関連する資金集めに使われる場合もある。<Fresh eye ペディアより>

そう、寄付だけでなく、助成金や補助金も含まれます。
これを、ファンドレイジング・日本では
@社会の課題の解決のために、課題と社会をつなぐためのパラダイム(枠組み)作り
そして
A未来のこどもたちのためのファンドレイジング
 行政のみの維新以後の公共を変えるため
 次の世代の子どもたちのために新しい日本をつくる

つまり、チャレンジすればきっと誰かが助けてくれると、子どもたちが希望が持てる社会にしていくためのものであると言い切っています。

未来の子どもたちのために、新しいお金の流れの日本をつくるんです!

では、どのように、具体的に進めていくのか?
少しだけ各セッションのエッセンスを紹介

■SOCIMO論
DEAI(出会い)
IDEA(アイディア)
DSC_1002.jpg 
 Iの位置が違うだけのこの二つのワード
 人と出会うことで、私としての発想が生まれる!
 しっかり、人と出会い、アイディアを産んで、お金をかけずにニュースを作ろう!

この講師は、SOCIMO論というソーシャルモチベーションを広げるための独自の理論を持っておられて、
日本愛妻家協会として日比谷の中心で愛を叫ぶと題して
日本経済と夫婦愛の関係をきちんと発信しておられます!
この活動充分SOCIMO(ソーシャルモチベーション)な活動なんですね〜

■寄付サイト紹介 
READYFOR?      
個人でも団体でもOK!90日間もしくは50日間で自分のやりたいことを伝えて小さなお金を集めるサイト。2000円や3000円の気軽な寄付、特典のある100,000円などの大口の寄附など寄附集めの工夫のアドバイスもらえます。集め方など参考になります。
    
■コーズ・リレイテッド・マーケティング
    収益の一部を非営利団体などへの寄付をして、社会的課題の解決のために役立てるマーケティング
    例@:ボルビック 1L for 10L売り上げの一部をユニセフへ
       ユニセフがアフリカマリに井戸を新設し、10年間のメンテナンスを行う
       これまで224億6273gの清潔で安全な水の支援(2007−2009年)
    例A:アサヒビール うまいを明日へ
       アサヒスーパードライ対象商品1本につき1円を、全国47都道府県ごと自然や環境、文化財などの保護・保全活動に役立てる
    これらは、商品を区別化していくための企業の戦略でもあります。お互いにとっていいというしくみです。これが今どんどん増えています。

DSC_0991.jpg

    山口で言えば、かとうの赤い羽根弁当ですね。
  
私の頭の中は、見るもの全て寄付付き商品の可能性があるように見えてまいりました。

NPOの皆さん、企業は商品のPRに寄付付き商品を考えています。決して、企業の下請けになることなく、企業にとってもNPOにとっても良い関係になるためには、NPOの理念、ミッション、ビジョンをわかりやすく言い切れることが大切になります。
それをできるようにしていくのが平成24年度行ったマネジメントセミナーです。これからも、しっかりと団体マネジメントの支援をおこなっていきますので、資金がないと嘆く前に、さぽらんてをぜひご活用くださいね。

ファンの度を上げていく!これがファン度レイジングだそうです。

応援者をどう増やしていくか。
人をどうつないでいくか。 
そして、いろいろなIDEAでまちを活性化していく そこですね。

久々の東京、おまけにセッションは横文字が多くて、その都度ググってる全身唐草模様な3日間でした。

<わたなべ>



2013年01月29日

なければつくる!


本日他市の方から相談のお電話。
「以前、フリースクールのことをお聞きしたことがあるのですが・・・」お子さんが、発達障害で来年6年生。地域の2つの中学校が選べるのだが、ひとつはマンモス校で、支援学級がいっぱいで6,7人に一人の教諭でこれ以上の受け入れは無理な状態。もう一つは児童数も少なく、支援学級もなく、教育委員会も一人だけのためにクラスは作れないとやんわりと、養護学校をすすめられたそうです。お母さんは、ピンとこなくて、自分でフリースクールを探そうと、以前耳にした情報を元にさぽに電話してこられたのです。

さぽらんてには、発達障害も教育の専門性があるわけではありません。でも、たくさん頑張っている先人たちを知っています。つながることで何かそのお母さんのヒントになると、自閉症研修協議会あくしゅの会やフリースクールAUC、民間の相談窓口、ついでにええやん新聞やさぽらんてだよりも紹介しちゃいました。

「山口市はすすんでいますね〜」とお母さん。
「なかったらつくるんですよ〜」とさぽ。

そうそう、結構この類の相談はあります。
作日も、行政の相談窓口ではご自身の意に叶った応対がしてもらえなかったとのことで電話があり、市民のネットワークで、相談対応してくださる市民同士をつないだり。。。
困りごとは行政窓口だけがする時代ではなくなっています。自分の経験を開いていくだけで誰でも公共を担う力になります。
市民活動はそんな、きっかけをつくり、市民の伸び代を引き出すお手伝いでもあると思っています。

ニーズはあります。欲しいサービスがなかったらつくる!その時に困ったらさぽがサポートします。

ええやん新聞 テーマ「発達障害」

さぽらんてだより117号 レポート記事 自閉症研修協議会あくしゅ

DSC_0906.jpg


<わたなべ>