CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月24日

102歳の祖母

私事ですが、おととい 102歳の祖母が天国に旅立ちました。老衰で最後はすーっと息を引き取っていきました。何度となく危機を乗り越えてきたので、今回も乗り越えてもう少し頑張ってくれると思っていたので残念でした。キクノという名前のようにお花が大好きだった祖母をたくさんの花と共に天国へ送り出しました。
obaasan_face[1].jpg

そんな、大往生だった祖母の死から、感じたことを ブログに書いてみました。

祖母は大正4年生まれ、幼いころに両親を亡くし 満州に住む年の離れたお姉さんに引き取られ、6歳から引き上げるまでを満州で過ごしました。満州鉄道で働く祖父と結婚し、6歳、4歳、2歳、0歳の子を授かり(当時祖母は30歳)幸せに暮らしていたそうですが、戦争で満州から引き上げなければならなくなり、着の身着のまま逃げ出し、ソ連軍からの爆撃を避けながら夜中4人の子どもと 栄養失調で鳥目になった祖父をつれて日本まで帰って来たそうです。途中、一番小さかった0歳の赤ちゃんは夜中の移動で必死だったので、祖母がおんぶする背中で窒息死していたそうです。当時はさっきまで隣でしゃべっていた人が空爆で死んでしまったり、人の死が当たり前のように繰り返されるので、自分の赤ちゃんが死んでも悲しいとは思う感情が湧かなかったそうです。おむつやミルクなどを他の人に譲ることができ身軽になってほっとしたと。気立てのよかった6歳のおばちゃんは中国人に養女に欲しいと懇願されたけれど断り日本に連れて帰って来たそうです。(中国残留孤児にならなくてよかった)今では考えられない世界です。

祖母が幼いころに過ごした山口に拠点を置き、あまり役に立たなかった祖父に代わって、やったことのない畑仕事の手伝いや、得意のお裁縫で子どもたちを育てたそうです。生活は苦しく子ども達(私の父)に、お弁当を持たせることができず、父は昼食時になると姉さんと弟と一緒に校舎の隅に隠れてみんながお弁当を食べ終わるのを待っていたそうです。

祖母を形容するワードは「働き者」皆が口をそろえて葬儀でも言っていました。物のない時代に育った人はみんなそうなのかもしれませんが、着るもの食べるものすべて手作りだったのを覚えています。布団や、着物、味噌(麹から)、醤油、野菜作りも得意て、出来た野菜や漬物を近所にいつも配っていました。頭もよく、90過ぎても手紙を書いたり、お習字をしたりしていました。

そんな祖母から学んだことを3つ

その1
新鮮な野菜中心の食・・・102歳という長生きの秘訣は何と言っても食生活。畑から取れたてのトマト(これは青臭くてちょっと苦手だった)、トウモロコシ(ビックリするほど甘い)を食べて私も育ってきました。冬になるとほくほくして美味しい里芋をもらって食べていましたが、私たちに美味しい子芋を祖母はガシガシの親芋を食べていました。親芋がマズイとは知りませんでした。

その2
家族・親戚の絆・・・子・孫・ひ孫・玄孫。祖母の訃報を聞いてたくさんの親族が集まりました。一人の女性からこんなにも広がっていくのですね。昔から、盆正月になると実家は兄弟が子どもを連れて帰省し合宿状態でした。いとこ同士で、劇を披露したり歌を歌ったり、祖父母を中心に賑やかに過ごす風習は世代は変わった現在も受け継がれています。私の娘たちも「次はいつ集まる??」と家族親戚の集まりを楽しみにしています。
 また祖母はご先祖様も大切にしていて、私も幼いころからお墓に連れて行かれていました。現在は毎日生活に追われて墓参りにもほとんど行かない日々。お寺の奥さんとお話しする機会があり、ご無沙汰していること恥ずかしく思いました。祖母がお墓に入ったら近況報告をしに半年に1回いや3ヶ月に1回はお墓参りをしようと思っています。お寺の檀家のこととか、何も知らないので両親が生きている間にいろいろ教わり、来るべき時が来た時(親の死に直面居た時)粗相がないようにしたいものです。

その3
ご近所ネットワーク・・・祖母の訃報を聞きつけ沢山のご近所さんが葬儀にかけつけてくれました。中にはひ孫(その子も現在27歳)育てを一緒にしたおばあちゃんも。ひ孫をつれてお互いの家を行き来してました。(私もそうなりたい・・・) ご近所のお寺光厳寺の御住職も「小さいころからキクノさんのお野菜と漬物をよく食べていました」と通夜で言われていました。
 今回の葬儀で実家のご近所の方の顔と名前が一致しないことに大変申し訳なく思い、いかに私が実家近くの方と接していなかったかを知りました。今住んでいる自宅でも、ご近所所の方と話す機会がほとんどなく、隣の人と話したのは何か月前?という状態。地域行事に積極的に参加し、近所の方の顔と名前は分る様ににしたいと思いました。スポ少や部活で忙しいと地域行事に子どもたちもあまり参加していなかったことも反省しています。しかし、そんな子どもたちも成長して大人になりましたが今でも地域のお祭りは大好きです。


取り留めもないことをダラダラと書きましたが、一番に思ったのは生きているうちに両親にいろいろ教わって、時間を共有していきたいということ!一緒に野菜を作るもよし、旅行に行くもよし。
亡くなってから後悔しないように、楽しい時間を過ごさせてあげたいと 祖母の死を通して思いました。


おまけ
おととい、参加予定だった「小鯖未来プロジェクト」急遽欠席してしまいましたが、かなり盛り上がったようです。その様子をさぽレポで紹介します。  コチラ



<こうとく>

2018年05月07日

最近興味のあること

初めまして!

山口大学経済学部4年の山下といいます。

今年でさぽらんての学生スタッフは2年目になりますが、初めてブログを書かせていただきます!

さて、ブログのお題が「最近興味のあること」だったので、最近気になっている山口市のイベントを紹介させていただきます。

それは、「田舎遊びの会 ゆるり」さんが5月12日に開催する田植えイベントです!
https://ameblo.jp/yururi2014/entry-12372595561.html




私は、ど田舎の山奥にある集落で育ったので、小さいころは毎年田植えをしたなぁ…と、このイベントのチラシを見て思い出に浸っておりました。

小さいときに自然とふれあう体験ができるって良いですよね。


是非是非山口市の子どもたちは、いったんゲームを置いて、このような自然が体験できるイベントに参加して欲しいなぁと思いました。

以上、ど田舎出身の山下が最近興味のあることでした!




<学生スタッフ 山下>

2018年04月17日

ブログ上級者への道〜

ここ最近、「ブログを立ち上げたい!」というご相談が続いています。

さぽらんてでは、個別でサポートをしていますが、開設までに平均2時間ほどを要します。なのでどうしてもその日は開設までとなります。そこで希望があった団体さん向けに、別日でサロンのような気楽な雰囲気の基本操作勉強会ができるといいなと、レジュメを作成しました。
無題.jpg

ついでに、どんな質問があってもいいように、ブログ講師でお馴染みの千々松葉子さんのブログ「CANPANマニア」でおさらいを兼ねて勉強しておこう!

ふむふむ。新しい機能が追加されている!そういえば習ったけどコレすっかり忘れてた!ということが出てくる出てくる・・・

以前、情報発信講座の担当をしていた頃は、毎月1回ブログ講座を受けていて、割にサクサク操作できていたと思っていたのですが・・・最近とんとうとくなっていることに気づく!!!

というわけで、ブログおさらい中の春です。

そして、ブログをHPとして活用することをお勧めしている私たちとしては、もっともっとスキルが必要だということに行きつき、スタッフ全員で「ブログ超上級研修」を受けることにしました手(グー)

早速、以下のように千々松さんに講師依頼!
「超超上級テクニックを叩き込んで欲しい!」

研修は5月で全6時間。オリジナルデザインへの変更や、トピックスの作成、効果的な情報の見せ方などなど。みっちりたたき込んでもらいますダッシュ(走り出すさま)

こうご期待るんるん

(スタッフ おだ)

2018年04月09日

新年度スタートです! part2

桜の花もあっという間にいさぎよく散ってしまい、新緑がまぶしい季節に突入です。

この時期は、前年度と新年度が交錯していてバタバタとしております。
前年度の報告書も未完成の中、さぽらんてでは、新年度およびそれ以降の戦略を立てるためにスタッフでワークを行いました。

新しくなった協働推進プランに基づいて、市民活動団体の支援や行政との連携体制をつくると共に、若い世代の地域づくりの意識醸成や担い手確保・育成にも力を入れていく予定です。
ある意味、小規模多機能の中間支援組織として誰を対象に何を目指して、どんなスキルが必要なのか・・・を洗い出していきました。

2.jpg


地域課題を「放っておけない」と自ら活動を始めているNPOは、地域のとっての希望です。でも現実は事業に追われ、組織体制を整える余裕がありません。
そのNPOが多様な財源確保を行い、継続的に組織運営ができるようにしていくため、
そして、社会課題が気になっている市民や、若い世代にどんどんボランティア体験してもらうためにも
必要なのは、多様なスキルと人のつながりを持つコーディネーターという結論が見えてきました。
私たち中間支援者もそうですし、NPOや地域の中にもコーディネーター的存在が必要ということです。

この担い手が育つと、関係する団体や各所とお互いにとってのメリットとなる事業が進んでいきます。つまり一つの事業で二重、三重の効果が生まれるということです。

そのためにも、まず私たち中間支援者に求められるコーディネーターのスキルとは・・
○組織のビジョン・ミッションが絞り込める
○組織のビジョン・ミッションを相手のニーズに合せて、わかりやすく伝えられる
○課題の見える化、情報収集ができる
○話を聞きながら課題の整理ができる(よい質問ができる)
○対等な姿勢で自己決定を促せる
○人材情報を持っている(困ったときに頼める人脈がある)
○寄付が集められる
○地域をなんとかしたい思いがある
○人間的温かさがある
○多様な価値観が受け入れられる

そのために学びたいこと
○もっともっとNPOの制度を知る
○情報発信力の支援(CANPAN上級)
○ファシリテータースキル
○プレゼン力
○コーチング

などなど上がりました。
今年度も支援力を磨きながら、「地域社会を放っておけない」皆様にしっかり寄り添っていきます!
よろしくお願いいたします。

1.jpg
<わたなべ>


2018年04月01日

新年度スタート!

こんにちは!学生スタッフの今浦です。

今日から新年度が始まりましたね(^^)

今年度もさぽらんてをよろしくお願いします!



さて、皆さんは4月2日は何の日かご存じですか?



答えは「世界自閉症啓発デー」です!

「LIGHT IT UP BLUE in 山口」と題して、山口でも自閉症啓発イベントが開催されています。

さぽらんてはスヌーズレンルームと発達障害啓発展示の会場となっておりたくさんの方にご来館いただきました。

まだ来てないよ!という人にもこのイベントの魅力を知っていただくべく、この二つについて紹介しようと思います。



まずはスヌーズレンルームを紹介します。

IMG1.jpg

暗いところで絵が光ってます!幻想的・・・!

専用のメガネをかけると立体的に見えます。

IMG2.jpg

光る紙がいっぱい!

自閉症の子どもはこの細い紙一枚でも一時間じっと見ているんだとか。

すごい集中力ですよね。確かに夢中になってしまうのもわかります。

IMG3.jpg

光るトランプです!

普通のトランプだとすぐに飽きてしまう子も、このトランプだと集中していられるようで学習用としても用いられるそうです。

スヌーズレンルームは子どもの声が絶えず大人気でした。



次に発達障害啓発展示を紹介します!

IMG4.jpg

感覚過敏対策グッズなどが展示されています。

私が一番興味を惹かれたのがこちら。

IMG5.jpg

「僕たちの気持ち 私たちの願い」というテーマで自閉症や発達障害の子どもやその家族の気持ちがまとめられたボードです。

すっと心に入ってくる短い文で、素直な思いが綴られています。

「相手の気持ちを考えて」と言われてもどう接したらいいかわからない、本当の思いって何なんだろう?という思いを持つことがよくありましたが、

このボードを見て私は気負い過ぎているのかなと思いました。

障害のあるなしに関わらず相手の特性を理解して付き合うこと大切で、障害があるからといって変に気負うことはないんですね!



スヌーズレンルームも発達障害啓発展示も8日(日)までやっていますので皆さんもぜひご覧ください(^o^)