CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月14日

インターンシップ学生2名のレポートです。

本日、山口県立大学2年生2名が5日間のインターンシップを終了しました。
うち、3日間はNPO法人あっとさん、認定NPO法人こどもステーション山口さん、こども明日花プロジェクトを訪問し、実際に市民活動体験をさせていただきました。

やはり、現場を知ることが一番の学びとなったようで、それが2人のレポートからも見てとれます。

これも、団体のみなさまの心のこもった指導の賜物だとスタッフ一同、深謝。

以下、屋敷さん近藤さんのレポートです。


*************************************
インターンシップで学ぶ、社会人の心得と子育ての大変さ

 こんにちは!市民活動支援センター「さぽらんて」でインターンシップを体験した屋敷です!
5日間という限られた日数の中で、様々な経験をさせて頂きました!その中でも特に印象的だったものを3つ紹介したいと思います♪

まずは1つ目☆彡 さぽらんてにて、さぽらんてスタッフの方から「社会人の心得」について学びました。いろいろな職種の方の心得を知ることができ、とても勉強になりました!
中には、小さいころから教えられてきた、「あいさつ・時間厳守・整理整頓」や「継続することが大事」「悪口・陰口を言わない」という内容のものがあり、当たり前のことを当たり前にこなすことが、どれだけ大切なことなのかを再確認することができました。将来、社会に出た際に困らないように、今のうちから今回学んだことを意識しながら生活しようと思います!!
屋敷.JPG


 次に2つ目☆彡 インターンシップのプログラムの一環として、小さなお子さんを持つお母さんとその子どもたちと触れ合う機会ほっとさろん西門前 てとてとがありました。0歳〜4歳までの子どもたちと多種多様な玩具で楽しく遊びました!最初はどうやって接したら良いのか分からず、戸惑っていましたが、子どもたちの楽しく遊ぶ姿や、可愛らしい笑顔を見て、「自分も楽しもう!!」と思い、一緒になって楽しく遊びました!午後からは、0歳児のお子さんを持つお母さんが集まって、話し合う会があり、私も参加させて頂きました。そこでは、育児の相談や情報共有が行われており、新しい発見ができたり、繋がりを作ったりできるいい機会だな〜と思いました!(^^)! てとてとは、子どもの成長を、てとてとで繋がったお母さんや地域の方々、スタッフのみなさんと見守ることができる、とっても温かい場所だな〜と感じると同時に、多くの大人に見守られながら成長できる子どもたちは幸せ者だな〜と感じましたきらきら この温かい繋がりの輪が広がっていくことは、地域の活性化にも繋がるのではないか、そう感じた一日でした!




最後に3つ目☆彡 先ほどと同じく、インターンシップの一環として、「認定NPO法人 こどもステーション山口」にて、仕事を体験させて頂きました。午前中は吉敷で子どもたちとお団子作りきらきら 賑やかなスタッフの方々と共に楽しい雰囲気でお団子を作りました!とても美味しかったです!午後は事務所に戻り、昼食を食べながら「こどもステーション山口」の説明をして頂きました。NPO法人としての在り方や、そこで働くということはどういうことなのかなど、普段は聞くことのできない貴重なお話をして頂きました!その後、子ども用の塗り絵コーナーを作りました。絵を描くことが好きなので、熱中してしまい、気づけば時間に(^-^; とても濃い一日となりました!

屋敷2.JPG
屋敷3.JPG

 さぽらんてでのインターンシップを通して、様々な団体を訪れ、貴重な経験をすることができました!これらの経験を、これからの人生に活かしていきたいと強く思いましたきらきら



************************************
インターンシップを通して感じたこと

こんにちは!

インターンシップ学生の近藤(山口県立大学2年)です。

私は9月8から5日間、さぽらんてでインターンシップをさせていただきました。
その内3日間では、さぽらんてが実際に支援している団体に伺いました。
活動内容など、一部ですが簡単に紹介したいと思います!



*認定NPO法人 こどもステーション山口

こちらの団体は、プロの舞台芸術鑑賞やキャンプなど、こどもたちが様々な体験とたくさんの人との出会いの中で成長できるように活動をサポートしておられる団体です。

今回私は、広報の発送作業と、次回の舞台観賞会で飾る「ぬりえコーナー」のパネルづくりをお手伝いしました。
近藤.jpg

次回の舞台観賞会は9月17日(日)。「ともだちや‐あいつもともだち‐」という、大人気の絵本「おれたち、ともだち」シリーズの舞台劇です。

うまく描けているか分かりませんが、当日少しでも覗いていただけたら嬉しいです!
また、ぬりえコーナーに子どもたちの沢山のぬりえが飾られることを楽しみにしています(^^)/



*山口市地域子育て支援拠点 ほっとさろん西門前てとてと

こちらの団体は、子どもさんの一時預かりや、子育てについての講習や相談などを行っている団体です。

私は三人きょうだいの末っ子なので普段子どもとかかわる機会がなく、最初どのように接すれば良いか分かりませんでした。
しかし子どもの方から話しかけてくれたり一緒に遊んでくれて、とても嬉しかったです!

また、親御さん同士は「いつごろ座れるようになりましたか?」というような子育てに関わるお話をされていました。
自分も親になった時に、このように相談できる相手が近くにいる環境にいたいと感じました(^^)




インターンシップ中には、市民活動団体についての講座や、ポスター作り、パソコン作業など初めてする作業を沢山経験させて頂きました!
近藤2.jpg

インターンシップをする前はNPOや市民活動のことについての知識がなく、どういったことをしているのか全くと言っていいほどわかりませんでした。
しかし今回の体験を通して、市民活動参加のきっかけづくりや市民団体がもっと元気になるためのお手伝いをしている「山口市市民活動支援センターさぽらんて」の存在をより多くの人に知ってもらいたいと感じました。

5日間という短い間でしたが、さぽらんてをはじめとする団体の職員さんやスタッフの方には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました!


インターンシップ学生 近藤



*************************************

この度の受け入れの様子を、こどもステーションさんも事務局ブログでご紹介されています。
こどもステーション事務局ブログ

さぽらんてでは、インターンシップをご希望する学生さん、さぽらんてよりインターンシップ学生を受け入れて下さる市民活動団体さんを引き続き募集しております。
さぽらんてもそうですが、希望に溢れたインターンシップ学生さんを受け入れることによって、若手スタッフが育ちますぴかぴか(新しい)
職場も華やかになりますし〜〜

インターンシップのご相談は、さぽらんて幸徳まで!


<スタッフ おだ>

2017年08月20日

さぽろぐデビューです!

はじめまして!
今年の春からさぽらんてで学生スタッフをしています、今浦です。

以前学生スタッフをしていた友人に「いいところだよ!」と紹介してもらい
さぽらんてへ来ました。私は人の話を聞くことが好きで、
自分が経験したことのないお話や、自分では思いつかないような考え方を聞くとワクワクします。
さぽらんてでは幅広い年代の方々に出会い、たくさんお話を伺う機会があり
いつも刺激を受けています。

まだまだ知らないことがたくさんありますが、
どうぞよろしくお願いします!


今日は、先日センター長とお話をしたときに感じたことについて書くことにします。

まちづくりについて話をしていたときのこと…
「自分たちだけが何でもやろうとするのではなく、周りの人も巻き込むことが大事」
ということを教えていただきました。

こういう内容のようなことは本で知識として「知って」はいたのですが、
私に向けられた言葉となると心に響くものがありました。

周りの人に「やってもらう」のではなく、「私もやりたい!」という人を増やすこと。
同じ方向を向いて、助け合える人をつくること。
人を巻き込むだけではなく、自分も気軽に巻き込まれてみること。
私ならどうやって人を巻き込む?

そんなことをぼんやりと考えるようになりました。
この考えはどこへ辿り着くのか…(笑)
お話をしてくださったセンター長、ありがとうございました!
やっぱり話を聞くのは楽しい!

暑い日はまだまだ続きそうですね。皆さん体調に気を付けて夏を乗り切りましょう!

<学生スタッフ 今浦>

2017年05月05日

はじめまして!!

はじめまして。新しい学生スタッフの高橋です。
本日で業務3日目となります。

私は、これまで市民活動に参加した経験がなく、
「市民活動って何?」「山口にはどのような市民活動団体があるのだろう?」
という疑問から、「さぽらんて」の活動に興味を持ちました。
今後は、さぽらんてでの活動を通して、市民団体の方や地域の方とお話をする機会を増やし、
さぽらんてを利用する方々が「どのような思いや目的を持って、市民活動をされているのか」
少しずつ知っていければいいな、と思っております。

まだまだ分からないことばかりでご迷惑をおかけしますが、
どうぞ宜しくお願いします!!


さて、本日5月5日は・・・『こどもの日』でした!!
山口市中心商店街では、「第44回 青空天国いこいの広場」が開催されました。

ステージやワークショップ、出店、小学生限定の職場体験など、
様々なイベントが行われ、多くの親子連れで賑わいを見せていました。
私も、子どもたちの元気な声や笑顔にとても癒された一日となりました。

生まれて初めてのブログ・・・すごく緊張しましたが、
周りをよく見て、自分に出来る事から、少しずつ頑張っていきたいです!!
今後とも、宜しくお願いします!!

2017年03月06日

インターンシップで学んだこと

こんにちは(^^)/
インターンシップ学生の福田です。

2週間のインターンシップもあっという間に終わりです。
本当に早い…(p_-)
今回の私の体験を通して、学んだことをまとめてみました!

1 「さぽらんて」はなにをやっているのか
山口市がもっと元気になるように、市民活動参加のきっかけづくりや市民団体がもっと元気になるためのお手伝いをしている場所です!
山口市が設置し、市民団体が運営をしています。

写真2.png

2 なぜやるのか
私たちが暮らすこの地域が、10年後あるいはそれ以上たっても次の世代が笑顔で暮らせる街であり続けるようにするためです。
みんなが笑顔で暮らせるまち!とても素敵ですよね♪

3 どうやっているのか
ホームページや、ええやん新聞で情報提供をしています。
ホームページでは、市民活動をしている団体情報のブログが随時更新されています。
イベント情報なども載っているのでチェックしてみて下さいね☆

ええやん新聞は、さぽらんてが年に2回発行している広報誌です。
市民目線を大切に市民広報スタッフが作成しています!
私も、市民活動をしている3人の方に取材をしてプチええやん新聞を作成しました!

プチええやん新聞 写真.png


私が作成したプチええやん新聞です(^◇^)

4 インターンシップではこんなことをやります
@ 市民活動とは
A 社会貢献とは
B 寄付文化とは
C 会計とは
D 人の話を聞く(取材の)コツ
E 山口市の市民活動団体を知る
F 市民活動を体験する
G さぽらんて業務体験
H ボランティア体験

社会貢献と寄付は、勉強していくうちに意外と身近にあるという事に気づきました!
市民活動をしている登録団体が山口市だけでも300団体以上もあることを知り、とても驚きました(゜o゜)

また、2016年6月から始まった、こども明日花プロジェクトのボランティア活動にも参加させて頂きました!
小学生の女の子たちとダンスや鬼ごっこをしたのですが、久しぶりに全力で走り回ったので、次の日は筋肉痛でした…(^_^.)
写真4.png
みんなで一緒に食べたお昼ご飯です♪
私もボランティアの方と一緒に作りました!

今回のインターンシップで、たくさんの出会いがあり、人の温かみを改めて感じることができたと思います。
コミュニケーション能力も少しは上がったかな?(笑)
こんなに2週間経つのが早く感じたのは初めてです。
毎日本当に楽しくて、今まで知らなかった事もたくさん知ることができ、スタッフのみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にありがとうございました。

私が体験させて頂いた事をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!
「さぽらんて」でインターンシップを体験してみる事を是非おススメします♪

写真1.png

インターンシップ学生 福田

2017年02月24日

はじめまして!

こんにちは!
2月20日から2週間インターンシップをさせて頂いている福田です(^^)

インターンシップのためにたくさんの実習プログラムを用意して頂きました。
今半分ぐらい終わったところです。
初めてのことだらけなので毎日とても勉強になります!

プログラム前半は、
@市民活動とは
A社会貢献とは
B寄付文化とは
C会計とは
D人の話を聞く(取材の)コツ
E山口市の市民活動団体を知る
F市民活動を体験する
Gさぽらんて業務体験
Hボランティア体験
です。
➀〜Eまでは聞いたことはあるけど、実際にどういう活動をしているのかは理解していませんでした。言葉だけ聞いたら難しくて…(^^;
そんな私にさぽらんてスタッフのみなさんが、とても分かりやすく説明してくださいました!
お話しを聞いてみると自分が知らないだけで意外と身近にもあることが分かりました。

Fは実際にNPO法人あくしゅに実習体験に行ってきました!

写真3.png

あくしゅでは、就学前〜18歳未満の発達障害の子どもやその家族が地域の中で安心して豊かな日常を送るために必要な療育を実施しています。

実習中、最初に目についたのはこれです!

写真2.png

これはPECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)と言って、自閉症やその他のコミュニケーション障碍を持つ子供から成人の方に、コミュニケーションを自発するように教えるための絵カードを使ったユニークな代替コミュニケーション方法です。
1人ずつ自分用のPECSが用意されているんです!

おもちゃもたくさんありました☆
みんなiPadで遊ぶのがとても好きなんです(^^♪

写真1.png

あくしゅでは、本当にたくさんの工夫がされていました。
子どもの遊びやすい環境が整っていてみんなすごく楽しそうに遊んでいました。

私自身、発達障害の子と関わるのが初めてでとても緊張しました。
最初は目も合わなかったのに、帰る頃には抱っこしたり、ぎゅーと抱きついてくれたのでとても嬉しかったです(*^^*)
本当にみんな可愛くて癒されました♡

これからもさまざまなプログラムを用意して頂いているので、楽しみながら頑張りたいと思います!

インターンシップ学生 福田